取引戦略

株の買い方を解説

株の買い方を解説
楽天証券より

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and 株の買い方を解説 understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is 株の買い方を解説 not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are 株の買い方を解説 not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any 株の買い方を解説 jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management 株の買い方を解説 Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference 株の買い方を解説 purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy 株の買い方を解説 株の買い方を解説 securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this 株の買い方を解説 株の買い方を解説 website be deemed to constitute an offer of securities or an 株の買い方を解説 offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States 株の買い方を解説 or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website 株の買い方を解説 be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as 株の買い方を解説 defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【簡単】米国株(アメリカ株)の買い方を解説!基礎知識やおすすめの証券会社も

米国株買い方アイキャッチ画像

IG証券の米国株時間外取引についての画像

IG証券公式サイトより

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

楽天証券 米国株

楽天証券は手数料の安さや多くのキャンペーンで人気のネット証券です。

  • 幅広い米国株式取扱銘柄
  • 業界屈指の格安手数料
  • 充実した取引ツールと情報コンテンツ

➀幅広い米国株式取扱銘柄

➁業界屈指の格安手数料

約定代金取引手数料
2.22米ドル以下0円
2.22米ドル超~4,444.45米ドル未満約定代金の0.495%(税込)
4,444.45米ドル 以上22米ドル(税込)
楽天証券HPを元に作成

➂充実した取引ツールや情報コンテンツ

楽天証券より

iSPEED

楽天証券より

マーケットスピード

日中は仕事で時間がない人でも2つのツールを利用して リアルタイムでの取引が可能 です。

\楽天グループだから使いやすい/

詳しく知りたい方は

DMM株以外にもDMM FXやDMM CFDなどのサービスも展開しており、今注目の新興ネット証券です。

手数料が業界最安水準である点や、最短即日取引可能な点が人気を集めています。

  • 取引手数料が0円
  • 米国株式が信用取引の担保になる
  • 米国株初心者にもうれしい投資情報

①取引手数料が0円

DMM株では米国株式の 取引手数料が一律0円 です。

取引手数料約定代金にかかわらず一律0円
為替手数料1ドルあたり25銭
配当金受け取り時の為替スプレッド基準為替レート -1円

②米国株式が信用取引の担保になる

国内株式を信用取引の担保にできる証券会社はありますが、米国株式を担保にできるのはDMM株がネット証券で初めてです。

DMM株マネックス証券SBI証券楽天証券
米国株取引
米国株の担保の可否×××

米国株式の保証金換算率は原則として前々営業日の最終価格の60%と規定されていたり、担保として取り扱える銘柄は決まっているため、よく確認してから投資をしましょう。

③米国株初心者にもうれしい投資情報

また、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌 「バロンズ」のダイジェスト版を無料で見る こともできますよ。

\取引手数料0円/

詳しく知りたい方は

米国株の特徴

米国株の買い方見出し2

  • 1株から購入できる
  • 年4回配当の企業が多い
  • ストップ高・ストップ安がない
  • 取引時間が深夜

米国株の良い点

1株から購入できる

米国株の1番の特徴は、 1株から購入できる 点です。

しかし、米国株は1株から購入できるので、少額から投資することができます。

年4回配当の企業が多い

米国株では連続増配を行っている企業が多いのも特徴だワン!

米国株の注意点

ストップ高・ストップ安がない

米国ではサーキットブレーカー制度が導入されており、急な乱高下が起きた際には一時取引が停止されます。

しかし、ストップ高・ストップ安と違ってその日の取引は停止されないため、 1日で急落する 可能性もあるのです。

取引時間が深夜

NYSEやナスダックの取引時間は現地時間の9:00から16:00までとなっています。

注文自体は取引時間外でもできるので、安心してください。

あわせて読みたい

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

【米国株の買い方】まとめ

米国株の買い方見出し5

米国株は成長率も高く、 長期投資分散投資 にもおすすめの資産です。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

仮想通貨レバレッジ取引アイキャッチ

仮想通貨のレバレッジ取引はおすすめ?仕組みや取引所を解説

メタバースとは

メタバースとは?意味や関連株(銘柄)を初心者向けに徹底解説【日本・米国株】

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Podcast更新情報

ビットバンクの口コミ・評判 アイキャッチ

eMAXIS Slim S&P500 アイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

株の買い方を解説

SBI証券でスマホで株を買う手順⑧

なお、「確認画面省略」の「省略する」にチェックを入れると、注文内容を確認することなく即発注できます。しかし、 注文が成立すると取り消しができないので、どんなに急いでいても、誤発注を避けるために確認画面で必ずチェックするようにしましょう。

STEP5:確認画面でチェックして「発注する」をタップして完了

\25歳以下は国内株式現物手数料が無料/

SBI証券の公式サイトを見る

3. SBI証券での株の買い方【PC編】

SBI証券でPCから株を買う方法

■SBI証券でPCから株を買う方法

  1. ログイン後、「取引」から「国内株式」をクリック
  2. 「取引」の種類を選択し、銘柄コードを入力して「株価表示」
  3. 注文内容を入力する(株数、指値or成行、価格、預り区分など)
  4. 取引パスワードを入力して「注文確認画面へ」をクリック
  5. 確認画面でチェックして「注文発注」をクリックして完了

STEP1:ログイン後、「取引」から「国内株式」をクリック

SBI証券でパソコンで株を買う手順①

SBI証券でパソコンで株を買う手順②

STEP2:「取引」の種類を選択し、銘柄コードを入力して「株価表示」

SBI証券でパソコンで株を買う手順③

STEP3:注文内容を入力する(株数、指値or成行、価格、預り区分など)

SBI証券でパソコンで株を買う手順④

STEP4:取引パスワードを入力して「注文確認画面へ」をクリック

SBI証券でパソコンで株を買う手順⑤

STEP5:確認画面でチェックして「注文発注」をクリックして完了

SBI証券でパソコンで株を買う手順⑥

\25歳以下は国内株式現物手数料が無料/

SBI証券の公式サイトを見る

4. SBI証券の「(一般)NISA口座」での株の買い方

SBI証券の一般NISA口座での株の買い方

この章では、通常の総合口座ではなく、SBI証券の一般NISA口座で株を買う方法を紹介します。

  1. 一般NISA
  2. つみたてNISA(積立NISA)
  3. ジュニアNISA

SBI証券の一般NISA口座での株の買い方は、通常の注文とほぼ同じ。 注文内容の入力の「預かり区分」で、「特定預り」ではなく「NISA預り」にチェックを入れる だけです(NISA口座を開いていないと、表示されません)。

株の買い方を解説

SBI証券で積立nisaを始めるメリット

2018年に金融庁主導で始まった「つみたてNISA(ニーサ)」は、 少額による「長期・積立・分散投資」を支援するための非課税制度 です。

毎年40万円まで積み立てが可能 で、 最大20年間、合計800万円までの投資で得た利益と、投資信託から出る分配金が非課税 になります。

■SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット5つ

  1. 「投信マイレージ」でポイントが貯まる
  2. クレカ積立で「Vポイント」も貯まる
  3. つみたてNISA全銘柄の「約9割」をカバー
  4. 「月100円」から積立て可能なので初心者にも始めやすい
  5. 積立タイミングが「毎月・毎週・毎日」から選べる

1.1.株の買い方を解説 「投信マイレージ」でポイントが貯まる

SBI証券には、 投資信託の月間の平均保有残高に応じて最大0.25%のポイントが貯まる「投信マイレージ」というサービスがあります。

もちろん、つみたてNISAも対象。もらえるポイントは、 「Tポイント」「Pontaポイント」「dポイント」 のなかから選ぶことができます。

ポイント付与率は保有している銘柄によって異なり、人気の「SBI・Vリーズ」は0.02%台、「eMAXIS Slim」シリーズは0.03~0.05%台となっています(具体的な銘柄と付与率は 「ポイント付与率一覧」 で確認できます)。

楽天証券にも同様のサービスがありますが、2022年3月末で実質的に終了になりました。そのため、 株の買い方を解説 投信保有残高に対してのポイント付与は、SBI証券のほうが優位性があります。

\投信残高に応じてポイント獲得/

SBI証券の公式サイトへのリンク

1.2. クレカ積立なら「Vポイント」も貯まる

SBI証券のクレカ積立の説明画像

SBI証券には、三井住友カードで毎月の積立額を決済すると、カード決済額に対して0.5~2%の「Vポイント」が貯まるサービスがあります。

Vポイントは三井住友グループが発行するポイントのことで、1ポイント=約1円の価値があり、Amazonギフト券などのオンラインギフト券に交換できたり、三井住友銀行の振込手数料に充当できたりします。

  • 積立時:三井住友カードによる決済でVポイント
  • 保有時:月間平均保有残高に応じてTポイントもしくはPontaポイントもしくはdポイント

"ポイントの二重取り" ができ、ダブルでお得です。

SBI証券で貯まるポイント

三井住友カードの公式サイトへのリンク

1.3. つみたてNISA全銘柄の「約9割」をカバー

SBI証券の積立nisaの銘柄数

そのうち、 SBI証券のつみたてNISAでは全銘柄の約8割にあたる179本の投資信託をカバー しており、つみたてNISAを扱う約170の金融機関のうちで2番目の多さです(1番目は楽天証券の180本)。

つまり、 SBI証券のつみたてNISAなら銘柄選択の自由度が高く、自分に合った投資対象を見つけられます (SBI証券のつみたてNISAで購入できる全銘柄は、SBI証券の公式サイト 「投資信託 パワーサーチ」 で確認できます)。

1.4.「最低投資金額が月100円」なので初心者でも始めやすい

SBI証券の積立nisaは最低投資金額が月100円からなので初心者でも始めやすい

つみたてNISAの毎月の最低投資金額が1,000円の金融機関が多いなか、 SBI証券は月100円から始められます。

途中から増額することも可能なので、SBI証券は投資初心者にもおすすめです。

1.5. 積立タイミングが「毎月・毎週・毎日」から選べる

「毎月」のみの金融機関が多いなか、 SBI証券なら「毎月・毎週・毎日」の3つのタイミングから選べます(クレカ積立の場合は「毎月」のみ)。

  • 毎月:月に1回、指定した日に買付
  • 毎週:週に1回、指定した曜日に買付
  • 毎日:株式市場が開いている日に毎日買付

\「毎週」が選べるのはSBI証券だけ/

SBI証券の公式サイトへのリンク

2. SBI証券で「つみたてNISA」を始めるデメリット(注意点)

SBI証券で積立NISAを始めるデメリット

ファンド名 1,000万円未満 1,000万円以上
野村インデックスファンド・日経225 0.1% 0.185%
野村インデックスファンド・TOPIX 0.1% 0.185%
野村インデックスファンド・国内債券 0.1% 0.185%

しかし、 つみたてNISAの本来の目的はポイント獲得ではなく、着実に資産形成をすることだと忘れてはいけません。 「ポイントはおまけ」くらいに考えておくことをおすすめします。

3. SBI証券のつみたてNISA…始め方・口座開設手順

SBI証券で積立NISAを始める方法

SBI証券でつみたてNISAを始めるためには、株式取引ができる「総合口座」を開設する必要があります。 つみたてNISA口座だけを開設することはできません。

3.1. SBI証券の口座を持っていない人

NISAの選択

\つみたてNISAの銘柄数は2番目の多さ/

SBI証券の公式サイトへのリンク

3.2. SBI証券の口座を持っている人

総合口座を持っている場合のNISA口座開設の流れ

つみたてNISAを始めるためには税務署の審査が必要で、WEBで完結するオンライン開設なら本開設まで最短2営業日。一方、郵送で書面のやり取りをする場合は、最短7営業日かかります。

株の買い方が知りたい

株の買い方が知りたい

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。 株の買い方を解説
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる