プロが徹底解説

投資信託とは

投資信託とは
  1. 投資リスク
    投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。
    また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
  2. 預金保険
    投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  3. 投資者保護基金
    銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  4. 費用
    投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。

投資信託とは

このページでは、国内投資信託の分類についてご説明いたします。国内投資信託とは、日本の法律に基づいて設定される投資信託のことをいいます。外国の法律に基づいて設定されるものは、外国投資信託といいます。(以下、投資信託を投信・ファンドという場合があります。)

投資信託の種類

組成のしかた

運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託です。
会社型 投資することを目的に設立された法人(投資法人)によって組成される投資信託です。日本ではREIT(不動産投信)などを中心に用いられています。

受益権を申込(購入)できる期間

投資信託が設定(運用が開始)される前の募集期間の間だけ受益権を申込することができます。
追加型 投資信託が運用されている期間中、概ねいつでも受益権の申込が可能です。

募集の対象

幅広い投資家を募集対象とします。
私募 募集の対象者を機関投資家等に限定したり、対象の投資家がごく少数だったりするものです。

換金(解約)できる期間

オープンエンド型 原則、運用期間中も解約に応じます。
運用期間満了(または一定期間経過)まで換金できません。

株式への投資

株式投資信託 約款に「株式に投資することができる」旨の記載がある投資信託はこの分類にあたります。 ただし、その中には株式以外の金融商品等を主な投資対象としており、株式には投資していない ファンドもあります。
約款に「株式には投資しない」旨が記載されている投資信託です。公社債等を中心とした運用を行います。

投資信託協会の商品分類

単位型・追加型投資対象地域投資対象資産
(収益の源泉)
独立区分補足区分
単位型
追加型
国内
海外
内外
株式
債券
不動産投信
その他資産
資産複合
MMF
MRF
ETF
インデックス型
特殊型

単位型・追加型

投資対象地域

投資信託とは 投資信託とは 投資信託とは
主な投資収益が、日本国内の資産を源泉とするものです。
海外 主な投資収益が、海外の資産を源泉とするものです。
内外 主な投資収益が、国内・海外の両方の資産を源泉とするものです。

投資対象資産

株式 主な投資収益が、株式を源泉とするものです。
債券 主な投資収益が、債券を源泉とするものです。

(REIT)
主な投資収益が、不動産投資信託及び不動産投資法人を源泉とするものです。
その他資産 主な投資収益が、上記以外の資産を源泉とするものです。
資産複合 主な投資収益が、上記複数の資産を源泉とするものです。
「マネー・マネジメント・ファンド」は日々決算を行う公社債投信のひとつです。投資信託協会の規則で 投資先が制限されており、比較的低リスクの運用を行っています(元本保証ではありません)。
MRF 「マネー・リザーブ・ファンド」は、日々決算を行う証券総合取引口座用の公社債投信のひとつです。MRF口座を設定 すると証券口座内の株式売却代金などの現金は、自動的にMRFに投資(自動スウィープ)されます。一般に、現金で預けているだけでは利息のつかない証券会社の口座内で、お金を遊ばせないために利用されます。
投資信託協会の規則で投資先が制限されており、利回りは低めですが比較的低リスクの運用を行っています(元本保証ではありません)。
ETF 「上場投資信託」は、各種指数・指標等に連動した運用を行う、取引所に上場した投資信託です。株式と同様に市場で売買することができます。
各種指数・指標に連動した運用成果を目指すものです。
特殊型 投資者に対して注意を喚起することが必要な、特殊な仕組み・運用手法を用いるものです。

投資信託協会の属性区分

投資対象資産

投資対象地域

投資形態

ファミリーファンド 「マザーファンド(親となる投資信託)」が投資対象資産への実際の投資運用を行い、投資家はそのマザーファンドの受益権に投資する 「ベビーファンド」の受益権を購入します。この方式は、例えば同じ投資対象で異なる決算頻度のファンドを複数組成する場合などに用いられます。
複数の投資信託や投資法人に投資する投資信託のことです。複数の投資信託の成果への分散投資をまとめてできる利点がある反面、 ファンド・オブ・ファンズ自体が各投資信託に支払っている信託報酬も基準価額に影響しています。

為替ヘッジ

為替ヘッジを行います。為替変動による基準価額の変動を抑えることができますが、ヘッジ取引にかかるコストも 投資信託とは 基準価額に影響します。
なし 為替ヘッジを行いません。為替変動による損益が直接基準価額に影響します。

対象インデックス

ブル・ベア型 対となる「ブル」「ベア」のファンドを、「ブル」は対象となる指数等と連動するように(相場上昇時に基準価額が上昇)、 「ベア」はその反対の動きをするように(相場下落時に基準価額が上昇)設定されます。デリバティブ取引等を使用し、対象 指数等の数倍の基準価額変動があるように運用する商品もあります。
なお「ブル」は牛が角を突き上げる姿(相場の上昇)、「ベア」は熊が爪を振り下ろす姿(相場の下落)をイメージしてこう呼ばれています。
条件付運用型 例えばある株価指数を対象とし、運用期間中のその指数の水準によって償還価格や償還時期が決まる条件をつけて設定されるものです。
投資信託とは
絶対収益追求型
「ロング・ショート型」は、割安な銘柄を買い(ロング)、割高な銘柄を売る(ショート)ことで、市場変動の影響を軽減 しつつ投資収益をあげることを目指す投資手法を用います。
また「絶対収益追求型」とは市場の動向に関わらず収益を追求することを目指し積極的な運用を行うものです。
いずれも利益を絶対保証するものではなく、運用次第では損失を被ることがあります。
その他 それ以外の特殊な運用手法を用います。

商品分類・属性区分の確認方法

bunrui_b.jpg

bunrui_a.jpg

旧・協会分類について

国際株式型
一般型
北米型
アジア・オセアニア型
欧州型
中南米型
アフリカ型
バランス型 ( 投資対象は国内外を問わず )

インデックス型
日経225連動型
TOPIX連動型
日経300連動型
その他インデックス連動型

国際株式型
一般型
北米型 投資信託とは
アジア・オセアニア型
欧州型
中南米型
アフリカ型

インデックス型
日経225連動型
TOPIX連動型
日経300連動型
その他インデックス連動型
業種別インデックス型
建設・不動産株型
医薬品・食品株型
化学・繊維・紙パルプ株型
石油・非鉄株型建設・不動産株型
鉄鋼・造船株型
電機・精密株型
自動車・機械株型
商業株型
金融株型
公益株型

今さら聞けない投資信託とは?なぜ利益が出る?図解で仕組みをわかりやすく解説

今さら聞けない投資信託とは?なぜ利益が出る?図解で仕組みをわかりやすく解説

株式会社OneMile Partners代表取締役。2018年にmoneiro(マネイロ)を運営するOneMile Partnersを創業。それ以前は日本生命やフィデリティ投信で外国株式や日本株式運用のファンドマネージャーや証券アナリストとして従事。慶應義塾大学商学部卒。東京工業大学大学院非常勤講師。日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)投資信託とは 。Amazon「一般・投資読み物」カテゴリで第1位を記録した『機関投資家だけが知っている「予想」のいらない株式投資法』 など著書多数

柴又 順平

専修大学・経営学部を卒業後、株式会社三井住友銀行に入社。おもに富裕層向けに、約17年間資産運用コンサルティング業務に従事。投信、保険、債券、住宅ローン、遺言信託、資産承継など、幅広い金融商品の取り扱いが可能で深い知識を有している。キャリアの途中からは管理職として部下の育成にも関わる。2021年に株式会社OneMile Partnersに入社。現在は、金融IT企業で個人向け資産運用のコンサルティング業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)、プライマリーPB(プライベートバンカー)資格を保有

宮内 勇資

ファイナンシャルアドバイザー。専修大学商学部卒業後、水戸証券株に入社。リテール営業に従事し、国内外株式、投資信託、債券などが得意分野。キャリアの途中からは人材育成にも携わり、主に若手社員の能力向上に大きく貢献した。2021年に株式会社OneMile Partnersに入社。現在は個人向け資産運用コンサルティング業務を行う。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)保有

投資信託とは

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

へきしんではじめるメリット

イメージ

イメージ

イメージ

投信のはじめかた

Step 1 投信取引口座を開設する

Step 1 投信取引口座を開設する

Step 2 ファンドを探す

Step 2 ファンドを探す

Step 3 ファンドを購入する

Step 3 ファンドを購入する

ファンドの探し方

  • 上記の分類は、当金庫が分類したものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • リスクの大小は一般的な傾向であり、実際に投資した場合と異なる場合があります。

投資から得た利益が非課税に!NISA制度の活用

イメージ

NISA制度は全部で3種類

よくあるご質問

ご購入の際の注意事項

マネーコラム
おしえてめりっとくん

初心者でも始めやすい資産運用

分散投資ってなんだろう?初心者でも始められる投資信託

初心者でも大丈夫!資産運用はここから始めよう

外貨預金のひみつ

ご相談・お問い合わせ

商品・サービス

お役立ち情報

  • ご予約(お手続・ご相談・セミナー)

へきしんと考えるお金のこと

ビジネスサポート

事業承継 M&A

ビジネスマッチング

へきしんについて

〒446-8686 愛知県安城市御幸本町15番1号
金融機関コード:1560
登録金融機関:東海財務局⾧(登金)第66号
加入協会:日本証券業協会

投資信託とは

FUND OF THE YEAR 2021 MORNINGSTAR AWARD 受賞ファンドの詳細はこちら

〈はまぎん〉資産運用パッケージ 窓口専用プラン

〈はまぎん〉資産運用パッケージ インターネット専用プラン

投資信託データ・ニュース配信サービス 投信Infoメール サービス詳細・ログインはこちら インターネットバンキング投資信託サービス限定

オンライン開催(参加費無料/事前申込制) 資産運用フェア2022 in 横浜 開催日時:2022年6月11日(土)10:00~6月19日(日)23:59

オンライン開催(参加費無料/事前申込制) 資産運用フェア2022 in 横浜 開催日時:2022年6月11日(土)10:00~6月19日(日)23:59

横浜銀行の投資信託の特長

これからはじめるお客さま

メリット1 いつもの銀行、いつもの窓口で相談できる

メリット2 インターネットで口座開設・お取り引きができる

メリット3 インターネットバンキングなら、お申込手数料10%キャッシュバック

投資信託は、将来の資産づくりが期待できる金融商品

 さまざまなライフイベント:就職、結婚、マイホーム、出産、教育、退職、セカンドライフ、相続。私たちを取り巻く環境:低金利、物価上昇、少子高齢化、年金問題、人生100年時代、財政赤字。現在:「将来にそなえて今のうちから投資信託で資産づくりしよう!」投資、投資信託 (ファンド)から分散投資、さまざまな投資対象(国内、海外:債券、株式、リート等)投資先は専門家が選定。運用による損益・分配金等、将来、「あのとき、投資信託を はじめてよかった!」※投資信託は、元本・分配金が保証された商品ではなく、お受取金額が投資元本を下回ることがあります。

投資信託での資産づくりをおすすめする理由

理由1 少額から投資できる

株の場合、1社の株を買うのに 数十万円必要なことも。投資信託の場合、1万円程度から投資可能。

理由2 専門家が運用してくれる

理由3 分散投資ができる

タマゴはひとつのカゴに盛るな。タマゴはひとつのカゴに盛るよりも、複数のカゴに盛った方が、ひとつのカゴを落とした時の影響は少なくて済みます。

投資信託における各社の役割と資金の流れ

お客さまが投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)にお申込金。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)がお客さまに、分配金/ 償還金等。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)は、お客さまからのお申し込みを受け付けるほか、運用の相談を承ります。投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)から信託財産の運用をしている投資信託委託会社にお申込金。信託財産の運用をしている投資信託委託会社から投資信託の販売をしている販売会社 (横浜銀行)に、分配金/償還金等。信託財産の運用をしている投資信託委託会社は、信託財産(ファンド) を運用します。運用の指示を受託会社に出します。信託財産の運用をしている投資信託委託会社から信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)に、信託金/運用の指図。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)から信託財産の運用をしている投資信託委託会社に、運用成果。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)は、信託財産の保管と管理をおこないます。委託会社の指示に従い証券市場で 売買事務をおこないます。信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)から証券市場等に、投資。証券市場等から信託財産の保管・管理をしている受託会社 (信託銀行)に、運用成果。

今、どんなファンドをお持ちですか?それともまったく初めてですか?

イメージ図

投資対象ごとでリスク・リターンは異なります

グラフイメージ図。縦軸、リターン大小。横軸、リスク大小。リターン小、リスク小から、国内債券、先進国債券、新興国債券、先進国リート、新興国リート、国内リート、国内株式、先進国株式、新興国株式。それらが投資信託。

投資対象を知る

窓口で購入

投資信託口座開設申込サービスで購入

インターネットバンキングで購入

ファンドをさがす

分類:バランス

おすすめファンド

口座開設の流れ

STEP1 確認書類をご準備ください。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カードと運転免許証

STEP2 投資信託とは 「スマホで完結 投資信託口座開設申込サービス」ボタンより、「投資信託口座開設申込サービス」画面へお進みください。

STEP3 お客さまの状況に合わせて、ボタンを選択してください。

STEP4 口座情報を入力してください。

STEP5 暗証番号・確認パスワードを入力してください。

STEP6 確認書類情報を入力してください。

STEP7 受付完了後、最短2営業日以内に口座開設完了メールまたは開設不可メールがとどきます。

税務署での確認の結果、他金融機関にてすでにNISA口座を開設されている等の理由により、当行でNISA口座を開設できない場合は、NISA口座を無効とする手続きをおこない、ご連絡いたします。
税務署での確認は、2~3週間程度かかります。
つみたてNISAをご契約の場合、初回引き落とし日は、税務署での確認後となります。

インターネットバンキングで投資信託をはじめる

来店不要、インターネットバンキングで24時間お取引、お申込手数料10%キャッシュバック

お申込手数料の10% キャッシュバック。インターネットバンキングで株式投資信託を1取引につき10万円以上購入されると、お支払いになったお申込手数料(税別)の10%をキャッシュバック

投資信託手数料キャッシュバックのご案内

  • 投資信託のお申し込みにあたっては、当行所定の申込手数料がかかるほか、保有期間中は信託報酬がかかります。
  • また、一部のファンドは換金時に信託財産留保額が基準価額から差し引かれます。
  • 投資信託は預金商品ではなく、元本の保証はありません。
  • 投資信託の基準価額は、組入れ有価証券等の値動きにより変動するため、換金時のお受け取り額が投資元本を割り込むリスクがあります。
  • 外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動により基準価額が変動するため、換金時のお受け取り額が投資元本を割り込むリスクがあります。
  • これらのリスクはお客さまご自身が負担することとなります。
キャッシュバック対象となるお客さま

〈はまぎん〉マイダイレクトをご利用中のお客さま

キャッシュバック対象の条件
  • 投信自動積立の場合は、5,000円以上購入されたお客さまが対象となります。
  • 対象となる株式投資信託は、対象ファンド一覧でご確認ください。
キャッシュバック方法
  • 入金日にマイダイレクト代表口座が解約されている場合は、対象となりません。
  • キャッシュバックの金額は実際にお支払いになったお申込手数料額の10%(1円未満切り捨て)となります。消費税相当額はキャッシュバックの対象とはなりません。

お取扱時間

お取り引き開始までの流れ

STEP1 インターネットバンキングで投資信託のお取り引きをはじめるにあたり、初回のみ利用設定が必要です

STEP2 投資信託口座・投資信託の指定預金口座が、代表口座・サービス利用口座と同一のお取り引き店に開設されていない場合のみ 投資信託口座を開設されているお取り引き店の円貨預金口座または投資信託口座の指定預金口座をサービス利用口座に追加する

STEP3 投資信託とは 投資信託サービスを「利用する」に変更

STEP2の操作が完了した後、インターネットバンキングにログインし、上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託・外貨預金サービスの利用設定」から投資信託サービスを「利用する」に変更してください。当日からお取り引きが可能となります。

投資信託口座を開設されるお客さまへ

インターネットバンキングで投資信託口座を開設されるには〈はまぎん〉マイダイレクトのご契約が必要です。

STEP1 投資信託とは インターネットバンキングにログイン
STEP2 投資信託サービスを「利用する」に変更

上部メニュー「投資信託 外貨預金 投資信託とは 国債」の「投資信託・外貨預金サービスの利用設定」から投資信託サービスを「利用する」に変更してください。

STEP3 投資信託口座を開設する

上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託サービス」を選択のうえ、「投信口座開設」ボタンをクリックしてください。

STEP4 同意のご確認とお客さま情報のご入力
STEP5 本人確認資料を同封のうえ、ご返送ください。
STEP6 お取り引き開始

ご返送から約1週間後、インターネットバンキングにログイン後、上部メニュー「投資信託 外貨預金 国債」の「投資信託サービス」から、お取り引きください。

投資信託とは

オリックス銀行のファンドラインアップ 詳しくはこちら

オリックス銀行のかんたん!投資信託口座開設 詳しくはこちら

オリックス銀行の投資信託が選ばれる理由 詳しくはこちら

ORIX Bank Selection

日本で販売されている投資信託は約6000本 ※1 あります。当社はその中から独自の調査・分析によって、運用成績に優れ、お客さまの中長期投資に役立つと判断したファンドだけを厳選し、コストを抑えて販売することを理念としています。

  • 優れた投信を厳選
  • ESG投資 ※2
  • ノーロード 購入時手数料0円
  • ※1 出典:投信総合検索ライブラリー(2020年8月末時点)
  • ※2 ESG投資とは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(ガバナンス)の3つの観点から企業の持続性を評価し投資する手法です。

厳選された投資信託ラインアップ

エス・ビー・日本債券ファンド愛称:ベガ

オリックス世界国債ファンド(グローバル・ダイナミック・デュレーション)(為替ヘッジあり)

オリックス世界社債アクティブファンド(為替ヘッジあり)

ニッセイ・デンマーク・カバード債券ファンド(為替ヘッジあり・3ヵ月決算型)愛称:デニッシュ・インカム

米国地方債ファンド 為替ヘッジあり(毎月決算型)

朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)

三井住友・配当フォーカスオープン

オリックス先進国株式マーケット・プラス・ファンド

明治安田J-REIT戦略ファンド(毎月分配型)【愛称:リート王】

ノーロード明治安田J-REITアクティブ

投資を学ぶ

マーケット情報

お問い合わせ

投資信託デスク

eダイレクト預金口座を お持ちでない方

eダイレクト預金口座を お持ちの方

投資信託の注意事項

    投資信託とは
  1. 投資リスク
    投資信託は値動きのある有価証券等に投資しますので、株価、金利、通貨の価格等の指標にかかる変動や発行体の信用状況の変化を原因として、基準価額が下落して購入金額を下回り、損失が生じる場合があります。これらによる損失は、お客さま自身に負担いただきます。
    また、ファンドごとに内包されるリスクの性質が異なります。詳細は各ファンドの目論見書をご確認ください。
  2. 預金保険
    投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  3. 投資者保護基金
    銀行は証券会社とは異なり、投資者保護基金に加入していません。当社で購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  4. 費用
    投資信託の購入時から解約・償還までの間に、直接または間接に負担いただく費用は以下のとおりです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる