取引戦略

少額投資の銘柄や証券口座を解説

少額投資の銘柄や証券口座を解説
投資を経験したことがない人にとって、株式や債券、投資信託等で“自分が投資した金額が変動する”ことは、未体験であり不安もあるでしょう。
そこで提案です。投資ははじめてという人は、 まずは少額から はじめてみてはいかがでしょうか?投資をすでに行っている人のうち、約7割の方たちも最初は100万円以内から投資をはじめています。(みずほ証券にて実施したアンケート結果より(20歳以上の男女1,656人から回答)2015年1月実施)株式の中には数万円程度から投資できる銘柄もありますし、投資信託にも1万円前後から投資できるものがあります。NISA(少額投資非課税制度)を使えば、非課税の恩恵を受けられる商品もあります。まずは少額投資で慣れてから、だんだん金額を増やしていってもよいでしょう。

株式・プチ株 ®

選べる2つの手数料コース、1注文の約定金額に応じて取引手数料が決まる「ワンショット手数料 ® 」、1日の約定金額合計額に応じて取引手数料が決まる「一日定額手数料」をお客さまそれぞれの投資スタイルにあわせてご選択いただけます。 少額投資の銘柄や証券口座を解説
さらに、50歳以上の方、NISA口座をご開設した方など、対象のお客さまが手続きをしなくても自動で手数料割引となるサービスをご用意しています。
さらにauユーザー(povoご契約のお客さまは対象外)であれば、手数料を抑えて株式の購入が可能です。

プチ株 ® (単元未満株)とは

プチ株 ® (単元未満株)の魅力

1 少額投資・分散投資

プチ株 ® の魅力の一つに 少額から取引可能 ということが挙げられます。
「予算の範囲内で買える株数だけ買いたい」「予算の範囲内で複数銘柄に分散投資したい」「単元未満株を売却したい」といった要望に対し、 少額取引の特性を活かしたお取引 が可能です。

2 ご本人さま名義

プチ株 ® でご購入いただいた株式は お客さまの名義となるため、配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されます。 (ただし、議決権はありません)

3 状況にあわせて柔軟に対応可能

単元株式保有時に株式分割や株式併合などで単元未満株が発生した場合、単元での売却はできませんが、プチ株 ® であれば売却することができます。また、単元に満たない不足分をプチ株 ® で購入し、単元株とすることも可能です。

auのプチ株 ® の特長

プチ株 ® を積立で購入していただく場合、手数料は無料です。
毎月の積立を金額指定(毎月500円以上1円単位)していただき、その範囲内でプチ株 ® を買付致します。購入手数料は無料です。

プチ株 ® 人気銘柄

auの資産運用では 少額から投資 できる銘柄が人気です。

  • 2020/1/1~2020/12/31の期間内に新規口座開設をしたお客さまの、現物株式の約定代金ランキングになります。株価の基準は2020/12/30の終値で500円以下の銘柄で算出しております。

投資をはじめたい方へ

どの会社の株を買えばいいの?

はじめるにはどのくらいお金が必要?

プチ株 ® にはまとまった資金は必要ありません。銘柄によりますが、数百円程度から買付をすることができますので、購入したい銘柄の株価と手数料分のご入金があれば、お取引いただけます。なお、手数料は、約定代金の0.5%で、最低手数料は52円(税込)です。プレミアム積立 ® (プチ株 ® )なら、積立買付手数料が0円になります。

ユーザーの5割以上が30~40代の資産形成世代 「3つの不足」解消で、投資のハードルを下げる(LINE証券)

当社は、LINEの金融事業子会社であるLINE Financialと野村ホールディングスが共同で設立した、スマートフォンでの取引に特化した証券会社だ。LINEの顧客基盤やユーザビリティの高いデザイン、野村グループによる金融ビジネスのノウハウを融合し、「働く世代」のための投資サービスを目指す。LINE証券は、普段からコミュニケーションツールに「LINE」を利用していれば、専用アプリを別途ダウンロードせずに「LINE」アプリ上で口座開設・取引が行え、投資未経験者でも始めやすい点が特徴だ。

「LINE」での特集記事配信後に関連銘柄の注目度が上昇

─LINEならではのユーザーとの接点はあるか。

LINE証券公式アカウントを通して、友だち登録済みのユーザーには投資のヒントを散りばめた特集記事を定期的に届けている。テーマは人気の優待銘柄や高配当銘柄、「3,000円以下で買える」銘柄から、ノーベル賞関連銘柄といった旬の話題など多岐にわたる。配信後のユーザーの取引行動などを見ていくと、特集の関連銘柄に注目し検討・購入するユーザーも多く見受けられる。

投資経験者からも好評アクティブ・ファンドが人気

─ユーザーの投資経験者と投資未経験者の比率は。

現在、口座開設者における割合は投資経験者と投資未経験者が半々で、年齢層は20~50代が95%を占め、子育て世代や資産形成に興味を持つ30~40代が5割以上を占める。男性は67%、女性が23%と約7割が男性ユーザーだ。LINE証券で株取引経験のあるユーザーを対象としたアンケート調査では、他社取引経験のないユーザーの約7割が「『LINE』上で簡単に始められる」ことを利用理由に挙げた。このことから、投資を始めようとする人にとって「LINE」から始められることが投資への第一歩を踏み出すきっかけになっていると考えられる。また、他社取引経験のないユーザーの51%が、株投資の勉強について「特にしていない:実践で勉強している」と回答している。投資未経験者にとって、LINE証券は実践しながら投資を勉強できるサービスであると言えるのではないだろうか。(下図)

ユーザーの生活に溶け込む総合証券サービスを目指す

─投資未経験者に対する投資体験の機会提供として、どのような取り組みを行っているのか。

当社はユーザーの投資体験を促進するため、定期的にユニークなキャンペーンを開催している。これまで実施してきたキャンペーンは4つで、第1弾は2019年10月から11月に行った。全ての取り扱い銘柄の取引コスト(スプレッド)を2カ月間0円としたキャンペーンを打ちだした。第2弾は同年10月下旬から11月に開催した新規口座開設と初回取引をしたユーザーを対象としたキャンペーン。第3弾は同年12月、期間限定で株のタイムセールを開催し、対象銘柄を開催日の終値の最大7%オフの割引価格で購入できるという、証券業界では稀な試みに挑んできた。

インタビュー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる