日本語で徹底解説

テクニカル分析におけるダブルトップ

テクニカル分析におけるダブルトップ
※プラットホームのレンジを上回ったときが売買タイミングになります

テクニカル分析におけるダブルトップ

dbdt

下落中の底で出現するのが「ダブルボトム」上昇中の天井で出現するのが「ダブルトップ」です。

このパターンを仮に「A」とします。 後で、質問をしますのでじっくり見てくださいね。

Bパターン

2ban

この2つも一般的に、ダブルボトムとダブルトップに含まれます。 いわゆる「2番底」「2番天井」を形成した。なんて言葉で表現されます。このパターンを「B」とします。

それでは質問です。

atob

上記2つの例を出しましたが、「A」と「B」では、皆さんはどっちが「綺麗な形」だと思いますか?

ab

私は「A」のダブルボトムの方が「綺麗な形」であると考えています。

何故かというと、それは「A」の方が「B」よりも 「2回」底を打った という意味で明確だと思うからです。

また、「A」はリアルタイムで値動きを見ていた時に、誰もが視覚的に「底」と判断をしやすいです。しかし、「B」の場合は「A」のように底を容易に判断することができるとはいえません。

ダブルボトムの”反発直後”の形をみてみましょう

ネックラインブレイク後の「完成されたダブルボトム」ではなく、底で反発した直後の形を確認してみます。

nibanzoko

リアルタイムでチャートを監視しているFX投資家は「A」を見て・・・

「おっ! 直近安値 で反発したな。このままダブルボトム形成で、ネックラインまで上昇かな?」といった戦略が立てやすいです。

「B」はどうでしょうか?この段階で「反発したな!」と感じれる投資家は「A」と比較すると少ないのではないでしょうか。「B」の場合は、 「最も意識されるポイント」 である 直近安値 まで 下げる可能性も考えられますし、下落した場合の損切りポイントが難しくなるというデメリットもあります。

もちろん「Aパターン」が出現したからといって、必ずFX相場が上昇をするわけではありません。

ですが、分かりやすく2回反発を見せた「Aパターン」こそが「世界中のFX投資家が意識せざるを得ない」 「綺麗な形」 であると私は思います。

今回紹介するダブルボトムとダブルトップを使用したFX手法では、「B」の二番底・二番天井の形は狙わずに、「A」だけを意識してエントリーを行うルールです。

ダブルボトムとダブルボトム形成のおすすめは1時間足チャート

chattigau

使用する時間足は「1時間足」「4時間足」「日足」です。そのなかでも、おすすめは 「1時間足」 です。

それは・・1時間足は「どんなFX業者のチャートを使っていても同じ形になる」からです。

例えば、10人のFX投資家がいて、「GMOクリック証券」「DMMFX」「みんなのFX」「Alpari Japan」……. と別々のチャートを使っていたとしましょう。

1時間足は「1時間に1回確定」しますので、どのFX業者を使っても、若干の誤差はありますが大きな違いはありません。つまり、これは全てのFX業者のチャートが「同じ形のダブルボトム・ダブルトップ」を描く事を意味します。

以下は、「GMOクリック証券のPlatinumチャート」と 「Alpari JapanのMT4チャート」です。

1jikan

4時間足チャートはどうか?

4barabara

onaji4

例えば、 をご覧ください。クリック証券は 「陰線」「陰線」 テクニカル分析におけるダブルトップ です。

しかし、Alpari Japanは 「陰線」 「陽線」 になっています。これは、非常に大きな違いです。

ですから、1時間足のように全てのFX業者のチャートが「同じ形のダブルボトム・ダブルトップ」を描いている。ということにはなりません。

ダブルボトム・ダブルトップFX手法のエントリールール

neraunohaa

冒頭で説明しました、「Aパターン」だけを狙います。

dbdt

「ダブルボトム」の買いポジションを例に説明します。

  1. 1. 下落トレンドを確認
  2. 2.一旦反発して底を作る値動きを確認。(直近安値の形成)
  3. 3.直近安値までの下落を確認。
  4. 4.1時間足陽線の出現を確認。
  5. 5.買いエントリー

kaientry

今回の、ダブルボトム・ダブルトップ手法のエントリールールは 「これだけ」 です。

これが、冒頭でお話した「再現性が高い」という理由です。

ダブルボトムとダブルトップのダマシを回避する為のフィルター機能

yamikumo

フィルター1.下落は3つの谷を確認すること

3tutani

その下落ですが「3つの谷」を待ちます。以下のチャートをご覧ください。

fil1

天井を形成した後に、ネックラインをブレイクして下落が加速しています。このネックラインを 「1つ目の谷」 とします。

そして、勢いのある下落を見せた後に、ダブルボトムを予感させる形になっていますが、ここは 「2つ目の谷」 にあたります。この場面ではエントリーは行いません。様子見します。

このルールでは、 「2つ目の谷」 の直近安値をブレイクして、初めてエントリーの準備をします。

上記のチャートでは 「3つ目の谷」 で形成された、ダブルボトムからエントリーを検討することになります。(実際は、フィルター3によって様子見)

もちろん、「2つ目の谷」が上昇トレンドの押し目のタイミングになり、買われる展開もありますが・・・検証の結果「3つ目の谷」まで待つ方が安定感のあるトレードができましたので、このフィルターを採用しています。

フィルター2.直近安値をローソク足終値で下抜けているか

owarinebureiku

この場合、「3つ目の谷」のダブルボトムを確認して、仮に反発をしたとしても、買いポジションはとりません。

fil2

フィルター3.ネックラインを形成してから4本のローソク足を確認

entry4hon

ネックラインを形成してから、「 直近安値まで到達するローソク足の本数」 によって、エントリーするのか?それとも、様子見するのか?を決定します。

その本数とは、ダブルボトムの直近安値に到達するまで「 4本以上」 です。例えば、ネックラインになった、ローソク足の高値を含めた3本で直近安値に到達した場合は様子見です。

4entry

では、何故4本なのか?これも「検証の結果」です。ただ、この数値は、FX相場の動きよって今後変わるかもしれません。常に日々の検証の材料にしている部分です。

フィルター4.ダブルボトムの直近安値まで2pips以下。それ以上の開きは様子見

saiyasunekyori

最初にお話しした「パターンA」「パターンB」この見極めはどのように行うのか?これも、明確にルール化しております。

そのルールとは、直近安値から 2pips以上」 、レートが 開いている時は様子見というものです。ただし、プラスマイナス2pipsではなく「上の開き」だけです。分かりにくいと思いますので、具体的なレートで説明します。

例えば、直近安値が 100.00円 だった場合、買いを行う条件は 100.02円 以下までネックラインから下げる必要があるということです。例えば、 100.03円 で反発した場合は見送りとなります。逆に、ブレイクした場合。例えば 99.97円 まで下落した場合はどうするか?これは、買いの対象になります。

以下のチャートをご覧ください。※上の開きは 2pips以下 がエントリー対象。

hirakieurjpyh1

下の開きは制限なし 。ただし下ヒゲ形成時のみ。(フィルター5で説明)

sitahaok

フィルター5.直近安値を力強くブレイクしたら様子見

owarinesitanuke

では、ダブルボトム形成を狙ったエントリーを行う場合に、「買い勢力」が負けた瞬間はどのようなタイミングになるのでしょうか。

私が考えるには、「直近安値をローソク足終値で勢いよくブレイクした瞬間」

ダブルボトム・ダブルトップ手法の、リミットルール

rimit300ni

まずは、利益確定からです。利確は、エントリー後に「 +300pips」 に設定します。これは、全通貨ペア共通のルールです。

nariyukikai

ロスカットルールは2つ

エントリー後の逆指値注文の設定

まず、損切りの設定値ですが、ダブルボトムを狙った買いの場合は、エントリー後に直近安値-1pipsに設定します。

ダブルトップを狙った売りエントリーの場合は、直近高値+スプレッド+1pipsが損切りのレートになります。

stp

ストップ切り上げルール

syokist

エントリー後、思惑通りの値動きになり 「含み益」 になった場合は、ストップを切り上げます。ストップ切り上げのルールは2つです。

  1. FX相場のボラティリティによって多少変わりますが、基本的なルールとして +50pips以上 の含み益になった場合に、ストップを建値に変更。
  2. 直近高値を更新する。または、直近高値付近まで上昇する動きになった時に、「ネックライン」1pips下にストップを変更。

idoust

FXは資金管理が大切!枚数調整による資金管理

1risuku

ほとんどが 20pips以内 の損切り幅に収まりますが、相場のボラティリティの影響や、底で強い陽線が出現すると、 -50pips 程の損切り幅になる場合があります。

そういった場合は、 「枚数調整」 を行いリスクを限定します。

仮に口座資金100万円。エントリー枚数が5枚だった場合、クロス円ですと-20pipsの損切りで 「1万円」の損失 になります。つまり、口座資金の1%です。

リスク1%:-50pipsの損切りであれば、取引枚数は何枚?

-50pipst

例えば、損切りが 「 -50pips程」 になると予測された場合においての枚数を考えて見ましょう。

100万円の口座資金であれば、単純に計算すると100万円÷50pips=2。逆算すると 「2枚」 が-50pipsストップにおける取引枚数です。

「1回の損切りで、口座資金の1%以内は慎重すぎるのではないか?」 という意見もあると思います。

私の場合は、様々なFX手法や通貨ペアで取引を行っていますので、同じタイミング・同じ方向でサインが発生することが度々あります。その為、損切りに掛かってしまう時も「3通貨ペア同時」というような展開もあり得ます。

とことん「綺麗な形」にこだわった結果が、ダブルボトムとダブルトップだった。

risoutekichat

「こんなにフィルター掛けたら・・エントリーチャンスなんか全然ないんじゃないの・・??」 と・・・。

このFX手法は「世界中のFX投資家が注目するポイントはどこだろう?」というテーマを基に作りました。

エントリー回数は少なくてもいいから、とにかく 「理想的なチャートパターン」 を追い求めて見ようと思いました。

そういった面から考えた時に、底や天井を予測させる代表的なパターンである「ダブルボトム・ダブルトップ」に辿りついたのは当然の事だったのかもしれません。

「これだけキレイな形で損切りされたら、どうしようもない・・・。」

自分自身が1つの取引を終えた後に、そう思える事が「安定した利益」に繋がるのではないかと思っております。

ダブルボトム・ダブルトップ手法では”複数通貨ペア”での取引は必須

fukusutuuka

その際に注意することは、どんな通貨ペアであっても「キレイな形だけでエントリーを行う」ということです。

ダブルボトム・ダブルトップ手法の成績:「2014年」は「2013年」程稼げてません

cyoushiagaranai

1時間足のリミットである +300pips 。4時間足はリミット +500pips にしていますが、 年間を通して、これらのリミットに何回も到達してくれました。

78%の高勝率ローソク足分析パターン◆高勝率ダブルトップ&ボトムの秘訣とは?◆【ブレイクアウト・トレードの極意①~④】…他【1分間相場書】(2015.11.14-16)

◆【ブレイクアウト・トレードの極意①~④】
◆【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則①~③】
◆78%の高勝率ローソク足分析パターンと【追認】
◆高勝率ダブルトップ&ボトムの秘訣とは?
◆【ライブ●極性の転換が起こる!】
◆【トレードの判断力UPに!】

  • 1 ◆【ブレイクアウト・トレードの極意①~④】
    ◆【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則①~③】
    ◆78%の高勝率ローソク足分析パターンと【追認】
    ◆高勝率ダブルトップ&ボトムの秘訣とは?
    ◆【ライブ●極性の転換が起こる!】
    ◆【トレードの判断力UPに!】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意④】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意④】

エネルギーが収縮するほど◎

◆【ブレイクアウト・トレードの極意③】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意③】

◆ブレイクアウト・トレード『5つの極意』⇒>続きはココから

◆【ブレイクアウト・トレードの極意②】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意②】

◆【ライブ●極性の転換が起こる!】

【ライブ◆極性の転換】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意①】

◆【ブレイクアウト・トレードの極意①】

◆【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part3】

【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part3】

◆【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part2】

【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part2】

◆【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part1】

【トレードの集中力UPの秘訣■眼力の法則:Part1】

◆高勝率ダブルトップ&ボトムの秘訣とは?

◆高勝率ダブルトップ&ボトムの秘訣とは?

重要なのは
どういった統計的に有利なパターンのコンビネーションで
完成しているか!

ダブルボトム=エンガルフィング+モーニングスター ⇒buff.ly/1MuMBph

◆78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンと【追認】

◆78%の高勝率ローソク足分析・必勝パターンを【追認】で極める!

◆マーク・ダグラスが語るトレードで恐れを克服するために

<特集記事> マーク・ダグラスが語るトレードで恐れを克服するために

◆【トレードの判断力UPに!】

◆【トレードの判断力UPに!】

◆安値・高値の両方が 切り上げ、
切下げをしている状況を常に確認する習慣が
相場の方向性を判断する第一歩

更に高確度な『MBパターン』について

プライスアクションJAPAN_くまひげ先生のマジックボックスFX


これらの「ブレイクアウトトレード」を時系列にして「ダウ理論」を組み合わせたものがMBパターン(マジックボックス・パターン)になります。

9つの代表的なチャートパターン その売買の仕方と注意点

20161214_0

◎相場の反転パターンとは下の図の楕円で示した部分にあらわれるチャートの形になります。
反転パターン(リバーサル・フォーメーション)

20161214_1

◎相場の継続パターンとは下の図の楕円で示した部分にあらわれるチャートの形になります。
継続パターン(コンティニュエーションフォーメーション)

1-1 相場のトレンドが反転しそうなときにあらわれる「反転パターン」

20161214_2

【反転パターン(リバーサル・フォーメーション)のイメージ図】

1-2 相場のトレンドは今後も継続しそうなときにあらわれる「継続パターン」

【継続パターン(コンティニュエーション・フォーメーション)のイメージ図】

20161214_3


「継続パターン」とは、トレンド相場が続いた後にチャートで上のような形の値動きがあらわれると「(それまでの)トレンドが継続しやすい」ということです。

2.「反転パターン」の代表的な5つの形

2-1 ヘッド&ショルダーズ

売買のタイミングは、 緑色のネックラインを割りこむタイミング と、もう一度 ネックラインに戻るタイミング です。

※☆印が売買タイミング

【具体例】

上記のチャートは2016年2月15日に執筆した米ドル/円の分析記事で利用した米ドル/円の月足チャートで、ヘッドアンドショルダーズを形成していると予想。その後、米ドル/円は2016年6月には98.195まで下落いたしました。

2-2 ダブル

売買のタイミングは、ヘッドアンドショルダーズと同じように、 緑色のネックラインを割りこむタイミング と、もう一度 ネックラインに戻るタイミング です。

※☆印が売買タイミング

【具体例】

上記のチャートは2008年から2010年までの豪ドル/円月足チャートです。

ダブル・ボトムを形成して安値からネックラインまでの大体、「倍返し」になっていることがわかります。

2-3 スパイク

20161214_8

その後は下降トレンドとなるイメージです。

20161214_9

【具体例】

上記のチャートは2016年12月26日の分析で利用した豪ドル/円の週足チャートです。
2016年6月を底に上昇トレンドで推移し、12月に急上昇、その後、急落となっているため、「スパイク・トップ」を形成している可能性があると見ています。

20161214_10


なお、上のチャートのように、急激に上昇して、窓を空(あ)けて離れ小島のようなローソクができ、その後、窓を空(あ)けて急落といったパターンを、「アイランド・リバーサル スパイク・トップ」、その逆を「アイランド・リバーサル スパイク・ボトム」と言います。

また、日本古来のチャート分析(酒田五法)では、このようなチャート形状をそれぞれ「三川 宵の明星」、「三川 明けの明星」といい、相場反転のパターンと言われています。

2-4 ソーサー

20161214_11

※プラットホームのレンジを上回ったときが売買タイミングになります

2-5 ライン

20161214_12

※レンジの上限(抵抗線)を上回ったときが売買タイミングになります

3.「継続パターン」の代表的な4つの形

3-1 トライアングル

価格が三角形を形成する前のトレンドに回帰する継続パターンになりますがその可能性があるということで、実際の売買は、価格が三角形の上辺と下辺のどちらかを超えたタイミングになります。

【具体例】

3-2 ペナント、フラッグ、ウエッジ

20161214_15

4.チャートのパターンを利用して取引する上での4つの注意点

4-1 パターン形成前のトレンドを確認すること

形成前のトレンドとチャートパターンと予想
『上昇トレンド』 ⇒ 転換パターン
下降トレンドへ転換を予想できる

『下降トレンド』 ⇒ 転換パターン
上昇トレンドへ転換を予想できる

『上昇トレンド』 ⇒ 継続パターン
再度、上昇トレンド回帰を予想できる

『下降トレンド』 ⇒ 継続パターン
再度、下降トレンド回帰を予想できる

また、 トレンド相場が続いた後に相場が保ち合いになったら 、チャートがどういった形状になっているのかをしっかり確認しておくというのも1つの手です。

2.ローソク足の組み合わせ

1日の寄り付きから大引けまでの値動きの幅が、前日の高値と安値の幅を包み込んだ格好になった場合を 抱き線 、あるいは 包み足 と呼ぶ。ローソク足は陰陽の区別ができるので、パターンとしては4種類ある(図2-1)。ただし、陽線が陽線を包んだときと陰線が陰線を包んだときの2種類をA種、陰線が陽線を包んだときと陽線が陰線を包んだときの2種類をB種とすると、重要なのはB種の方である。また、これは値位置の影響も受ける。

当日の値動きが、前日の始値から終値の範囲内の動きに終始した足型を はらみ線 と呼ぶ。つまり、抱き線と逆の格好になった場合で、やはり天井や底を形成するときによく出る形である(図2-2)。

上昇相場で大陽線の次に小陰線や小陽線がはらまれた形(図2-2-A)で出ると天井を暗示する。反対に下落相場において、大陰線にはらまれた足型(図2-2-B)が出ると底の可能性が高い。また、いずれの場合においても、はらまれた足型が 寄引同事線 となるとはらみ 寄せ線 と特別の呼び名があるほど天底の可能性が大きくなる。なお、寄引同事線ではなく、 極線(コマ) となった場合も同様とみなしてよい。

かぶせ線とは陽線で引けた翌日、さらに高値で寄り付きながら、前日の足型の値幅内まで下押して引けてしまった形のこと。陽線に陰線がかぶさったというわけで かぶせ線 と呼ぶ(図2-3)。

切り込み線、差し込み線、入り首線

いずれも、かぶせ線の反対のパターンである。陰線引けの翌日に、安く寄り付いたものの、前日の足型の実体部分まで戻して引けた形を言う。このうち、 切り込み線 は前日の実体の真ん中以上まで戻した形で(図2-4)、別名 切り返し線 とも呼ばれる買いのポイントである。

差し込み線(図2-5-A)は反発を示す形だが、上ひげを持つために上値を押さえられたことを意味し、「 戻り売り の急所」と一般的に解釈されている。 入り首線 (図2-5-B)は、前日の中心まで戻しきれない形であり、やはり戻り売りを浴びやすい。

毛抜き天井、毛抜き底

毛抜きの形は、後述のパターン分析における ダブル·トップ、ダブル·ボトム に通じるもので、その小型版と言える。ただし、実戦においてはこういった形が日足で出たからといって天井や底と決めつけ、すぐに仕掛けるのは禁物である。理由は、これらの形が本当に転換を示すものか否かの伴を握るのは翌日の足型しだいだからである。毛抜き天井の形となった翌日に、それまでの高値を簡単に上抜いてしまうこともある。しかし、日足でも毛抜きが2本の大陽線や大陰線、長いひげを持つものであれば、天底形成の確率は高くなる。また、週足チャート上の毛抜きの意味はさらに大きくなる。

今週の見通し:投資家は小売セクターの決算に備え、ドルは調整される可能性

先週は<(NYSE: TGT )や Walmart > などの大手小売業者にて市場予想を大きく下回る業績低迷が確認されたことで、 「小売りセクターの低迷」 が引き起こされた。投資家は、今週発表される注目度の高い多数の企業決算を神経質に待っている。その中には、 Costco (NASDAQ: COST 、ベストバイ(NYSE: BBY )、ノードストローム(NYSE: JWN )、メイシーズ(NYSE: M )、ダラーツリー(NASDAQ: DLTR )、Ulta Beauty (NASDAQ: ULTA )、 Dick's Sporting Goods (NYSE: DKS およびDollar General (NYSE: DG )などが含まれる。

Amazon (NASDAQ: AMZN )も、Target や Walmart と同じような経済的リスクに直面していることを投資家が認識し、急落した。しかし小売業界の低迷はこれだけでは終わらなかった。他の大手小売企業も、Target の発表後、10%以上値下がりし、これらの企業の多くが S&P 500 Index を下回るパフォーマンスとなった。

Best Buy 週次チャート

実際、小売業が苦境に立たされている場合、テクノロジー企業はどのように対処するだろうか。テクノロジー業界は、グロース株の上昇圧力が最大限に高まった後、市場の暴落の矢面に立たされる傾向がある。先週は、アップル (NASDAQ: AAPL ) の6.4%減とテスラ (NASDAQ: TSLA )の13.7%減に引きずられ、ハイテク株の多い NASDAQ は 4.75%減と主要平均の中ではアンダーパフォームした。

S&P500指数は3%の値下がり、ブルーチップ・バリュー株を中心にリストアップした30構成銘柄の Dow Jones は2.9%後退し、インフレ圧力による反落の中でアウトパフォームした。先週のサプライズは小型株の ラッセル2000 で、FRBがこの半年でタカ派に転じて以来、テクノロジー株同様低下していたが、わずか1.1%の下落にとどまる。

Nasdaq 100 週次チャート

US Small Cap 2000 週次チャート

米国10年債利回り 日次チャート

米ドルインデックス 日次チャート

金先物 週次チャート

ビットコイン 日次チャート

原油先物 日次チャート

今週の予定

4:00: ドイツ – IFO企業景況感指数 : 前回の91.8から91.4への低下を予想

3:30: ドイツ – 製造業PMI :54.6から54.0への低下を予想

4:30: テクニカル分析におけるダブルトップ 英国 – 製造業PMI :前回の結果は55.8

10:00: 米国 – 新規住宅販売件数 : 763千件から750千件への低下を予想

22:00: ニュージーランド テクニカル分析におけるダブルトップ – ニュージーランド準備銀行 政策金利決定 :50bps引き上げて2.00%とする予想

2:00: ドイツ – GDP : 前四半期対比0.2%で横ばいを予想.

8:30: 米国 – コア耐久財受注 : 1.2%から0.6%への低下を予想

10:30: 米国 – 原油在庫量 : -3.39Mから1.383Mへの増加を予想

8:30: 米国 – GDP : -1.4%で横ばいを予想

8:30: 米国 – 新規失業保険申請件数 : テクニカル分析におけるダブルトップ 218千件から213千件への低下を予想

8:30: カナダ – コア小売売上高 : 2.1%から2.0%への低下を予想

21:30: 豪州 – 小売売上高 : 1.6%から1.0%への低下を予想

8:30: 米国 – コア個人消費支出 : 前年同月比5.2%から4月は4.9%に低下を予想

主要4株価指数はすべて上昇し、7週連続の下降に歯止め ドルは再び下落 金は上昇 <<166|S&P500>とダウ工業株30種平均の両方が先週金曜日に2020年1.

☆ テクニカル分析 ☆ 日経平均 テクニカル分析におけるダブルトップ 下値を試す動きになりそうだ。目先的な過熱感を冷ますということで25日移動平均線や基準線で下げ止まるのかどうかが注目される。 ☆ 相場雑感 ☆ .

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

テクニカル分析におけるダブルトップ
日経平均株価27,273.50+491.82+1.84%
日経225先物 (F)27,278.0+118.0+0.43%
韓国総合株価指数2,664.36+26.31+1.00%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,462.19+230.90+1.62%
S&P/ASX 2007,247.20+64.50+0.90%
米ドル指数101.582-0.071-0.07%
テクニカル分析におけるダブルトップ
1,851.66+0.36+0.02%
原油 WTI115.83+0.76+0.66%
22.075-0.021-0.10%
米国綿花2番139.20-1.41-1.00%
排出権83.98-0.78-0.92%
米国シカゴコーン776.00+11.テクニカル分析におけるダブルトップ 60+1.52%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
ドル/円127.06-0.06-0.04%
ドル/ウォン1,250.06-8.31-0.66%
ユーロ/ドル1.0744+0.0017+0.16%
ユーロ/円136.50+0.15+0.11%
トルコリラ/円7.7785-0.0412-0.53%
豪ドル/円91.16+0.43+0.47%
ポンド/円160.62+0.26+0.16%
テクニカル分析におけるダブルトップ テクニカル分析におけるダブルトップ
大塚ホールディングス4,385.0+54.0+1.25%
ソフトバンクグループ5,355.0+14.0+0.26%
トヨタ自動車2,101.5+17.5+0.84%
三菱UFJフィナンシャル・グループ736.7-2.1-0.28%
ブイ・テクノロジー2,893.0+67.0+2.37%
東芝5,845.0+85.0+1.48%
みずほフィナンシャルグループ1,531.0+9.5+0.62%

NYの視点:9月時点で米利上げ停止の可能性?

27日のNY市場は上昇

今週のマーケットにおける注目点トップ5

米国株式市場は大幅続伸、物価上昇率の鈍化を好感(27日)

アングル:米成長鈍化、株価にプラスか 金融引き締めに楽観論

ダウンロードするApp store

リスク開示書: テクニカル分析におけるダブルトップ 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media テクニカル分析におけるダブルトップ および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる