株初心者必見

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

Go To トラベル事業を
ご利用いただく皆様へ ひとり一人の協力が、
みんなの楽しい旅を守ります

Go To トラベル事業の利用者は、「Go To トラベルのご利用に当たっての遵守事項」を必ずご一読願います。

Go To トラベル事業は、ウィズコロナの時代における「新しい生活様式」に基づく旅のあり方を普及、定着させるものです。 次の内容を必ず守り、安全・安心なご旅行をお願いします。

お約束、ご協力いただけない場合には、Go To トラベル事業の利用を認めないこととし、 事務局より給付金の返還を請求することがあります。

  • 旅行時は毎朝、検温等の体温チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、宿泊施設近隣の医療機関等の指導に従っていただきます。​また、スマートフォンを利用されている方は接触確認アプリのご利用をお願いします。
  • 旅行中には、「新しい旅のエチケット」を実施してください。
    宿泊施設のみならず、旅先のあらゆる場面で3密が発生する場や施設等は回避し、大声を出すような行為もご遠慮ください。
  • 宿泊施設等では、チェックイン時の検温、旅行者の本人確認、浴場や飲食施設での3密対策の徹底、食事の際の3密の回避等が本事業の参加条件になっております。また、本人確認は、同行者も含め全ての参加者について実施しますので、免許証などの書類を持参してください(※PDF内別紙参照)。お忘れの場合、後日送付いただくなど宿泊施設等の指示に従ってください。居住地の不正申告が発覚した場合には、詐欺罪などに問われる可能性もございます。
  • 検温の際、37.5度以上の発熱がある場合には、各施設が定める客室等に待機いただいて、宿泊施設近隣の医療機関等の指示を仰ぐこととなります。これら宿泊施設等の従業員の指示には必ず従ってください。
  • 若者の団体旅行、重症化しやすい高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行は一般にリスクが高いと考えられています。実施する場合には、着実な感染防止対策が講じられることを前提に、適切なご旅行をお願いします。

観光庁より、GoToトラベル事業をご利用いただく皆様へ ~GoTo トラベルのご利用に当たっての遵守事項~のPDFイメージ

サービス産業消費喚起事業(Go To トラベル事業)給付金を申請するにあたり、下記の4項目の全てに対して宣誓する必要があります。(※Go To トラベル事業の利用者は、 還付手続きの申請又は対象商品の申込みにより、以下の宣誓事項に同意するものとします。 )

加盟店一覧

right-arrow

right-arrow

※購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポンの利用期間については、当面の間、延長します。
延長後の利用期間は未定ですが、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。
令和4年3月21日で、まん延防止等重点措置が終了することを受け、3月22日から、購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポンの店内飲食での利用自粛を解除いたします。
併せて、利用期間を当面5月21日まで(まん延防止等重点措置が適用された60日間)延長します。
利用にあたっては、短時間、少人数で、マスク飲食を実践してください。

【重要】 Go To Eatキャンペーン第2弾の販売について

令和4年5月16日(月)10時から(コンビニ紙クーポンは5月25日(水)ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか 13時から)食事券(第2弾)の販売を開始します。
プレミアム率は20%となり(第1弾は25%)、利用期限は令和4年8月15日(月)までとなります。
なお、令和2年、令和3年に購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポン(第1弾)の利用期限も第2弾と同様に令和4年8月15日(月)までとなります。
スケジュールは下記を予定しております。


<紙クーポン>
販売期間 令和4年5月25日(水)13時~令和4年7月15日(金)
※発行上限額に達し次第販売終了
利用期限 令和4年3月22日(火)まで
--> ※購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポンの利用期間については、当面の間、延長します。
延長後の利用期間は未定ですが、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。
--> 令和4年8月15日(月)まで
販売場所 全国のローソン、ミニストップ、セブンイレブン

<電子クーポン>
販売期間 令和4年5月16日(月)10時~令和4年7月15日(金)
※発行上限額に達し次第販売終了
利用期限 ※購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポンの利用期間については、当面の間、延長します。
延長後の利用期間は未定ですが、決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。
--> 令和4年8月15日(月)まで

令和4年4月8日に新型コロナウイルス感染症対策分科会から、3回目のワクチン接種をお願いする緊急メッセージが発出されております。
「若年者でもいわゆる“ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか 後遺症”が見られることから、重症化しやすい高齢者はもとより、若年者も自らの健康を守るために接種をお願いします。結果として、家族や友人を守ることになります。」
こちらに基づき、食事券を購入・利用される方におかれましては、3回目のワクチン接種等へのご理解・ご協力をお願いします。
(参考)
・令和4年4月8日の分科会緊急メッセージ
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/taisakusuisin/bunkakai/dai15/kinkyu_message.pdf
・3回目のワクチン接種についての詳細(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_booster.html

令和2年に購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポンの利用期間については、令和4年3月22日(火)まで延長します。
--> 令和4年5月16日(月)10時から(コンビニ紙クーポンは5月25日(水)13時から)食事券(第2弾)の販売を開始します。
プレミアム率は20%となり(第1弾は25%)、利用期限は令和4年8月15日(月)までとなります。
なお、令和2年、令和3年に購入済みのコンビニ紙クーポン及びLINE電子クーポン(第1弾)の利用期限も第2弾と同様に令和4年8月15日(月)ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか までとなります。

事業概要

本事業の目的01

本事業の目的02

【重要】 Go To Eatキャンペーン販売再開について

神奈川県では、感染者数の減少に伴い、食事券の販売を再開いたします。
また、利用期限を下記のとおり延長いたします。
スケジュールは下記を予定しております。

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

VPN接続とは?VPNの基本とメリット・デメリットを紹介

Master'sONE®ネットワーク IP-VPN 高セキュリティでービス品質保証がついた閉域ネットワーク

VPN接続の仕組みとは?

VPNと専用線の違い

VPNの特長

専用線の特長

VPNのメリット

通信を暗号化できるため、安全に通信ができる

リモートで社内ネットワークへのアクセスが可能(モバイル端末も可能)

低コストで拠点間通信が可能

VPNのデメリット

情報漏洩がゼロとはいえない

通信速度が遅くなることもある

製品によってはコストが高くなる

VPN接続は大きく4つに分類できる

Master'sONE®ネットワーク IP-VPN 高セキュリティでービス品質保証がついた閉域ネットワーク

従来のVPN接続よりも通信速度が4倍早く、トラフィックの可視化ができるSD-WANが便利

VPNプロトコルの種類と特徴

IPsec-VPN(セキュアな通信が可能)

L2TP(1つのトンネルで複数のセッションが可能)

PPTP(Windowsとの親和性が高く手軽にVPNを構築できる)

SSL-VPN(リモートアクセスに最適)

よくあるご質問

VPN接続の仕組みとは?

VPNのメリット・デメリット

VPNの種類

VPNと専用線との違いは?

※ICT Digital Columnに記載された情報は、リリース時点のものです。
商品・サービスの内容、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ユーザーと Google の関係

Google ではサービスの向上を目的として、新しい技術や機能の開発に常に取り組んでいます。たとえば、人工知能や機械学習を利用して同時通訳を可能にしたり、スパムやマルウェアの検出機能およびブロック機能を向上させたりしています。Google ではさらなる改善を目指して、さまざまな機能の追加や削除、サービスの制約の増減、新しいサービスの提供や古いサービスの終了などを適宜行っております。サービスがダウンロード可能なソフトウェアを必要とする、または含んでいる場合、新バージョンまたは新機能が入手可能になると、そのソフトウェアはユーザーのデバイス上で自動的に更新されることがあります。一部のサービスでは、ユーザーが自動更新の設定を調整できます。

ユーザーの Google サービスの利用に悪影響を及ぼす重大な変更を行う場合、またはサービスの提供を終了する場合、Google はユーザーに対して合理的な事前の通知を行います。ただし、不正行為の防止、法的要件に対応する必要がある、またはセキュリティや運営上の問題に対処する必要があるなどの緊急時は除きます。また、こうした場合、適用される法律およびポリシーを条件として、Google データ エクスポートを使用して Google アカウントからユーザーのコンテンツをエクスポートする機会を提供します。

Google がユーザーに期待すること

本規約、およびサービス固有の追加規約の遵守

  • 本規約
  • サービス固有の追加規約(追加の年齢要件など)

また Google は、各種ポリシー、ヘルプセンター、およびその他のリソースを公開し、一般的な質問に答えるとともに、サービスの利用に関して Google とユーザーが相互に期待すべきことを規定しています。これらのリソースには、プライバシー ポリシー、著作権ヘルプセンター、セーフティ センター、および Google のポリシーサイトからアクセスできるその他のページが含まれます。

Google は、Google サービスの利用をユーザーに許可しますが、サービス内で Google が所有するすべての知的所有権は Google が保持します。

他者の尊重

  • 適用される法律(輸出管理、制裁措置、人身売買に関する法律を含む)を遵守する
  • プライバシーに関する権利や知的所有権などの、他者の権利を尊重する
  • 他者または自分自身に被害をもたらす行為(虚偽情報の提供、詐欺、違法ななりすまし、名誉毀損、いじめ、嫌がらせ、ストーキングなど)や、こうした行為をほのめかす脅迫、またはこうした行為の助長を行わない
  • サービスを不正利用または妨害したり、中断させたりしない(不正なまたは虚偽の方法でのアクセスもしくは使用、マルウェアの投入、Google のシステムや保護対策に対するスパム行為、ハッキング、または回避など)。Google が検索結果を提供するためにウェブサイトをインデックス登録する際には、ウェブサイトの所有者がウェブサイトのコードで指定している標準の使用制限を尊重しています。このため、ユーザーが Google サービスを利用する際も同様にこうした制限を尊重する必要があります。

Google のサービス固有の追加規約およびポリシーは、そのサービスを利用するすべてのユーザーが遵守しなければならない適切な行動に関する追加情報を提供します。Google のサービスの多くでは、他のユーザーがこれらのルールに違反していることに気付いた場合に、不正行為を報告できるようになっています。Google が不正行為の報告に対処する場合は、問題が発生した場合の措置のセクションに沿って手続きします。

ユーザーのコンテンツに対する使用許可

Google の一部のサービスは、ユーザーのコンテンツをユーザー自身がアップロード、保存、送信、受信、共有できるように設計されています。ユーザーは、Google サービスにコンテンツを提供する義務を負うものではなく、提供したいコンテンツを自由に選ぶことができます。コンテンツをアップロードまたは共有する場合は、そのために必要な権利を自分が有していること、およびそのコンテンツが合法であることをご確認ください。

ライセンス

ユーザーの知的所有権により Google によるユーザーのコンテンツの使用が制限される場合、Google はユーザーから使用許可を得る必要があります。ユーザーは、このライセンスを通じて Google に使用許可を与えるものとします。

適用対象外

  • このライセンスは、ユーザーの知的所有権のみを対象としており、ユーザーのプライバシーの権利には影響しません。
  • このライセンスは、以下の種類のコンテンツには適用されません。
    • ユーザーが提供する、一般に公開されている事実情報(ローカル ビジネスの住所の訂正など)。こうした情報は、誰でも無料で利用できる一般的な情報と見なされるため、ライセンスは必要ありません。
    • ユーザーが提供するフィードバック(Google のサービスを改善するための提案など)。フィードバックについては、下記のサービスに関連するコミュニケーションのセクションで説明します。
    • 全世界的であり、世界のあらゆる場所において有効である
    • 非独占的であり、ユーザーは自分のコンテンツのライセンスを他者に供与できる
    • 無償であり、このライセンスの金銭的な使用料は発生しない
    • ユーザーのコンテンツをホスト、複製、配布、伝達、使用すること(たとえば、コンテンツを Google のシステムに保存してユーザーがどこからでもアクセスできるようにするため)
    • ユーザーのコンテンツが他の人に公開するように設定されている場合は、それを出版、公演、上映、(公開)表示すること
    • ユーザーのコンテンツに修正(形式の変更、翻訳など)を加えて二次的著作物を作成すること
    • これらの権利を以下に再許諾すること
      • 他のユーザー(ユーザーが選択した人々と写真を共有できるようにするなど、サービスを設計どおりに機能させられるようにするため)
      • Google との間で本規約と矛盾しない契約を締結した請負業者(以下の目的のセクションに記載されている限定的な目的のみが対象)
      • サービスを運営し改善するため。つまり、サービスを設計どおりに機能させ、新しい機能や機能性を作成することを可能にするために適用されます。これには、自動化されたシステムやアルゴリズムを使用してユーザーのコンテンツを分析することも含まれます。
        • スパム、不正なソフトウェア、および違法なコンテンツを検出するため
        • データのパターンを認識するため(たとえば、関連する写真をまとめることを目的に、Google フォトで新しいアルバムを提案するタイミングを判断するため)
        • おすすめ情報を表示する、カスタマイズした検索結果やコンテンツ、広告などを表示するといった目的で、Google のサービスを個々のユーザーに合わせてカスタマイズするため(広告のカスタマイズについては、広告設定で変更またはオフにできます)

        このライセンスが適用されるコンテンツをユーザーが Google のサービスから削除した場合、Google のシステムは合理的な期間内にそのコンテンツの公開を停止することとします。ただし、次の 2 つの例外があります。

          ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
        • ユーザーのコンテンツが削除される前に、ユーザーがそのコンテンツをすでに共有していた場合。たとえば、ユーザーが写真を共有した友人がそのコピーを作成して再度共有した場合、その写真は、ユーザーが自分の Google アカウントから削除した後も、友人の Google アカウントに引き続き表示される可能性があります。
        • ユーザーのコンテンツが他の企業のサービスを通じて公開されている場合、Google 検索などの検索エンジンによって、引き続きユーザーのコンテンツが検索結果の一部として検出および表示される可能性があります。

        Google サービスの使用

        ユーザーの Google アカウント

        これらの年齢要件を満たしている場合は、Google アカウントを作成して利便性を高めることができます。一部のサービスを機能させるためには、Google アカウントが必要になります。たとえば Gmail を使用するには、メールを送受信する場所を確保するために Google アカウントが必要となります。

        ユーザーは、Google アカウントで行うことに責任を負います。これには、Google アカウントを安全に維持するために合理的な措置を講じることも含まれるため、定期的にセキュリティ診断を使用することをおすすめします。

        組織またはビジネスの代理として Google サービスを使用する

        • 当該組織の正式に権限を有する代表者が本規約に同意する必要があります。
        • 組織の管理者が、組織内のユーザーに Google アカウントを割り当てることがあります。管理者はユーザーに対し、追加のルールに従うよう求める場合があります。また、管理者がユーザーの Google アカウントにアクセスしたり、そのアカウントを無効にしたりすることもあります。

        サービスに関連するコミュニケーション

        Google はサービスを提供する目的で、サービスに関するお知らせやその他の情報をユーザーに送信することがあります。Google からユーザーへの連絡の方法について詳しくは、Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

        ユーザーから Google にフィードバック(Google サービスを向上させるための提案など)が提供された場合、Google は、ユーザーに対する義務を負うことなく、そのフィードバックを利用することができます。

        Google サービス内のコンテンツ

        ユーザーのコンテンツ

          におけるユーザーの権利について、また Google サービス内でユーザーのコンテンツがどのように使用されるかについて詳しくは、ユーザーのコンテンツに対する使用許可をご覧ください。
        • Google が Google のサービスからユーザー作成コンテンツを削除する場合の理由およびその方法については、コンテンツの削除のセクションをご覧ください

        ご自身の知的所有権が侵害されていると考える場合は、侵害に関する通知を Google に送信できます。Google では、通知に対し適切な対応をとります。たとえば、著作権ヘルプセンターで説明されているように、何度も著作権侵害をしているユーザーについては、その Google アカウントを停止または閉鎖します。

        Google のコンテンツ

        Google のサービスの一部には、Google に帰属するコンテンツが含まれています。たとえば、Google マップに表示される多くのイラストは Google に帰属します。ユーザーは Google のコンテンツを本規約およびサービス固有の追加規約で許可される範囲内で使用できますが、コンテンツに対して Google が所有するすべての知的所有権は Google が保持します。いかなるブランド表示、ロゴ、法的通知も、削除したり、隠したり、改ざんしたりしてはなりません。Google のブランド表示やロゴを使用したい場合は、Google Brand Permissions(Google ブランドの使用許諾について)のページをご覧ください。

        その他のコンテンツ

        最後に、Google サービスの中には、他の個人または組織に帰属するコンテンツ(店舗オーナーによるその事業の説明、Google ニュースに表示される新聞記事など)にアクセスできるものがあります。ユーザーは、法律により許可されている場合を除き、当該個人または組織の許可なくこのコンテンツを使用することはできません。他の個人または組織のコンテンツで表明されている見解はその個人または組織のものであり、必ずしも Google の見解を反映するものではありません。

        Google サービス内のソフトウェア

        Google のサービスによっては、ダウンロード可能なソフトウェアが含まれている場合があります。Google は、そのサービスの一部として当該ソフトウェアを使用することをユーザーに許可します。

        • 全世界的であり、世界のあらゆる場所において有効である
        • 非独占的であり、自分のコンテンツのライセンスを他者に供与できる
        • 無償であり、このライセンスの金銭的な使用料は発生しない
        • 個人的であり、他者に影響が及ぶことはない
        • 譲渡不可であり、他者にライセンスを譲渡することはできない

        Google の一部のサービスには、オープンソース ライセンス規定に基づいてユーザーに提供しているソフトウェアが含まれています。オープンソース ライセンスには、本規約の一部を明示的に上書きする条件が規定されている場合があるため、必ずそれらのライセンスを確認してください。

        問題または意見の相違がある場合

        Google は、相応の技術と注意をもってサービスを提供します。この保証に記載された品質レベルが満たされていない場合、ユーザーはそれについて Google に伝え、Google はユーザーと協力して問題の解決を試みるものとします。

        Google が、Google のサービス(サービス内のコンテンツ、サービスの特定の機能、その信頼性、利用可能性、またはユーザーのニーズに応える能力を含む)について約束するのは、(1)保証のセクションに記載されている内容、(2)サービス固有の追加規約に規定されている内容、および(3)本規約に優先して適用される法律が規定する内容のみです。

        対象者: すべてのユーザー

        問題が生じた際にユーザーまたは Google が主張できる内容は、適用される法律と規約の両面から判断されます。一部の法的責任に限り、規約によって制限することが法律で許可されているのはそのためです。

        本規約は、適用される法律によって許可されている限りにおいて Google の責任を制限します。 本規約が、不正行為、詐害的な不実表示、過失または意図的な違法行為に起因する死亡または人身傷害について、法的責任を制限することはありません。

        上記の法的責任以外では、Google は適用される法律を条件として、本規約または適用されるサービス固有の追加規約に対する Google の違反についてのみ法的責任を負います。

        対象者: ビジネス ユーザーおよび組織のみ

        • 適用される法律によって許可される範囲で、ユーザー自身によるサービスの不正利用、または本規約もしくはサービス固有の追加規約への違反に起因または関連する第三者によるあらゆる法的手続き(政府機関による法的措置を含む)について、Google、およびその取締役、役員、従業員、請負業者を補償するものとします。この補償は、請求申し立て、損失、損害、裁判、罰金、告訴から生じる費用、弁護士費用を含め、あらゆる法的責任または費用が対象となります。
        • ユーザーが特定の責任(補償を含む)を法的に免除される場合、本規約に基づくそれらの責任は適用されません。たとえば、国連は一定範囲で法的義務が免除されており、本規約がそれらの免除に優先することはありません。
        • Google が以下の法的責任を負うことはないものとします。
          • 利益、収益、事業機会、業務上の信用、または期待された節約の損失
          • 間接的または結果的損害
          • 懲罰的損害

          問題が発生した場合の措置

          Google は、下記の措置を講じる前に、ユーザーに対して合理的に可能な限り事前の通知を行い、措置を講じる理由を説明し、問題を修正する機会をユーザーに提供するものとします。ただし、そうすることが以下の事態につながると Google ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか が合理的に判断した場合を除きます。

          • ユーザー、第三者、または Google に損害または法的責任が及ぶ
          • 法律または法執行機関の命令に違反する
          • 調査に支障をきたす
          • Google のサービスの運用、完全性、セキュリティに支障をきたす

          ユーザーコンテンツの削除

          Google は、ユーザーのコンテンツが(1)本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに違反している、(2)適用される法律に違反している、または(3)Google のユーザー、第三者、または Google に損害を与える可能性があると合理的に確信できる場合、適用される法律に従って、当該コンテンツの一部または全部を削除する権限を有します。 例としては、児童ポルノ、人身売買または嫌がらせを助長するコンテンツ、テロに関するコンテンツ、および他者の知的所有権を侵害するコンテンツなどが挙げられます。

          ユーザーによる Google サービスへのアクセスの一時停止または停止

          Google は、次のいずれかに該当する場合、ユーザーによるサービスへのアクセスを一時停止もしくは停止する権利、またはユーザーの Google アカウントを削除する権限を有します。

          • ユーザーが本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに著しくまたは繰り返し違反した場合
          • 法的要件または裁判所命令に従ってGoogleがそうした対応をとる必要がある場合
          • ユーザーの行動(ハッキング、フィッシング、嫌がらせ、スパム行為、虚偽情報の提供、他のユーザーに帰属するコンテンツの無断複製など)が、特定のユーザー、第三者、もしくは Google に損害を与えた、または法的責任を発生させたと Google が合理的に確信できる場合

          Google がアカウントを無効にする理由、およびその結果について詳しくは、このヘルプセンターのページをご覧ください。ユーザーは自身の Google アカウントが誤って停止または終了されたと考える場合に異議を申し立てることができます。

          もちろん、ユーザーはいつでも自由に Google サービスの使用を停止できます。サービスの利用を停止する場合は、ぜひその理由をお聞かせください。今後のサービス向上に役立てさせていただきます。

          紛争の解決、準拠法、および管轄裁判所

          本規約、サービス固有の追加規約、または関連するすべてのサービスに起因または関連して生じた紛争には、抵触法の規定に関係なく、カリフォルニア州法が適用されるものとします。これらの紛争は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ郡内に所在する裁判所においてのみ解決できるものとし、ユーザーと Google はその裁判所の対人管轄権に同意するものとします。

          本規約について

          本規約は、ユーザーと Google との関係を規定するものです。本規約に基づく両者の関係から利益を受ける第三者が存在する場合でも、本規約によりかかる第三者の個人または組織に対する法的権利が生じることはありません。

          ユーザーが本規約またはサービス固有の追加規約を遵守しない場合に、Google が直ちに法的措置を講じないことがあったとしても、そのことによって、Google が有している権利(たとえば、将来において、法的措置を講じる権利)を放棄しようとしていることを意味するものではありません。

          Google は、次の場合に本規約およびサービス固有の追加規約を更新することがあります。(1)Google サービスの変更、または Google の業務上の変更(たとえば Google がサービス、機能、技術、価格、特典などを新しく追加、もしくは従来のものを削除した場合)を反映するため。(2)法律、規制、またはセキュリティ上の理由のため。(3)不正または危険な行為を防ぐため。

          本規約またはサービス固有の追加規約に重大な変更を加える場合は、合理的な事前の通知を行い、ユーザーが大幅な変更について確認する機会を提供するものとします。ただし、(1)新サービスまたは新機能をリリースする場合、および(2)緊急時(進行中の不正行為を止める必要がある場合、法的要件に対応する必要がある場合など)は除きます。ユーザーは新しい規約に同意しない場合、自身のコンテンツを削除してサービスの利用を停止するものとします。また、ユーザーはGoogle アカウントを閉鎖することにより、いつでも Google との関係を終了させることもできます。

          本規約の対象となる Google サービスとは、こちらの https://policies.google.com/terms/service-specific に記載されている、以下を含むプロダクトおよびサービスを指します。

          • アプリおよびサイト(Google 検索、Google マップなど)
          • ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
          • プラットフォーム(Google ショッピングなど)
          • 統合サービス(他の企業のアプリやサイトに埋め込まれた Google マップなど)
          • デバイスおよびその他の商品(Google Nest など)

          ビジネス ユーザー

          ユーザーのコンテンツ

          ユーザーが次のような Google のサービスを使用して作成、アップロード、保存、送信、受信、または共有したもの。

          • ユーザーが作成するドキュメント、スプレッドシート、スライド
          • ユーザーが Blogger からアップロードするブログ投稿
          • ユーザーが Google マップで投稿するクチコミ
          • ユーザーが Google ドライブに保存する動画
          • ユーザーが Gmail を通じて送受信したメール
          • ユーザーが Google フォトで友人と共有する写真
          • ユーザーがGoogle で共有する旅行プラン

          Google ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか の企業グループに所属する法人。つまり、Google LLC とその子会社を意味し、EU 内でカスタマー サービスを提供する Google Ireland Limited、Google Commerce Limited、および Google Dialer Inc. も含まれます。

          重要なお知らせ

          (例)
          ・偽の取引を提示して請求明細を確認させる
          ・ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がある
          ・お客さまのIDとパスワードで第三者がログインした形跡が見つかった
          ・不正利用の疑いがあるのでカード利用を止めた
          ・「不正利用監視」システムで「利用に対するモニタリングを実施」アクセスの上カードのご利用確認してください
          ・NETstation*APLUSより第三者が不正ログインしたので新たにパスワードを設定してください
          ・マネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止への対応のため、メール、DMなどの方法で、お客さまのカード登録情報を確認したい

          <最新のカードご利用情報>
          ご利用日:2022年2月28日
          ご利用店名(売場名):****ガス ガスリヨウキン
          ご利用金額:17,***円
          初回年月:2022年3月

          5,000円未満のカードご利用や11件以上のカードご利用情報は、「 NETstation*Aplus 」にてご確認いただけます。 (注:偽メールは青文字箇所が詐欺サイトへリンクされています)

          アプラスを装ったフィッシングメールが当社のお客さまか否かを問わず不特定多数の方に配信され、電子メールに記載されたリンクから巧妙に偽のカード会員様向けサービス(NETstation*APLUS)に誘導し、カード情報などを入力させる手口が発生しています。
          このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。
          つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
          ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承ください。

          _______
          ■ご利用確認はこちら
          _______
          偽メールには詐欺サイトへのURLが記載されています。
          _______
          ■注意事項
          _______ ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
          ※本メールは送信専用です。
          ※本メールは「NETstation*APLUS」にメールアドレスをご登録いただいた方にお送りしています。
          ※変更後、48時間以内に発行する必要があり、期間中は使用できません。

          近年、複雑化・高度化した手口で増加する、金融サービスを悪用したマネー・ローンダリングやテロリストへの資金供与の未然防止への対応がますます重要となってきております。
          弊社では金融庁、経済産業省によるマネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン等を踏まえ、お客さまが弊社にご登録いただいている各種情報等について、メール、DMなどの方法で、現在の情報に更新されているかどうかのご確認をさせていただいております。
          お客さまにはお手数をおかけすることとなりますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。

          ■対象商品
          ・クレジットカード
          ・プリペイドカード

          ■対象項目
          ・氏名/住所/自宅電話番号クレジットカード 等

          アプラスの公式サイトは、 「 https://www.aplus.co.jp/ 」 です。
          また、カード会員様向けサービスのNETstation*APLUSは 「 https://netstation2.aplus.co.jp/login/ 」 です。

          ・フィッシングサイト閉鎖手続きは行っていますが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性がありますので、引き続きご注意ください。
          ・このようなフィッシングサイトにて、ID、パスワード、クレジットカード情報、 口座番号、個人情報、カード暗証番号等を絶対に入力しないようにご注意ください。
          ・日頃からサービスへログインする際は、メールや SMS 内のリンクではなく、いつも利用しているスマートフォンの公式アプリやブラウザのブックマークなどからアクセスするよう心がけてください。
          ・類似のフィッシングサイトやメールを発見した際には、当社窓口またはフィッシング対策協議会 ([email protected]) までご連絡ください。

          2020年11月25日
          (更新)2020年12月28日
          (更新)2021年02月04日
          (更新)2021年03月01日
          (更新)2021年12月24日
          (更新)2022年03月11日
          株式会社アプラス

          関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる