プロが徹底解説

損切り(ストップロス注文)

損切り(ストップロス注文)

損切り(ストップロス注文)

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.損切り(ストップロス注文) 00円の指値で買付の注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になると約定します。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になると約定します。

トリガー注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、122.00円のトリガで買付の注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が発注されます。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、118.00円のトリガで売却の注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が発注されます。

If Done注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円の指値で売却の第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円の指値で買付の第2注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、売却注文が成立します。その後、【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で買付注文が成立します。この場合は、先に【売気配】(買付レート)が118.00円になったとしても、注文は成立しません。

OCO注文

例)買い注文の場合
現在の米ドル/円の【売気配】(買付レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル118.00円の指値で買付したいが、1米ドル122.00円を超えたらさらに円安が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル118.00円以下になったら指値で買付、または1米ドル122.00円以上になったらトリガで買付」といった注文を一度に出すことができます。
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円のトリガで買付の第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、第1注文の買付注文が成立し、第2注文の買付注文は取消されます。また、【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、第2注文の買付注文が成立し、第1注文の買付注文は取消されます。

例)売り注文の場合
1米ドル120.00円の買ポジションを保有しており、現在の米ドル/円の【買気配】(売却レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル122.00円の指値で売却したいが、1米ドル118.00円より下落したらさらに円高が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル122.00円以上になったら指値で売却、または1米ドル118.00円以下になったらトリガで売却」といった注文を一度に出すことができます。
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.00円のトリガで売却の第2注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、第1注文の売却注文が成立し、第2注文の売却注文は取消されます。また、【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、第2注文の売却注文が成立し、第1注文の売却注文は取消されます。

IfDoneOCO注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)122.00円のとき、120.00円の指値で買付のIF注文、Done注文として122.00円の指値で売却のOCO第1注文、118.00円のトリガで売却のOCO第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が120.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上、または118.00円以下になった時点で売却注文が成立します。

トレール注文

1.米ドル/円が98.00円のときに買ポジションに対して、トレール幅を10pipsに設定(執行基準価格97.90円)
2.為替レートが思惑通りに動いたため、執行基準価格の追随を開始します。
3.相場が不利な方向に変動しましたが、執行基準価格はそのままです。
4.相場が有利な方向に変動したので、再び執行基準価格の追随を開始します。
5.その後相場が急落し、トリガー注文執行基準価格に到達したためトリガー注文が執行されました。

自動売買注文の注意事項

■自動売買の新規注文
カウンター(「カウンター」とは、最初の新規注文に対する決済注文約定後、「当該決済注文の取引価格からあらかじめ指定した値幅に取引手数料を加味した価格」または「あらかじめ指定した価格」により、再度自動で行う新規の指値注文をいいます。以下、同様。)およびフォロー(「フォロー」とは、最初の新規注文に対する決済注文約定後、当該決済注文の約定価格からあらかじめ指定した値幅に発注時のスプレッドを加味した価格」により再度自動で行う新規の逆指値注文をいいます。

  • カウンター(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合(通常)
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格110円-カウンター値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • フォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合(通常)
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、フォローによる新規逆指値注文(110.損切り(ストップロス注文) 51円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+フォロー値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 新規注文の価格が当社価格を挟んでいた場合(通常)
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格110円-カウンター値50pips)、フォロー値による新規逆指値注文(110.51円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+フォロー値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンター(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合(通常)
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格109円+カウンター値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • フォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合(通常)
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、フォローによる新規売り逆指値注文(108.49円=取引価格109円-スプレッド「1pipsとする」-フォロー値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンターとフォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を挟んでいた場合(通常)
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格109円+カウンター値50pips)、フォローによる新規逆指値注文(108.49円=約定価格109円-スプレッド「1pipsとする」-フォロー値50pips)が発注されます。
    ※手数料は考慮しておりません。

■「自動売買」、「決済注文の同時発注設定をしているマニュアル注文」の決済注文

  • 新規注文約定後、決済の売り指値注文発注時に当社価格が指定価格を上回っていた場合、決済注文は指定価格で約定します(当社価格よりも不利に約定します)。また、新規注文約定後、決済の売り逆指値注文発注時に当社価格が指定価格を下回った場合、決済注文は注文受信時の当社価格で約定します。
  • 価格が109円に下がった後すぐ111円まで上がる場合
    109円の新規買い注文が約定後、利確幅による売り指値の決済注文(110円=取引価格109円+利確幅100pips)、損切幅による売り逆指値の決済注文(107.99円=取引価格109円-スプレッド「1pipsとする」-損切幅100pips)を発注する際に、当社価格(111円)が既に売り指値決済注文の指定価格(110円)を上回っているため、当社価格(111円)より不利な価格、売り指値決済注文の指定価格(110円)で約定します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 価格が一気に107.50円まで下落する場合
    109円の新規注文が約定後、利確幅による売り指値の決済注文(110円=取引価格109円+利確幅100pips)、損切幅による売り逆指値の決済注文(107.99円=約定価格109円-スプレッド「1pipsとする」-損切幅100pips)を発注する際に、当社価格(107.50円)が既に売り逆指値決済注文の指定価格(107.99円)を下回っているため、売り逆指値決済注文の指定価格(107.99円)より不利な価格、決済注文受信時の当社価格(107.50円)で約定します。※手数料は考慮しておりません。
  • 新規注文約定後、決済の買い指値注文発注時に当社価格が指定価格を下回っていた場合、決済注文は指定価格で約定します(当社価格よりも不利に約定します)。また、新規注文約定後、決済の買い逆指値注文発注時に当社価格が指定価格を上回っていた場合、決済注文は注文受信時の当社価格で約定します。
  • 価格が110円に上がった後すぐ108円まで下がる場合
    110円の新規売り注文が約定後、利確幅による買い指値の決済注文(109円=取引価格110円-利確幅100pips)、損切幅による買い逆指値の決済注文(111.01円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+損切幅100pips)を発注する際に、当社価格(108円)が既に買い指値決済注文の指定価格(109円)を下回っているため、当社価格(108円)より不利な価格、買い指値決済注文の指定価格(109円)で約定します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 価格が一気に111.5ドルまで上がる場合
    110円の新規売り注文が約定後、利確幅による買い指値の決済注文(109円=取引価格110円-利確幅100pips)、損切幅による買い逆指値の決済注文(111.01円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+損切幅100pips)を発注する際に、当社価格(111.50円)が既に買い逆指値決済注文の指定価格(111.01円)を上回っているため、買い逆指値決済注文の指定価格(111.01円)より不利な価格、決済注文受信時の当社価格(111.50円)で約定します。
    ※手数料は考慮しておりません。

■決済直後相場が乱高下するイレギュラーな場合は、自動売買による次の新規注文は下記ルールに則り、注文の処理を行います。

  • 発注時に、カウンターにより発注される買い指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を上回っていた場合
    詳しく見る
  • 発注時に、フォローにより発注される買い逆指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を下回っていた場合
    詳しく見る
  • 発注時に、カウンターにより発注される売り指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を下回っていた場合
    詳しく見る
  • 発注時に、フォローにより発注される売り逆指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を上回っていた場合
    詳しく見る
  • 発注時に、カウンターにより発注される買い指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を上回っていた場合、システムが自動的に当該指値注文を逆指値注文に変更し、発注します。
    ※指定価格に変更はございません。
    ※カウンターとフォローを両方設定していた場合、フォローの逆指値注文は発注されません。
  • カウンター(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合
    価格が109円から110円に上がった後、すぐ109円まで下落する
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格110円-カウンター値50pips)を発注する際に、指定価格(109.50円)が既に当社価格(109円)を上回っているため、システムが自動的に指値注文を逆指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンターとフォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合
    価格が109円から110円に上がった後、すぐ109円まで下落する
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.損切り(ストップロス注文) 50円=取引価格110円-カウンター値50pips)、フォローによる新規逆指値注文(110.51円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+フォロー値50pips)を発注する際に、新規指値注文の指定価格(109.50円)、新規逆指値注文の指定価格(110.51円)が既に当社価格(109円)を上回っているため、システムが自動的にフォローによる新規逆指値注文(110.51円)は発注せず、カウンターによる新規指値注文(109.50円)を逆指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 発注時に、フォローにより発注される買い逆指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を下回っていた場合、システムが自動的に当該逆指値注文を指値注文に変更し、発注します。
    ※指定価格は変更されません。
    ※カウンターとフォローを両方設定していた場合、カウンターの指値注文は発注されません。
  • フォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合
    価格が109円から一気に111円まで上がる
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、フォローによる新規逆指値注文(110.51円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+フォロー値50pips)を発注する際に、指定価格(110.51円)が既に当社価格(111円)を下回っているため、システムが自動的に逆指値注文を指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンターとフォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合
    価格が109円から一気に111円まで上がる
    利確幅による売り指値の決済注文(110円=建玉価格109円+利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格110円-カウンター値50pips)、フォローによる新規逆指値注文(110.51円=約定価格110円+スプレッド「1pipsとする」+フォロー値50pips)が発注時に、新規指値注文の指定価格(109.50円)、新規逆指値注文の指定価格(110.51円)が既に当社価格(111円)を下回っているため、システムが自動的にカウンターによる新規指値注文は発注せず、フォローによる新規逆指値注文を指値注文に変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 発注時に、カウンターにより発注される売り指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を下回っていた場合、システムが自動的に当該指値注文を逆指値注文に変更し、発注します。
    ※カウンターとフォローを両方設定していた場合、フォローの逆指値注文は発注されません。
  • カウンター(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合
    価格が110円から109円に下がった後、すぐ110円まで上昇する
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格109円+カウンター値50pips)を発注する際に、新規指値注文の価格(109.50円)が既に当社価格(110円)を下回っているため、システムが自動的に指値注文を逆指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンターとフォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を下回っていた場合
    価格が110円から109円に下がった後、すぐ110円まで上昇する
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格109円+カウンター値50pips)、フォローによる新規逆指値注文(108.49円=約定価格109円-スプレッド「1pipsとする」-フォロー値50pips)が発注時に、新規指値注文の指定価格(109.50円)、新規逆指値注文の指定価格(108.49円)が既に当社価格(110円)を下回っているため、システムが自動的にフォローによる新規逆指値注文は発注せず、カウンターによる新規指値注文を逆指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • 発注時に、フォローにより発注される売り逆指値注文の指定価格と当社価格を比較し、指定価格が当社価格を上回っていた場合、システムが自動的に当該逆指値注文を指値注文に変更し、発注します。
    ※指定価格は変更されません。
    ※カウンターとフォローを両方設定していた場合、カウンターの指値注文は発注されません。
  • フォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合
    価格が110円から一気に108円まで下がる
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、フォローによる新規売り逆指値注文(108.49円=取引価格109円-スプレッド「1pipsをとする」-フォロー値50pips)を発注する際に、新規逆指値注文の価格(108.49円)が既に当社価格(108円)を上回っているため、システムが自動的に逆指値注文を指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。
  • カウンターとフォロー(次の新規注文)の指定価格が当社価格を上回っていた場合
    価格が110円から一気に108円まで下がる
    利確幅による買い指値の決済注文(109円=建玉価格110円-利確幅100pips)が約定後、カウンターによる新規指値注文(109.50円=取引価格109円+カウンター値50pips)、フォローによる新規逆指値注文(108.49円=約定価格109円-スプレッド「1pipsをとする」-フォロー値50pips)が発注時に、新規指値注文の指定価格(109.50円)、新規逆指値注文の指定価格(108.49円)が既に当社価格(108円)を上回っているため、システムが自動的にカウンターによる新規指値注文は発注せず、フォローによる新規逆指値注文を指値注文へ変更し、発注します。
    ※手数料は考慮しておりません。

自動売買注文の変更・取消について

  • 自動売買注文で発注された注文の変更・取消には制限がございます。
    詳しくは操作マニュアルをご覧ください。
  • 決済逆指値注を変更する際も発注時のスプレッドが加味されます
  • 取引数量、決済後の次の注文のエントリー幅の変更は可能です。
  • 建玉数量の一部(5万通貨の建玉のうち1万通貨など)を決済することはできません。
  • ※ マニュアル注文で約定した建玉は、決済注文の変更・取消が可能です。

自動売買注文の稼働停止

  • 自動売買注文の稼働を停止した際に建玉を保有している場合は、その建玉には自動売買注文で設定している決済注文がそのまま有効となります。なお、手動で成行決済することも可能です。
  • 自動売買注文で約定した建玉を手動で決済する場合は、成行注文、指値注文、OCO注文を利用可能です。手動決済すると自動売買注文の連続性が断たれるため、自動売買注文の稼働は停止いたします。
  • ※ マニュアル注文で発注した建玉の決済は、指値・逆指値・成行が可能です。
  • 以下の場合は自動売買注文が稼働停止いたします。
    • 建玉を手動決済した場合
    • ロスカットが発生した場合
    • ※ 発注エラーとなった場合、再発注はされません。自動売買で成立した建玉を保有している場合は、お客様ご自身で成行決済を行っていただく必要がございます。

    注文受付可能幅(プライスリミット)

    損切り(ストップロス注文)
    利益確定 損切り フォロー値 カウンター値
    上昇 1pips~ -20pips~ 5pips~ -5pips~
    下降 -5pips~ 5pips~

    ※上記範囲外および基準価格に対し、99%を超える価格の指値・逆指値注文はエラーとなります。
    ※各設定値の入力上限値は、99999.9または-99999.9となります。
    ※基準価格は、買いの場合は画面上のAsk(買う価格)、売りの場合は画面上のBid(売る価格)となります。

    商品の費用・リスクについて
    当社ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
    当社は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

    商号等/インヴァスト証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号/関東財務局長(金商)第26号
    加入協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会
    当サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。
    当サイトは当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

    All Rights Reserved,Copyright(C)INVAST Securities Co.,Ltd.

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる