成功させるコツは

弱気相場の定義

弱気相場の定義

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2020/1/21~2020/3/11)

弱気相場の定義

単刀直入に申しますが、現在、世界経済は恐慌へと落ちて行く崖っぷちに立たされています。
今年の2月と10月に米国株が急落しました。
しかし、これは来たるべき、恐ろしい下落相場の前兆の前兆に過ぎないと私は感じています。
少し、恐ろしい話をします。
実は、前述した今年の2月と10月の米国株の下落は、
ニューヨーク・ダウ平均の1日の下げ幅としてはトップ3を独占しています。
そのトップ3は、以下の通りです。

  1. 2018年2月5日……1,175.21ドル
  2. 2018年2月8日……1,032.89ドル
  3. 2018年10月10日……831.83ドル

ところがトップ3の下げ幅を記録したにも関わらず、
米国株は弱気相場に突入しませんでした。
2月のケースは、調整で済んでいます。
ちなみに、調整の定義は直近の高値から10%以上の下落で、
弱気相場の定義は直近の高値から20%以上の下落とされています。 弱気相場の定義
米国株は2009年3月に強気相場に転換して以来、
一度たりとも弱気相場を経験していません。
これは史上最長の強気相場であり、調整もたった4度しか経験していないのです。
バブルとは、弾けてみて初めてバブルだったことが判明しますが、
それでも現在の米国株にはバブルの疑いが濃厚です。
私は来年(2019年)の後半か、再来年に深刻な下落相場が訪れると踏んでいます。
ただし、それまでにメルトアップ(最後の上昇)を演じる可能性もあると見ています。
日経平均で言うと、25,000円でしょうか。
ダウなら27,500~30,000ドルも考えられます。
そうした局面を1~2度経て、大きな暴落につながって行く。
その原因としてまず考えられるのが、中国経済の失速です。
中国政府は少し前までデレバレッジ(債務圧縮)を推進していたようですが、
貿易戦争などの影響によって風向きが変わったため、
直近では金融・財政政策が共に緩和方向へと傾いているように思います。
地方政府を筆頭に、日本に接近してきているとの報道がなされていますが、
これはよほど困っているという証左でしょう。
中国のほかにもオセアニア(オーストラリア+ニュージーランド)とカナダの不動産バブル、
そして米国の第二次ハイテク・バブルも気になります。
私は、世界経済の崩壊は避けられないと考えていますが、
最近は世界経済の破綻に賭ける方法はないかと模索してきました。
そこで導き出されたのが「オプション」です。
より具体的には、「日経225オプション」で相場の荒波に乗るという方法です。
詳細に関しては、11月に本が出版されるのでぜひ読んでみてください。
『100万円を6ヵ月で2億円にする方法!』(第二海援隊刊)というタイトルです。
日経平均が10年に1度の暴落(もしくは暴騰)を演じた際、
オプションを使えば少ない手取りで大金を手にすることも夢ではありません。
興味のある方は、ぜひ本を読んでみてください。
ちなみに、史上3番目の下げ幅となった10月10日の下落は、率にして3.2%に過ぎませんが、
1929年のブラック・サーズデーは12.8%、1987年のブラック・マンデーは22.6%も下げています。
これを現在のダウに当てはめると、1日に3,000~5500ドルも動くということになります。
こうした衝撃的な相場が、来年か再来年に起こる可能性があるのです。

パンデミックに逆オイルショック?--恐怖心と向き合う投資戦略

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2020/1/21~2020/3/11)


出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2020/1/21~2020/3/11)

図表2:株価市場が不安視する「パンデミック・リセッション」

出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017/7~2020/2)


出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(2017/7~2020/2)

次ページ以降の閲覧はCNET_IDへのログインが必要です。
一度ログインし特別な設定をしない限りその後一定期間ログインせずに記事を閲覧することができます。
CNET_IDの登録 は約1分程度で簡単に登録でき、最新情報をメールマガジンとして受け取ることもできます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ざんねんなセキュリティ--機能しないIDS/IPS

「富士通が変わりだした」--福田CIOがDXで重視する体験の取り組み

メインフレームを作り続けるIBM、クラウドシフトを進める富士通、それぞれの思惑とは

グーグル、「Cloud TPU VM」を一般提供

グーグル、「Cloud TPU VM」を一般提供

  • ウェブ会議「Zoom」、同時通訳を開発--クラウドPBXの年内提供目指す

関連ホワイトペーパー

  • IDを起点に経営課題の解決を図る、事業基盤を築くためのIT投資に欠かせないID管理とは
  • ある日突然、ひとり情シスに任命されたら?最初の30日間で確認することを解説
  • Withコロナ時代における、ひとり情シスの最適な「テレワーク実践法」とは?
  • 企業文化の変革に欠かせない3つの“P”とは? DX支援の専門家に聞く。
  • リモートワーク環境の構築と新たな課題の解決--人材会社ならではのAVD+アルファの提案
  • 先が読めない時代にあって“強い企業”となるための、中長期的なITインフラのロードマップを描く
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • 弱気相場の定義 弱気相場の定義
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 弱気相場の定義
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 弱気相場の定義 弱気相場の定義 弱気相場の定義
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • シリコンバレーで起業する(1)--「英語も話せない。お金もない」渡米から事業立ち上げまで
  • 「リアル」を共有するSNS「BeReal」を試してみた--インスタ映えへのアンチテーゼ
  • ビジュアル探索ツールのPinterest、広告事業を開始--未来志向の「ポジティブ」な広告を
  • 空飛ぶクルマの課題を「人が飛んで」検証--加賀市上空200m、パラモーターで1時間飛行
  • 「Windows 11」で期待されながら実現しなかった機能

ホワイトペーパー

クラウドリフトの課題をまるごと解消するVMware Cloud on AWSの国産マネージドサービス

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA 弱気相場の定義 Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

中国株:香港市場で勝つ法則 主力銘柄のなかからバリュー株を探し出す

・H株指数 4880.12 ▼20.67/▼0.42% 石油関連株が引き続き好調。中国石油天然気(0857)はざら場で上場来初めて6HKドルを突破する場面があったほか、中国海洋石油(0883)も前場で過去の高値を更新するなど、相場を支えた。 ただ、大引け直前に大口売りが出て、中国石油天然気は6HKドルを割って本日の取引を終了している。 ・米ドル円為替 111.91 - 111.95 上昇し続けてますね~ ●ウォール街で勝つ法則 第18章主力銘柄のなかからバリュー株を探し出す ~基本のバリュー投資戦略~ まだまだ、ダウやS&P500、日本だと日経平均といった大型株指標とはまったく違ったリスクを伴う投資戦略を採用することに、不安を感じる投資家は多いみたいです。 指標を上回るパフォーマンスを上げたいとは思っているものの、それに伴う価格の変動に耐えられる自信がない。 相場が上昇しているときにポートフォリオが損失を抱えているなんて耐えられません。 このような投資家は結局、株価指数に連動するインデックス・ファンドに落ち着くことが多いみたいです。 弱気相場の定義 弱気相場の定義 ・S&P500指数連動型運用に代わる投資法 実は、S&P500種指数連動型運用に代わる投資法が存在します。 これまでのデータによると、特に高配当利回り銘柄などのバリュー指標が魅力的な主力銘柄で構成されるポートフォリオなら常に市場に勝っています。 しかもリスク水準も市場とほとんど変わりません。 主力銘柄とは知名度の高い大企業で、売上高は平均を大きく上回ります。 キャッシュフローも潤沢で、大量の株式が市場に出回っているものが多い。 このため、市場全体よりも価格変動性がかなり低いです。 配当利回りについて検証したときは大型株に限って使用したほうがよいことを勉強しました。 主力銘柄と組み合わせれば、市場とほぼ変わらないリスク水準でパフォーマンスを飛躍的に向上することができました。 それでは主力銘柄の定義を整理してみます。 1.大型株グループから抽出したもの。 2.コンピュスタットの平均銘柄よりも発行済み普通株式株数が多い。 3.1株当りキャッシュフローがコンピュスタットの平均値を上回る。 4.売上高がコンピュスタットの平均値の1.5倍。 公益事業株を含めるとポートフォリオを独占してしまう恐れがあるため、除外しています。 ・低PERはパフォーマンスの押し上げ要因 まず、高PERだとさすがの主力銘柄でもパフォーマンスは低迷しています。 しかし、低PERとなるとまったく違ってきてリターンが増大します。 複利ベースのリターンは14.94%ですが、低PERの割には若干、標準偏差は高めです。 ・高い配当利回りもさらに良好 主力銘柄でリターンが最大なのは、配当利回りの最も高い銘柄です。 主力銘柄グループから配当利回り上位銘柄を購入すると、大型株グループに投資した場合の4倍のパフォーマンスが上げられ、さらにリスクはほとんど変わりません。 複利ベースのリターンは15.44%で、標準偏差も大型株に比べてわずかに高いだけです。 シャープレシオはこれまで見てきた戦略のなかで最高で、ローリスク・ハイリターン投資になっています。 この戦略で並外れてすばらしいことは過去11年間の弱気相場でも8年間は大型株を上回り、5年間はリターンがマイナスになることはありませんでした。 このように相場下落時のリスクがかなり抑えられています。 では、強気相場では大型株のパフォーマンスを下回るのではと思ったのですが、市場の上昇率が25%を越えた14年のうち、9年も大型株を上回りました!! ・結論 知名度が高く、業界トップの大企業は低PERや低PCFRなどのバリュー指標を使って選別すれば、すばらしい投資対象が見つかります。 しかし、最も有効な指標は配当利回りです。 高配当利回りの主力銘柄を購入した場合のリターンはホント飛びぬけていますね。 知名度の高い大企業にこだわりながら、大型株グループの4倍のリターンですし、強気相場では大型株を上回り、弱気相場では下落を抑える働きを持っています。 株価指数連動型投資であるハンセンH株指数ETFに興味があったのですが、こちらの戦略を採用するのが賢明ですね。

弱気相場での取引 eToro

ベアーマーケット eToro

一般に弱気相場とは、市場の資産価格が以前の高値から 弱気相場の定義 20% 以上下落し、強気相場とは逆の状態を指します。 投資家はポートフォリオの価値が下落し、その結果、管理しなければならない損失に直面する可能性が高い. たとえば、経済全体の減速、金融情勢の変化、主要なセクター固有の変化など、弱気相場が発生するさまざまな理由があり、同様にさまざまな期間が続く可能性があります。 弱気市場の状況は、多くの場合、市場のベンチマークと見なされる S&P500 やダウ ジョーンズなどの最大の市場インデックスを通じて追跡されます。

(注:続行する前に、 免責事項 このウェブサイトに掲載されている会社が提供する取引商品は高レベルのリスクを伴い、すべての資金を失う可能性があること。 CFDは複雑な商品であり、補足的な収益を提供することが保証されることはありません。 実際には、 全個人投資家の約68%がCFDの取引中に損失を経験しました. を使用する前に、このことを忘れないでください。 eToro 自分でプラットフォームを作成します。 このウェブサイトにあるすべての情報 は公式の取引アドバイスではなく、示されているすべての慣行はデモアカウントの使用のみを目的として参照されています。)

ベアマーケットでの取引

感情的な取引

弱気相場 eToro

弱気市場は、感情を一定に保つための最も困難な市場条件のXNUMXつですが、恐怖や貪欲などの感情を投資決定から分離できることが不可欠です. 弱気市場での取引に関連する取引の大きな課題の XNUMX つは、価格が下落し始めた後、実際にどこまで下落する可能性があるかを予測することです。

金融市場は非常に不安定で、当時は世界的な危機と思われるかもしれませんが、数日間の一時的な落ち込みに過ぎないかもしれません。 実際、弱気相場に対処するためのアプローチの 弱気相場の定義 XNUMX つは、「死んだふりをして」何もせず、突然の取引の計算ミスを避け、冷静さを保つことです。 金融市場では、これは多くの場合、ポートフォリオ保有の一部を、マネーマーケット証券などの短期の満期を持つ流動性の高い資産に変えることを意味します。 多くの投資家は、弱気相場の間、単に現金を保有することを選択します。 一方で、価格が再び回復し始めたときに、あまりにも長い間待っていると、機会を逃してしまう可能性があります。 最良のタイミングテクニックを特定し、弱気市場でポジションを管理することは非常に困難ですが、正しいアプローチで素晴らしい機会を提供することができます.

多様化により、「すべての卵をXNUMXつのバスケットに入れる」という問題が回避されます。 ポートフォリオの一部を異なる資産クラスに分散することで、資産の XNUMX つが価値を失うことに伴うリスクを軽減できます。 たとえば、コモディティが比較的好調であるのに株式市場が大幅な下落に直面している場合、株式保有による損失は、コモディティからの利益によって少なくとも部分的に相殺される可能性があります (これは、もちろん、分散化がどのように機能するかの一例に過ぎません)。 . eToro は、さまざまな企業の株式だけでなく、インデックス、コモディティ、ETF などのさまざまなクラスの商品も提供しています。

弱気市場の多様化 etoro

弱気相場で値上がりする資産に注目

このアプローチには、景気後退時に好業績をあげる非循環型 (ディフェンシブとも呼ばれる) 銘柄をターゲットにすることが含まれます。 多くの場合、そのような株式は、市場の状況に関係なく、安定した配当利回りと一貫した収益をもたらします。 たとえば、食品やパーソナルケア産業 (およびその他の非耐久消費財) などの必須製品を生産する企業の株は、市場全体の下落に比べて業績が良い場合があります。 その理由は、人々が市場の状況に関係なくこれらの製品を使い続けているため、会社の価値や株価がそれほど大きな影響を受けないという事実にあります。

ショートセール

空売りは、弱気市場で利益を得る可能性のある方法の XNUMX つですが、リスクを伴う非常に危険なアプローチであり、金融​​市場の動きを十分に理解する必要があります。 空売りとは、ブローカーから借りた株やETFを売却することで、その価値がさらに下がることを期待して、近い将来、より低い価格で買い戻すことを意味します。 eToro を使用して、さまざまな資産クラスのショート ポジションを開くことができます。 CFD取引 さまざまなレベルの 活用する、下の画像のように。 (CFDは複雑な商品であり、レバレッジのために急速にお金を失うリスクが高いことに注意してください.このプロバイダーでCFDを取引すると、個人投資家のアカウントの67%がお金を失います.お金を失う高いリスクを負う余裕があります。)

弱気相場 eToro

空売りには、利益を増幅できるマージンでの取引が含まれますが、市場が再び上昇し始めた場合、同様に簡単に損失につながる可能性があります。 幸いなことに、 eToro いくつかを提供しています リスク管理 トレード管理を支援する基本的なストップロスレベルなどのツール。 空売りは、市場が予想通りに下落し、資産がさらに低い値で取引された場合にのみうまく機能します。 たとえば、100株を80ドルで空売りし、株価がXNUMXドルまで下がった場合、その株をより安い価格で購入して、空売りポジションをクローズすることができます。 これらの価格の差は、あなたとあなたの間で決済されます eToro. また、翌日までポジションをオープンにしておく場合のオーバーナイト手数料などのCFD取引に関連する手数料や、口座への証拠金取引の可能性にも注意してください。

ショート ETF とも呼ばれるインバース ETF は、複製された特定のインデックスの反対の取引を行います。たとえば、インデックスがロングになるとショート ポジションになります。 これにより、インデックスに対して反対のリターンが発生します。 弱気相場の定義 弱気相場の定義 たとえば、インデックスの値が上がるとインバース ETF は値下がりし、インデックスが下がるとそのような ETF は値上がりします。 この種の逆の関係は、弱気市場から利益を得たい、または市場の低迷時にロングポジションをヘッジしたい投資家に機会を提供する可能性があります。

ショートETF etoro

ドルコスト平均法を利用する

あなたが長期投資家である場合、弱気市場はいくつかの機会を提供することさえあります. ドルコスト平均 あなたの投資テクニックとして。 ドルコスト平均法では、投資家が一定の金額を定期的に株式を購入するために費やすことを覚えておいてください。 市場が低迷している場合、ドルコスト平均法の投資家は、その特定の金額に対してより低い価格でより多くの株式を購入することになります。つまり、長期的には、この株式の価格は平均して低くなります。

実際、弱気相場は、ドルコスト平均法を戦略として採用する投資家だけにチャンスを提供するわけではありません。 ウォーレン·バフェット かつて、景気後退期にある市場は、他の方法ではより高く評価されている「良い」企業の株価が他の市場で下落するため、しばしば購入の機会を提供することができると言われました。 このアプローチの背後にある考え方は、市場全体が再び回復し始めた後、これらの株式は実際の価値に戻るというものです。

おそらく、弱気市場で活動するための最終ステップは、失う余裕がある分だけ投資することを忘れないことです。 市場の低迷のせいで、貯金や住宅ローンがなくなってしまうのは避けたいものです。 トレーディングや投資には常に資本損失のリスクが伴うため、失う準備ができている資本のみを使用することが重要です。 うまくいけば、このガイドが弱気市場で可能な戦略に関するアイデアを提供し、引き続き楽しんでいただけることを願っています. 取引 eToro。 頑張ってください!

私たちをサポートしています 使用して、 弱気相場の定義 eToro サインアップフォーム 下に⬇️

etoro サインアップフォーム

さらに、あなたは 無料のデモアカウント! ありがとうございました! ??

下げ相場で利益を狙う投資① 弱気相場の定義 ベア型ファンド 主なベア型投資信託・インバース型ETFをご紹介

ブル型・ベア型


株式投資の世界では上げ相場(強気相場)をブル(雄牛)、下げ相場(弱気相場)をベア(熊)と呼ぶことがある

ブル型・ベア型の中には、株価指数の2倍以上の値動きになるように設計されているものもあります。大きく値動きするように設計することで、少額の投資で大きなリターンを狙うことが可能です。もちろん、相場が予想と逆方向に動けば大きな損失が出る可能性もあるので、投資する際には注意が必要です。

主なベア型投資信託一覧

主なベア型投資信託は以下の通りです。通常のインデックスファンドと比べると、信託報酬が高く設定されていることも特徴です。

弱気相場の定義
投資信託名 運用会社 信託報酬
(税込み)
T&Dダブルブル・ベア・シリーズ7
(ナスダック100・ダブルベア7)
T&Dアセット
マネジメント
実質
1.184%程度
日本トレンド・セレクト
<リバース・トレンド・オープン>
日興アセット
マネジメント
1.012%
野村ブル・ベア セレクト8
(米国株スーパーベア8)
野村アセット
マネジメント
1.155%
One 日本株ダブル・ベアファンド アセット
マネジメントOne
0.935%
SBI 日本株3.7ベアIII SBIアセット
マネジメント
0.913%
SBI 日本株3.8ベア SBIアセット
マネジメント
0.913%
ダイワ・ブルベア・ファンド6
ベア2倍日本株ポートフォリオ6
大和アセット
マネジメント
1.023%
楽天日本株3.8倍ベア 楽天投信投資顧問 1.243%
楽天日本株トリプル・ベアIV 楽天投信投資顧問 1.023%
野村 ハイパーブル・ベア8
(日本ハイパーベア8)
野村アセット
マネジメント
1.122%

ETFでは「インバース型」と呼ばれる

主なインバース型ETF一覧

弱気相場の定義 弱気相場の定義
コード ETF名 運用会社信託報酬
(税込み)
1356 TOPIXベア2倍上場投信 シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.825%
1357 NEXT FUNDS 日経平均
ダブルインバース・インデックス
連動型上場投信
野村アセット
マネジメント
0.880%
1360 日経平均ベア2倍上場投信 シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.825%
1366 ダイワ上場投信-日経平均
ダブルインバース・インデックス
大和アセット
マネジメント
0.825%
1368 ダイワ上場投信-TOPIX
ダブルインバース(-2倍)指数
大和アセット
マネジメント
0.825%
1456 ダイワ上場投信-日経平均
インバース・インデックス
大和アセット
マネジメント
0.825%
1457 ダイワ上場投信-TOPIX
インバース(-1倍)指数
大和アセット
マネジメント
0.825%
1459 楽天ETF-日経ダブルインバース
指数連動型
楽天投信投資顧問 0.385%
1465 ダイワ上場投信-JPX日経400
インバース・インデックス
大和アセット
マネジメント
0.弱気相場の定義 825%
1466 ダイワ上場投信-JPX日経400
ダブルインバース・インデックス
大和アセット
マネジメント
0.825%
1468 JPX日経400ベア
上場投信(インバース)
シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.825%
1469 JPX日経400ベア2倍
上場投信(ダブルインバース)
シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.825%
1471 NEXT FUNDS JPX日経400
インバース・インデックス
連動型上場投信
野村アセット
マネジメント
0.880%
1472 NEXT FUNDS JPX日経400
ダブルインバース・インデックス
連動型上場投信
野村アセット
マネジメント
0.880%
1569 TOPIXベア上場投信 シンプレクス・
アセット・マネジメント
0.825%
1571 NEXT FUNDS 日経平均
インバース・インデックス
連動型上場投信
野村アセット
マネジメント
0.880%
1573 中国H株ベア上場投信 シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.935%
1580 日経平均ベア上場投信 シンプレクス・アセット・
マネジメント
0.825%

ベア型は長期投資には向かない。あくまで下げ相場の「回避策」

世界的に経済成長が続く上昇局面の相場であれば、下落局面で利益が出るベア型を長く保有するほど、損失が徐々に増えていくことになります。そのため、普段は経済成長の恩恵を受けられる通常の投資信託やETFに投資することが、資産運用の基本といえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる