外国為替ニュース

初心者でも株式取引で失敗しないテクニカル分析とは

初心者でも株式取引で失敗しないテクニカル分析とは
マルチチャートボード

FXは長期保有と短期保有どちらがいいの?

・細かい利益の積み重ねができる
短期売買はトレード回数が多いため、資金を長期間寝かすことなく小さな利益を積み重ねていけます。その結果、長期保有以上に大きな利益を得られる可能性もあるでしょう。相場は上昇と下落を繰り返しながら大きなトレンドを形成しています。長期的には上昇、下降のどちらかに向かっているとしても、その間の細かい上昇・細かい下落を狙って利益を狙いたいという場合には短期売買の方が向いていると言えます。

・塩漬けになりにくい
小さな値動きを狙っていくため、予想とは逆の方向に大きな動きになった場合に、損失を抱えたまま決済できずにいるといったことは起きにくいでしょう。そのため、塩漬けになりにくくなります。

・資金効率が良い
長期取引では予想とは逆方向に、大きな相場の動きが発生した場合にロスカットが起きやすくなってしまいます。一方で、短期取引は長期に比べて値動きが小さく、ロスカットが起きにくいというメリットもあります。そのため、長期保有の場合よりも高いレバレッジを掛けられます。FXでは最大25倍までレバレッジを効かせられるので、少ない資金でも自分の持っている資金以上の力で取引が可能です。
ただし、相場が思惑と逆に動いた場合の損失も大きくなります。予想に反して相場が逆方向に大きく動いた際、ロスカットが起きてしまうこともありますので十分な注意が必要です。

デメリット

・取引回数が多くなり取引コストが掛かる
FXは取引のたびに手数料(スプレッド)が発生します。そのため、取引回数が多いとスプレッドの負担が大きくなり、その点はデメリットの1つです。会社によってスプレッドは異なるため、スプレッドの負担が小さい会社を選ぶ方が良いでしょう。

・FX取引に時間を取られる
短期取引は価格の上下を細目にチェックし、決済して小さな利益を積み重ねていくことが必要です。また、長期保有であればスマートフォンのアプリでも手軽にできますが、短期の取引になると複数のモニターを設置した方が望ましい場合もあり、設備にお金が掛かることもあります。

・スワップポイントは得られない
日をまたがない短期売買では、スワップポイントを得ることができません。基本的には為替差益を狙った取引となるため、各通貨の金利差は考慮する必要はありません。

FXの長期保有、短期売買に向いているのはどんな人?

FXの長期保有、短期売買に向いているのはどんな人?

長期保有に向いている人

短期売買に向いている人

まとめ

監修者プロフィール

小川 洋平(オガワ ヨウヘイ)
日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表

FXとは?初心者でも運用できる?

ミニ株(単元未満株)はどういうもの?

投資の失敗例とその原因とは? 失敗しないためのポイントを解説!

ROEとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

tel

03-5219-6552

2020年4月18日 2021年12月24日 投資

株式投資で成功するためのポイント!得する人と損する人の特徴は?

シミュレーション画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら

株式投資で成功するためのポイント

投資のリスクやリターンへの理解を深める

投資の目的を決める

生活に必要な資金まで投資しない

分散投資をする

  • 資産:債券・FXなど株式以外の金融商品も選択する
  • 時間:投資のタイミングを複数設ける
  • 地域:日本国内外数か所へ投資する

知名度やランキングで安易に選ばない

  • 株価が上がっている企業(ランキング上位)
  • 大手で有名な企業
  • 情報雑誌で取り上げられている企業

テーマだけを見て投資をしない

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら 無料相談はこちら

株式投資の成功率は?

株式投資で得する人の特徴

自分が得意な投資をする

外部から得る情報を取り入れる

株式投資で損する人の特徴

利益確定のルールを立てていない

深くリサーチせずに投資をする

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら 無料相談はこちら

株式投資に役立つ情報元

会社四季報

日本経済新聞

投資セミナー

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら 無料相談はこちら

芦田ジェームズ 敏之

芦田ジェームズ 敏之

【代表プロフィール】 初心者でも株式取引で失敗しないテクニカル分析とは
資産規模100億円を超えるクライアントの案件を数多く抱えてきた異彩を放つ経歴から、「富裕層を熟知した税理士」として多数メディアに取り上げられている。 培った知識、経験、技量を活かし、富裕層のみならず幅広いお客様に税金対策・資産運用をご提案している。 現在は代表税理士を務める傍ら、英国国立ウェールズ大学経営大学院に在学中(MBA取得予定)。
英国国立オックスフォード大学ELP修了。東京大学EMP修了予定。
また、Mastercard®最上位クラスで、富裕層を多く抱えるクレジットカードLUXURY 初心者でも株式取引で失敗しないテクニカル分析とは CARDのオフィシャルアンバサダーに就任。

◇◆ネイチャーグループの強み◇◆
・〈富裕層〉×〈富裕層をめざす方〉向けの税金対策/資産運用専門ファーム
・日本最大規模の富裕層向けコンサルティング
・国際的な専門家ネットワークTIAG®を活用し国際案件も対応可能
・税理士法人ならではの中立な立場での資産運用

資産運用画像

資産運用画像

資産運用画像

ランキング

資産運用画像

提案画像

定期預金画像

資産運用画像

確定申告画像

定期預金画像

資産運用画像

資産運用画像

株価の写真

bg

資産運用

bg

相続対策

お問い合わせ CONTACT

tel

03-5219-6552

FXと株の違いとは?比較項目やメリット・デメリットを紹介

FXと株の違いとは?比較項目やメリット・デメリットを紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

ネットストック・ハイスピード

無料

  • ※ ご利用の際は推奨環境および利用規約をご確認ください。
  • ※ 携帯専用口座のお客様はご利用いただけません。

ネットストック・ハイスピードの特徴

1 最短1クリックで発注できる!「スピード注文」

株式スピード注文画面

株式スピード注文画面

  • 注文確認画面の省略が可能です。発注時には注文条件の設定を十分ご確認ください。
  • 発注時のクリック方法は、「ダブルクリック」と「シングルクリック」を切り替えることができます。

2 発注・保有状況が一覧でわかる「各種照会画面」

株式注文照会 画面

株式注文照会 画面

3 初めての人も安心「株式Trading Center」

株式Trading Center 画面

株式Trading Center 画面

4 チャートはこれにお任せ!「チャート画面」

株式チャート画面

株式チャート画面

5 複数銘柄を一括管理!「マルチチャートボード」、「マルチ気配ボード」

マルチチャートボード・マルチ気配ボード画面

マルチチャートボード

6 注目銘柄の値動きを一覧で確認できる「株価ボード」

株価ボード画面

株価ボード画面

7 今、注目の銘柄を逃さない!「ランキング情報」

株式ランキング画面

株式ランキング画面

8 情報検索もツールだけで完結!豊富な投資情報

ニュース画面

ニュース画面

9 便利機能!SDI機能/株式近接率分析

① SDI機能

SDI表示

SDI表示

② 株式近接率分析

株式近接率ランキング画面

株式近接率ランキング画面

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる