オプション取引

キャッシュマネージメントシステム

キャッシュマネージメントシステム

キャッシュマネージメントシステム

CMSとBMS(Block Management System)はどう違う?それぞれの特徴や効果的な活用シーンを解説します

CMSとBMS(Block キャッシュマネージメントシステム Management System)はどう違う?それぞれの特徴や効果的な活用シーンを解説します

KARTE Blocksは、サイトをブロックの集合体として捉え、ブロックごとに直感的なサイト管理を実現するプロダクトです。
更新・管理が効率的にできるのはもちろん、サイトの成長を実現するための分析、ABテスト、パーソナライズまで、ワンストップかつノーコードで誰でも簡単に行うことができます。
私たちは、KARTE Blocksが実現するこのような新しいサイト管理のアプローチを「BMS(Block Management System)」と定義しています。
BMSについて、詳しく知りたい方は先にこちらの記事をご確認ください。

さて、BMSと似た言葉で「CMS(Content Management System)」がありますが、今回はBMSとCMSの違いや、それぞれの効果的な活用シーンについてご紹介していきます。

CMSは運用しやすいサイトの土台を作るもの

CMSとは「Contents Management System」(コンテンツマネジメントシステム)の略で、サイトを構成するテキストや画像、テンプレートなどを効率よく管理することができるシステムです。

1. 日々の更新業務が効率化される

2. テンプレートを利用し、統一性のあるウェブサイトを運用できる

3. 管理機能により複数人での運用も効率的に行うことができる

ウェブサイトの新規構築時やリニューアル時 に、目的や利用シーンにあったCMSを導入することで、将来にわたり運用しやすいサイトを作ることができます。CMSは運用しやすいサイトの土台をつくるもの と言えるでしょう。

BMSは変化に対応しながら、サイトを継続的に成長させていくもの

一方で、BMSは 既存のサイトにタグを1行追加するだけ で、サイトのあらゆる要素をブロック化し、更新・管理することができるのはもちろん、サイトの成長を実現するための分析やABテスト、パーソナライズまで、ワンストップかつノーコードで誰でも簡単に行うことができる、今までにない新しいサイト管理システムです。

bms-cover (1)

このようにBMSを活用することで、変化に柔軟に対応したサイト運用と、成長のための改善PDCAの両方に継続的に取り組むことができます。BMSは変化に対応しながら、サイトを継続的に成長させていくもの と言えます。

CMSとBMSをどのように使い分けるか

これまでご説明してきたように、CMSとBMSは利用目的や強みが異なります。
現状のサイトの課題や何を実現したいかによってどちらが適しているかを判断し、使い分けることが重要です。
また、目的やシーンによってはCMSとBMSの両方の良さを生かして、組み合わせて利用することも可能です。つまり、CMSで構築したサイトにBMSを組み込む、というイメージです。(以下の「BMSの効果的な活用シーン」でもご紹介します)

CMSの特徴・得意領域

  • 運用しやすいサイトの土台を作るもの
  • 導入にあたり、事前の設計と実装が必要
  • サイト・ページの新規構築ができる
  • テンプレートを利用し、統一性のあるウェブサイトを構築・運用できる
  • 予め設計・実装されたページやエリアは、専門知識がなくても更新・管理が可能

BMSの特徴・得意領域

  • 変化に対応しながら、サイトを継続的に成長させていくもの
  • 導入は、既存のサイトに後からタグを一行設置するだけ
  • サイト内のあらゆる要素をブロック化して更新・管理が可能なので、変化に柔軟に対応できる
  • サイト・ページの新規構築はできない
  • ブロックごとのデータ分析、ABテスト、パーソナライズといった、サイトの継続的な改善・成長を実現するための機能が利用可能

BMSの効果的な活用シーン

1. 更新に数日〜数週間かかる箇所を即時対応する

Frame 2@2x (1)

2. 課題発見から仮説検証をシームレスに、高速に

日々のウェブサイトの状態は、Google Analyticsなどの分析ツールで確認しているケースが多いと思います。ページ単位の数値計測や現状把握はそれで十分かもしれません。しかし、それだけでは改善のアクションにつながる課題発見まではなかなか難しいケースも多いのではないでしょうか。
また、改善点を見つけたとしても、それを試すにはシステム部門や制作会社に依頼する必要がありすぐに実施するのが難しいなど、サイト改善が思うように進まないことも。分析ツールと改善施策の実行ツールが分断していると改善に向けた仮説検証のアクションにつなげにくく、PDCAをうまく回すことができません。

このようなケースも、BMSで解決することが可能です。
BMSを使えば、数クリックの直感的な操作でページ上のあらゆる要素をブロック化し、ブロックごとに表示回数やクリック数、ゴール数を計測します。ブロックごとに効果の良し悪しを判断することができるので、課題発見や仮説構築をアシストします。
さらに、そうして得た気付きを元に実際に改善案を試してみようという場合にも、すぐにブロックを編集・更新でき、その結果を数値で振り返ることができるのはもちろん、パターンを複数用意してどちらがよりクリックされるかといったABテストもすぐに試すことができます。さらに端末情報や行動データを元にしたパーソナライズ配信も管理画面上の簡単な操作で実施可能です。

3. CMSとBMSを併用し、運用しやすく変化に強いサイトを作る

オンライン営業システムのベルフェイスでは、利用ユーザー向けに活用方法などを発信する「bell Portal」というメディアサイトでBMSをご利用頂いています。このメディア自体はCMSで構築されており、日々の記事更新や決められたバナーの更新などはCMSで行っています。
一方で、それ以外の枠やテキスト等の要素を変更・更新したり、コンテンツタイトルのABテストを行ったり、行動データを基にしたパーソナライズにはBMSを利用しています。

キャッシュマネージメントシステム

単なる情報発信のツールから、顧客とのつながりを創り育むデジタルマーケティングの基盤へ、 企業のWeb サイトが担うべき役割は大きく変わりつつあります。 鈴与シンワートは、Web サイトの効率的な管理に加えて、 デジタルマーケティングに必要な機能を充実させた次世代のCMS(コンテンツ管理システム)の構築基盤を提供します。 お客様のWeb サイトを、急速に変化し続けるビジネス環境に対応させながら、 マルチチャネル時代にふさわしい高機能な顧客接点へと進化させます。

サービスについて

導入支援サービス

サービスや製品の「使い方」だけではなく、お客様の「Web戦略」を確実に実現できるCMS基盤の構築サービスを提供します。 また、鈴与シンワートの数百社に及ぶ導入実績で培ったノウハウを惜しみなく提供し、 お客様にとって最適な活用方法・運用方法を提案させていただく、 「提案型の導入支援」サービスを提供します。

統合顧客情報基盤(デジタルビジネスプラットフォーム)

Heart Core

HeartCore CMSは、ウェブサイトの管理・運用に必要なすべての機能を提供します。 Webのテクノロジーは、急激なスピードで進化をしています。CMS(コンテンツ管理システム)も大きく変化しています。静的なサイトからユーザーニーズに合った情報を発信できる動的なサイトへ、スマートフォン・タブレットPCなどマルチデバイスへの対応、FacebookなどSNSサイトとの連携、複数サイトやグローバルサイトの管理、EC・CRM・ビッグデータとの連携、SEOなど売上アップのためのマーケティング機能、サイト運営のセキュリティ強化など、コンテンツを管理するシステムからコンテンツを活用するシステムに進化をしています。

「CMS」カテゴリの記事 -すべて

Web担当者は知っておきたい、次世代CMS「SaaS型CMS」って何? 強みは? 価格は? どんなサイトに向いてるの? 深掘りインタビュー!

アシストがCMS「NOREN Content Server」に31機能を加えた新バージョン6.3を提供開始

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

コネクティが企業向けクラウドCMS「Connecty CMS on Demand」を無償バージョンアップ

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

さくらインターネットがアントアントのセキュリティ特化CMS「Secure CMS」を提供開始

医療事業向けWordPress専用テーマ WIING MEDICAL正式公開

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

アップルップルがCMS「a-blog cms」で個人利用が無料の「ソロライセンス」の提供開始

トランスコスモスがSaaS型CMS「DEC CMS」でコンテンツマーケティング支援機能を提供

W3Techs 2021年6月の日本語利用 CMSシェア

無料メールフォーム作成ツール「EasyMail(イージーメール)」の有料設置サポートを法人3社限定で無料にてご提供するキャンペーンを開始

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

シェアウィズにて【新版】WordPressを使った知識ゼロからのホームページ作成講座が公開になりました!

初心者向けに「はじめてのWordPress入門講座」のオンライン講座をUdemyにて提供を開始しました。

「MovableType.net」で登録会員のみ閲覧できる認証設定を追加、限定公開機能を拡充

動画情報サイト「北浜投資塾」リニューアルの6つのポイントと、動画サイト運用の5つのコツ

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

誰でもできるノーコードアプリ開発Saas「Applimo」33分でほぼ完成ワークショップ

「WordPress入門講座 Vol.1~WordPressを使ったWebサイト制作の基本が学べる~」2/10・12・17・19@オンライン開催

WordPressをやめたことにより、開発コストは少なく、利益は大きく。生産性の高さに驚きました。

CMS選定・導入ガイド - クラウドCMS「WebRelease」詳細デモ

CMS選定・導入ガイド - クラウドCMS「WebRelease」詳細デモ

オンライン販売へ完全移行する「びゅうトラベルサービス」が「Adobe Experience Cloud」を導入した理由

2022年春に個人型旅行商品をオンライン販売へ完全移行する「びゅうトラベルサービス」。しかし、販促においては足りない部分も多かった。オンライン移行を目指し、「Adobe Experience Cloud」を導入した理由を沓名(くつな)氏に聞いた。

1月7日(木) 品質が高いコンテンツを効率的に作るために制作会社がやっていること

近年、コンテンツマーケティングが脚光をあびるようになり、自社ブログやオウンドメディアの運用に取り組む企業が増えています。 しかし、残念ながらほとんどの企業は結果を出すことができていません。 なぜ結果を出すことができないかというと、「正しい運用ノウハウ」を知らないからです。

CMSとは?初心者でもわかるCMSの基礎知識とメリット、導入事例

Sitecore Experience Platform

CMSは上記のほかに、Webページ生成の仕組みによって「静的CMS」「動的CMS」に分類されるほか、Webサイトの用途に応じて「汎用CMS」「EC用CMS」といった分け方もあります。また、オープンソース型CMS、商用パッケージ型CMSにも、製品による得意、不得意があり、一概にどのCMSが優れているとはいえません。Webサイトの構築にあたってCMSを導入する際は、RFPを提示して、Web制作会社やシステムベンダーに最適なCMSを提案してもらうのが無難です。

マーケティングツールとしての進化を遂げるCMS

マーケティングツールとしての進化を遂げるCMS

例えば、CMSのひとつである、「Sitecore Experience Platform」(CMSと「MA(Marketing Automation:マーケティング・オートメーション)」の統合ソリューション)には、「どのようにサイトに流入し、コンバージョンに至ったのか」「どのページのトラフィックが大きく、コンバージョンに寄与しているのか」といったアクセス解析機能はもちろん、BtoBマーケティングにおいて非常に重要となる、リード情報のスコアリング機能が搭載されています。MAシステムとの連携を行えば、より効果的な対面営業、メールマーケティングが可能になるでしょう。

さらに、「CRM(Customer Relationship Management:カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)」システムとの連携も可能。ユーザーのWebサイト上での行動と、CRMシステムに格納されている性別、住所、購入履歴などの情報を組み合わせて、ユーザーごとに最適化されたWebページを表示することができます。完全とはいえないまでも、Webサイト上での「One to Oneコミュニケーション」が実現しつつあるのです。

Sitecore Experience Platform

■CMS成功事例①:大日本印刷株式会社(NOREN)

■CMS成功事例②:タワーレコード株式会社(Sitecore キャッシュマネージメントシステム Experience Platform)

タワーレコード株式会社は「Sitecore Experience Platform」というCMSを導入しています。Sitecore Experience Platform以前にも、他の商用パッケージ型CMSやフルスクラッチでのCMS開発・導入を実施していたのですが、社内から「取扱商品点数に制限があって困る」「自分たちの望む施策を打てる機能がない」といった不満の声が上がったほか、フルスクラッチで開発したCMSには「レスポンスの遅さ」という問題があり、Sitecore Experience Platformの導入に至りました。

Sitecore Experience Platformの導入後には、安定稼働、利便性の向上、マルチデバイス対応のほか、内部検索エンジンやレコメンドエンジンなど多数のシステムとの連携も実現。なかでも最も大きな効果につながったのが、Webサイトの安定稼働です。Webサイトが安定稼働することで、キャンペーンやクーポン配布などの現場が計画した施策を速やかに実装・実施できるようになり、オンライン事業が大きく成長しました。Sitecore Experience Platformの導入後3年間で、同社のEC売上は倍以上にまで増加したといいます。

CMSクロニクル ~マーケティングツールとしての進化の歴史~

3.2010年~2015年頃 キャッシュマネージメントシステム CMSがコーポレートサイトの主流となり、マーケティングツールとして認知される

  • Web制作会社の制作費が高い
  • サイトの制作・更新に時間がかかる
  • 制作方針決定~発注~制作~承認までのタイムスパンが長い
  • Adobe、Day Softwareを買収
  • ヒューレットパッカード、Autonomyを買収
  • HTML5.0がメインストリームに
  • モバイルファースト
  • レスポンシブデザイン

4. これからのCMSのトレンドは「インバウンドマーケティング」

TIS MARKETING CANVAS

  • TIS MARKETING CANVAS キャッシュマネージメントシステム ~全社統合型マーケティング基盤~
  • お問い合わせ

TIS MARKETING CANVAS

お問い合わせ 各種お問い合わせページ お問い合わせフォーム サービスに関するお問い合わせ お電話 0800-600-9810 携帯電話 050-5816-9805 受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる