入門講座

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴

Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
評価:

TitanFX(タイタンFX)

TAITAN FXのレバレッジは最大500倍です。
海外FXで100倍を超えるレバレッジは珍しくありませんが、500倍とはかなり高い部類に入るでしょう。
また、レバレッジでの取引の場合、資金以上の損失を被らないようにロスカットというリスクヘッジのシステムが採用されています。
その強制的に決済されるロスカットのタイミングも、TAITAN FXがほかの業者と異なる特徴です。
ロスカットのタイミングは証拠金維持率によって決まり、その率はFX業者によって違いますが、証拠金維持率の高い業者では100%というところもあります。
一般的には70%程度が平均でしょう。その点、TAITAN FXでは証拠金維持率が20%なのです。これだけ低いと、多少含み損が出たとしてもロスカットを気にせず余裕のある取引ができるでしょう。

ゼロカットルールを採用

レバレッジの取引では、資金以上の損失を防ぐためにロスカットのシステムが採用されていますが、相場の急変によってはそれが追い付かないこともあります。
ロスカットされなければ自分の資金以上の損失を被る可能性もあるということですが、そういう事態が発生した場合、トレーダーはマイナスとなった分を追加で入金しなければならないのが通常のやり方です。
ところが、TAITAN FXではゼロカットというルールを採用しているため、資金以上の損失を負担しなくてもよくなっています。

具体的な例を挙げると、たとえば証拠金が20万円の時にレバレッジで規模の大きな取引をしていたとします。
この時、相場の急変で50万円のマイナスとなった場合、通常なら差額の30万円が追証として発生するところ、ゼロカットルールによりそれがトレーダー負担になりません。
差額の30万円分の損失はTAITAN FXが代わりに負担してくれます。
このため、ハイレバレッジでの取引だとしても、最悪の場合でも証拠金を全部失うだけで済み、トレーダーが借金を背負うようなことはないのです。

低スプレッドの口座がある

TAITAN FXでは2種類の口座タイプが選べます。
「Zeroスタンダード口座」というスタンダードなタイプの口座と、スプレッドの狭い「Zeroブレード口座」の2種類です。
前者はスプレッドに特筆すべきものはないですが、手数料がかからないというメリットがあります。
後者は片道手数料が3.5ドル必要ですが、スプレッドの狭さは業界トップレベルです。
中級者以上の方ならブレード口座をおすすめします。初心者のうちはスタンダード口座で取引に慣れるところから始めるのがよいでしょう。

高い約定力

TAITAN FXは注文が確定するまでのスピードがとにかく速いです。
約定スピードは0.45秒と言われていますが、それは、海外だけでなく東京にも高速サーバーを設置しているからです。
そのため、海外FXですが日本国内のトレーダーは有利な取引ができます。約定に時間がかかると、注文した時と確定した時のレートが変わってしまうスリッページが起こってしまいますが、そうなるとトレーダーに不利な取引になりやすいです。
TAITAN FXではスリッページがまず発生しないため、成行注文で思った通りのトレードができます。

自動売買の最強取引ツールがある
TAITAN FXでは「MT4(メタトレーダー)」という取引ツールを使っています。
このツールには多彩な注文方法やカスタマイズなどの特徴があって人気なのですが、特に便利なのが自動売買のプログラムがあることです。
また、「VPS」という仮想自動売買サーバーなるものを提供してくれるため、パソコンの電源を落としている時でもトレードが可能になります。
寝ていても自分のスタイルに合うように勝手に売買してくれるわけですから、初心者や時間のない方には強力な武器となってくれることでしょう。

サポートは日本語にも対応

バヌアツが拠点のFX業者ですが、TAITAN FXには日本語ができるサポートデスクが準備されています。
しかも、月曜朝7時の取引開始から土曜日の午前0時まで24時間体制でのサポートですので、時差を気にすることなく何かあった時に気軽にサポートが受けられます。
なお、TAITAN FXはアメリカの時間を基準にしているため、夏時間と冬時間で取引の時間が日本時間と異なることに注意しましょう。
3月と11月に1時間ずれるので、TAITAN FXで取引を始めたら、この時期の時間変更に気を付けてください。

その他おすすめ海外FX業者

詳細ページ 公式サイト 口座開設で3000円分の証拠金プレゼント。
さらに最大50万円の入金ボーナス!

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
888倍 1.7pips 20%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり
上記はスタンダード口座・マイクロ口座の内容です。他口座につきましては公式サイトをご確認ください。

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
400倍 1.0pips 20%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり なし
上記はナノスプレッド口座の内容です。他口座につきましては公式サイトをご確認ください。

詳細ページ 公式サイト 最大1000万円分の100%入金ボーナス

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
500倍 1.1pips 20%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり あり

詳細ページ 公式サイト 1000ドルまで入金100%ボーナスあり

最大レバレッジ スプレッド(ドル円) ロスカット水準
400倍 1.8pips 0%以下
追証なし 法人口座 日本語対応 ボーナス
あり あり

Tradeview Forexは、スプレッドの狭さに定評がある海外FXブローカーです。ILC(Innovative Liquidity Connector)口座の狭スプレッドは海外FX業者の中でもトップクラス。最低入金額が10万から、ロスカット水準が100%と.

Titan FX(タイタン)の口コミ評判|メリット・注意点・キャンペーンなどを解説!

Titan FX(タイタン)の口コミ評判|メリット・注意点・キャンペーンなどを解説!

評価5

評価:

20代/男性

評価5

評価:

30代/男性

評価4

評価:

30代/男性

評価4

評価:

30代/男性

評価4

評価:

40代/男性

Titan FX(タイタン)の基本情報

運営会社 Titan FX(タイタン)
ホームページ https://jp.titanfx.com/
スプレッド
※1
ドル/円 1.33pips
ユーロ/円 1.74pips
ユーロ/ドル 1.2pips
スワップ
(ドル/円)
※2
買い 3.93円
売り -10.03円
最小取引単位 1,000通貨
レバレッジ 500倍
最低必要証拠金 200円
ロスカット発生維持率 20%以下
デモ口座 あり

Titan FX(タイタン)の3つのメリット

Titan FX(タイタン)の3つのメリット

海外のFX会社を利用するにあたって、一番気になってくるのが どういった特徴のある会社か ということです。

まずは、Titan FXを使ってFX取引を行うメリットについて紹介していきます。

スプレッドが狭い

スプレッドは手数料のことで、広ければ広くなるほど手数料が多くなって利益を上げにくい反面、狭ければ狭くなるほど利益を上げやすくなります。

日本国内のFX会社と比較しても狭く設定されており、今まで国内のFX会社を利用して取引をしていた人も、 Titan FXに乗り換えることもしばしばあります。

最大500倍のビバレッジ

スプレッド狭さだけではなく、 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 最大500倍まで可能なビバレッジの利用ができる点 もメリットの1つです。

ですが、海外のFX会社では日本の法律が適用されないため、最大500倍ものビバレッジをきかせた取引が可能です。

国内のFX会社を利用していたらできないような、 アクティブな取引をしたい人 に向いています。

日本人による顧客サポート

海外のサービスを利用するにあたって気になってくるのが、 顧客サポート についてです。

ですが、Titan Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 FXは日本人による日本語での顧客サポートが行われているため、気になったことがあれば、気軽に日本語で問い合わせることが可能です。

電話での問い合わせに関して日本語での対応は、 平日の7時から15時まで ですが、ライブチャットであれば平日であればいつでも問題ないので、わからないことがあれば、気軽にライブチャットを使って質問をしていきましょう。

Titan FX(タイタン)で開催中のボーナスやキャンペーン

Titan FX(タイタン)で開催中のボーナスやキャンペーン

多くの海外FX会社では口座開設を行うと、最初の資金として1万円程度プレゼントしてくれる会社もあります。

Titan FXではボーナスやキャンペーンを行っていない

海外のFX会社がキャンペーンやボーナスを行う一番の理由は、多くの人に利用してもらえるようにするためで、魅力的なキャンペーンを定期的に打ち出すことがほとんどです。

ですが、Titan FXではそういった キャンペーンなど は一切行っていません。

Titan FXでは過去にボーナスやキャンペーンを行った実績もなし

現在、多くの海外FX会社では当たり前のボーナスやキャンペーンなどを行っていないTitan FXですが、これまでも Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 一切ボーナスやキャンペーンを行ってくることはありませんでした。

他の会社と異なりキャンペーンやボーナスを一切やってこなかったTitan FXですが、スプレッドの狭さがとても魅力的で、そういった魅力があることから、ボーナスやキャンペーンなどを行わなくても多くのユーザーがTitan FXを利用してきたと言えます。

そのため、海外のFX会社を選ぶときはキャンペーンも魅力的ですが、どういった会社なのかをしっかりと吟味して選ぶことが大切です。

キャッシュバックサイトを経由して開設すればお得に

Titan FX自体ではキャンペーンやボーナスを行っていませんが、キャッシュバックサイト経由でTitan FXの口座を開設すれば、Titan FXでの取引量に応じて キャッシュバック を受けられます。

キャッシュバックを行っているサービスはさまざまありますが、その中でもおすすめなのが「TariTali!」です。

他のキャッシュバックサイトと比べて高いリベート率でキャッシュバックをしてくれ、普通にTitan FXで取引をするよりも、サービスを利用することによってさらにお得にTitan FXで取引を行えます。

Titan FX(タイタン)のアプリの特徴

Titan FX(タイタン)のアプリの特徴

FX取引を行うにあたって重要なのは、 どういった取引ツールが使えるのかということ です。

利用する取引ツールによって、使いやすさなどがとても変わってきます。

MT4はパソコン用のダウンロード版とブラウザ版、スマホやタブレット向けのアプリ版があり、要求スペックが高くないので使うパソコンやスマホを選びません。

Titan FX以外の海外FX会社も使えるところが多いため、 複数の海外FX会社を利用している人 には最適なツールです。

MT5はMT4を改善したツールで、 こちらも世界的に使われています。

ですが、MT4よりはまだまだ使えるFX会社はMT4よりも少なく、両方使えるTitan FXはとても珍しいです。

ですが、機能性はMT4からかなり改善されていて、機能性を考えたらMT5がおすすめです。

また、MT4とは違いパソコン版でも自動取引ができないため、 自動取引を行いたい人 には向いていません。

独自ツール

Titan FXでは 独自のツール も用意しています。

独自ツールはパソコンのブラウザから使用可能で、スマホやタブレット用のアプリはリリースされていません。

カスタマイズ性はないですが、シンプルな作りのツールを使って取引を行いたい人や、FX取引の経験少ない人には使いやすいので、 そういった人はTitan FXの独自ツール を使って取引を行っていきましょう。

Titan Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 FX(タイタン)の口座開設~取引までの流れ

Titan FX(タイタン)の口座開設~取引までの流れ

口座開設ページに情報を入力

Titan FXを利用してFX取引を行いたいと思った場合、まずは公式のホームページから 口座開設の申し込み を行います。

ホームページにアクセスするとトップに、リアル口座開設というところがあるので、そこをクリックします。

そうすると、登録するメールアドレスとパスワードを入力する画面に移動するので、 画面の指示 に従って入力します。

本人確認書類の提出

登録が完了すると登録したメールアドレス宛にTitan FXから口座開設確認メールが届きます。

そのメールを開き、確認のボタンをクリックすると口座開設は無事終了し、 本人確認書類の提出 に移ります。

本人確認書類には 身分を証明する書類と住所を確認する書類 が必要です。

そして、住所を証明する書類として使えるのは、発行して3か月以内の住民票か公共料金の請求書、銀行やクレジットカード利用明細書などが利用できます。

入金して取引スタート

本人確認書類の提出が無事完了し、 提出された書類が承認されればいよいよ入金して取引スタート です。

逆に言えば、本人確認書類の提出と承認が完了しなければ入金できないため、取引を行えません。

Titan FXへ日本から入金できる方法はクレジットカードの他に、 ビットウォレットとスティックペイ が使えます。

入金方法は簡単で、Titan FXの自分の口座にある入金ページから画面の指示に従って手続きを行うだけです。

Titan FX(タイタン)を利用する際の注意点

Titan FX(タイタン)を利用する際の注意点

過去に金融庁の警告を受けたことがある

Titan FXを利用するにあたっての注意点一つ目は、 過去に日本の金融庁から警告を受けたことがある ということです。

ただし、これは金融庁が定める国内の厳しいルールに触れていただけで、Titan FXが何か問題を起こしたわけではありません。

国内のFX会社は最大25倍のレバレッジまでしか認められておらず、 ゼロカットシステムの実装 も禁止されています。

ライセンスの信頼性の低さ

Titan FXを利用するにあたって注意したい店二つ目は、Titan FXが持っている ライセンスの信頼性がやや低いということ です。

Titan FXが持っているライセンスは、バヌアツ共和国発行の金融ライセンスで、バヌアツ共和国は規制が緩いため、比較的簡単にライセンスの取得ができます。

キャンペーンがない

Titan FXを利用するにあたって気を付けたい注意点、 最後はキャンペーンが一切行われないことです。

ですが、スプレッドが狭く利益を出しやすという面があるため、Titan FXは中級者から上級者向けのサービスだと言えます。

Titan Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 FX(タイタン)のまとめ

Titan FXはスプレッドの狭さと最大500倍という高いビバレッジでの取引ができることをウリにしており、日本人のトレーダーでも利用している人が多いです。

海外FXの老舗ブローカーTitanFX(タイタンFX)とは!評判は?

TitanFXの評判

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)の早見表

運営会社
Titan FX Limited(旧:TI Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 Securities Limited)
設立
2014年
金融ライセンス
バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)
レバレッジ最大500倍(残高による変動なし)
ボーナス・キャンペーンなし
取引通貨ペア57通貨ペア,貴金属:4種類,原油:2種類,CFD:
取引方式NDD方式
口座タイプ
スタンダード口座ブレード口座
発注方式
DMA STP方式DMA ECN方式
取引手数料
無料1 ロット(100,000通貨)
3.50USD(往復7 USD)
平均スプレッド
(メジャー通貨)

EURUSD1.2 pips0.2 pips
USDJPY1.33 pips0.Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 33 pips
GBPUSD1.57 pips0.57 pips
AUDUSD1.52 pips0.52 pips
USDCHF1.92 pips0.92 pips
約定力(執行率)
99.70%
約定スピード(平均)
0.Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 450秒
取引口座の通貨日本円・米ドル・ユーロ・豪ドル・シンガポールドル
取引規模1ロット = 100,000通貨
初回最低入金額$ 200.00(USD)相当
最大取引量100 ロット
最小取引量0.01 ロット(1000通貨)
ポジション数1口座にオープンオーダーを含め200ポジション
取引手法両建て、スキャルピング、EA(自動売買システム)利用を含め、取引制限なし
取引ツールMT4,Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 MT5,ZuluTrade
口座管理手数料無料
入金方法 手数料:無料
反映時間:即時
クレジット/ デビットカード手数料:無料
反映時間:即時
Neteller
※日本またはEEA在住は不可
最小入金額:30USD(相当額)
手数料:無料
反映時間:即時
Skrill
※日本またはEEA在住は不可
最小入金額:30USD(相当額)
手数料:無料
反映時間:即時
出金方法
※クレジットカード・Neteller・Skrill
で入金をした場合は入金額まで同じ方法で出金
手数料:なし
着金時間:即時
クレジット/ デビットカード手数料:なし
着金時間:1営業日~4週間
(カード会社によって異なる)
Neteller
※日本またはEEA在住は不可
手数料:3.75%
着金時間:1営業日以内
Skrill
※日本またはEEA在住は不可
手数料:3.75%
着金時間:1営業日以内
マージンコール証拠金維持率が90%以下
ロスカット証拠金維持率が20%以下
追証ゼロカット方式
顧客の資産管理信託保全
信託先銀行National Australia Bank(ナショナル・オーストラリア銀行)
リクイディティプロバイダー(LP)COMMERZBANK , JPMorganChase , BNP PARIBAS
UBS , HSBC , Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ , NOMURA
SMBC , CREDIT SUISSE , NATIXIS , SEB
RBS , Bank of America , Goldman Sachs
日本語サポート日本語ライブチャット:月曜日~金曜日、営業時間9~18時
Eメール:24時間以内に対応
TitanFXの口座開設はこちら TitanFX公式HPはこちら

TitanFX(タイタンFX)って?

設立当時は「ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)」の金融ライセンスを『TITAN FX LIMITED』という法人名で取得していましたが、2018年以降は「バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)」の金融ライセンスを『TI SECURITIES LIMITED』という法人名で取得しています。
尚、現在は「ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)」の金融ライセンスは解除されています。

PepperStone(ペッパーストーン)とは

TitanFX(タイタンFX)のメリット

業界最狭スプレッド

TitanFXの最大の強みといえばやはり 『業界最狭スプレッド!』
市場の状況や指標発表時により拡大する事がありますが、時間帯によっては スタンダード口座では(1銭/1ピップ〜) を ブレード口座では業界最狭スプレッド(0銭/0ピップ〜)に なることもあります。

独自のZero Pointテクノロジー【ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)】
50以上の銀行・ダークプールリクイディティを含む幅広いネットワークをZP-DLAハブに集約することで業界最狭レベルのスプレッドを実現しているようです。

平均スプレッド
(メジャー通貨)
EURUSD1.2 pips0.2 pips
USDJPY1.33 pips0.33 pips
GBPUSD1.57 pips0.57 pips
AUDUSD1.52 pips0.52 Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 pips
USDCHF1.92 pips0.92 pips

高い約定能力

TaitanFXは最狭スプレッドだけではなくリクオート・オフクオートなしの高い約定能力も強みです!
スリッページはほとんど発生しません。指標時など値動きが激しい環境で仮にスリップしてしまった場合は、市場にある一番近いレートで約定されます。

Zero Pointテクノロジー【約定スピード最適化機能(ZP-OEO)】
世界中の金融機関の基幹サーバーが集結するEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に、複数の最新サーバーを設置し過負荷を掛けることなく常に安定した取引環境をつくり、複数配置したデータセンター(米国 – ニューヨーク・日本 – 東京・シンガポール)により約定の遅延を解消しているようです。

スタンダード口座・ブレード口座:共通
約定力(執行率)約定スピード(平均)約定スピード(最速)
99.7%0.450秒0.266秒

残高による変動なしによる最大500倍のレバレッジ

選べる倍率

スタンダード・ブレード口座
1:1, 1:25, 1:50, 1:100, 1:200, 1:300, 1:400, 1:500

有効証拠金によるレバレッジの上限

TitanFXのレバレッジには他の海外ブローカーにある 有効証拠金残高によるレバレッジ規制がありません 。
一般的に海外FXブローカーでは口座残高によりレバレッジ倍率が変わりますが、TitanFXでは有効証拠金残高が500万でも500倍の倍率で取引ができます。

レバレッジ規制がない海外FXブローカーでも例外として一時的にレバレッジ規制を行うことがあります。
2016年のイギリスEU離脱投票の時など 大きく相場が動く情勢などある場合 はレバレッジ規制が行われます。

レバレッジ規制はブローカーが取得している金融ライセンスにより異なります。 EU圏内の金融ライセンスを取得している海外FXブローカーは2018年にESMA( 欧州証券市場監督局)が新規制を導入した事によりEU圏外の金融ライセンスで運営するようにしたり、日本人向けのサービスから撤退しています。

ゼロカット方式で追証なし

2016年2月からTitanFXも追証なしのゼロカットを採用しています。
尚、 ゼロリセットはロールオーバー明けに自動で行う ことになっています。

2022|TitanFX|詳細や評判・特徴(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)

  • スプレッドの狭さを重視する方
  • コストの安いECN口座を使いたい方
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 高い約定力
  • NDD方式を採用
  • Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
  • 最大レバレッジ500倍
  • ゼロカットシステムを採用・追証無し
  • 充実した日本語サポート
  • キャンペーン・ボーナスは一切なし
  • 信託保全がない

安全性について

運営会社 TI Securities Limited (Titan FX)
登録住所 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
設立 2014年
金融ライセンス バヌアツ共和国金融庁(VFSC)
公式サイト https://bit.ly/3arpkaU
分別管理
信託保全

ライセンスはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)

TitanFXは2014年に設立され、それ以来ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)のライセンスを取得していましたが、2017年7月18日に解除された為、2018年12月6日に バヌアツ共和国金融ライセンス(VFSC Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴 を取得しました。

バヌアツ共和国金融ライセンス(VFSC) は規制の緩いライセンスではありますが、規制当局から、法人代表者、株主、スタッフの身元調査をはじめ、担保供託、独立監査、紛争解決、公正取引の義務付け等、厳格な規制監督と要件が求められることから、無登録業者などよりは断然信頼できる業者だと言えます。

またTitanFXでは顧客の資産が、 NAB(National Australia Bank)のクライアント信託口座で分別管理 がされていますが、 信託保全制度はありません。

また、保険などの加入もしていない為、万が一TitanFXが破綻した場合に、 顧客の資産が保証される制度が無い ことを理解しといて下さい。

評判・口コミ

国内口コミ

FX 日経 ダウ ビットコイン 仮想通貨 BTC リップル XRP ゴールド ポンド円 ドル円 eスポ pic.twitter.com/SV84241nbg

— ねことコンドルがねころんどる (@dXcR4SwTehrwhV6) February 12, 2020

.付きxmゼロ、.無しTITAN FX blade
スプ狭同士の海外大手2社だけどやっぱタイタンの方が広がりが抑制されてるからこっちのがいいなー。 pic.twitter.com/2x7qTVUGgK

— 龍のおとしご (@Fx87155021Fx) November 13, 2019

TitanFXの特徴

取引条件
口座タイプ スタンダード ブレード
手数料 無料 3.5ドル
スプレッド 変動
最大レバレッジ 500倍
初回最低入金額 200ドル
最小取引量 0.01lot
最大取引量 100lot
取引形態 NDD STP方式 NDD ECN方式
取引通貨ペア 57通貨ペア
取引システム MT4/MT5/ウェブトレーダー
資産管理
ロスカット率 20%
マージンコール 90%
ゼロカット

新Zero Point テクノロジーによる取引環境

TitanFXでは最新テクノロジー、 Zero Point(ゼロポイント )により、ハイクオリティーな取引環境が用意されています。

約定スピードはとても速く、その 注文執行率は99.7% 。約定拒否され注文が通らないことも一切ありません。

最大レバレッジは500倍ゼロカット(追証なし)を採用 している為、入金額以上の損失が出る心配は要りません。

また、透明性の高い NDD方式を採用 しているので、安心して取引する事が可能です。

2つの口座にスプレッドは業界最狭水準

取引口座は STP スタンダード口座・ECN ブレード口座の2種類 がありますが、特にブレード口座ではスプレッドと手数料のトータルコストが安く、狭スプレッドを重視している世界中のトレーダーからは高評価を得ています。

またTitanFXでは ZuluTradeというコピートレード をする事が可能です。世界的に成功を収めるプロトレーダーの中から、希望のトレーダーをお選び、そのトレーダーの取引手法を自動売買として、自分の取引口座で取引する事が可能です。

ボーナス・キャンペーン

ボーナスやキャンペーンは一切なし

口座開設方法・手順

公式サイトのライブ口座開設をクリックして、口座開設ページに アクセスしましょう。

入力ができたらチェックボックスにチェックを入れて、さあ、始めましょうをクリックして下さい。

TITAN FX(タイタン)の評判は?TITAN FXは低スプレッドでスキャルピングトレードに適したFX業者でおすすめ!

TITAN FX 評判 おすすめ バナー

titanfx 出金した証拠画像

海外FXになるとどうしても不安になる出金関係ですが、TITAN FXでは出金拒否の噂もなく安心して出金することが可能です。
私自身も以前に出金しましたが、その際はビットウォレット経由で問題なく出金することができました。
以下が出金の際のTITAN FX側のメール画像になります。

TITAN FXの提供口座は2種類

TITAN FXではスタンダード口座、ブレード口座の2種類を用意しています。
スタンダード口座がスプレッドを取るSTP口座になり、ブレード口座はほぼゼロスプレッド+手数料のECN口座になります。

TITAN FX(タイタンFX) スタンダード口座 ブレード口座

  • 口座タイプ:STP→スタンダード口座 ECN→ブレード口座
  • スプレッド:スタンダード口座→ドル円1.2pips程度 ブレード口座→スプレッドほぼゼロ+手数料(往復0.7pips)
  • Titan FX(タイタン FX)の評価と特徴
  • 最小発注ロット:0.01ロット(1,000通貨)
  • 最大発注ロット:100ロット(1,000万通貨)
  • 最大レバレッジ:500倍
  • 強制ロスカット:証拠金維持率の20%を下回った時点
  • ゼロカットシステム:あり(追証なし)
  • プラットフォーム:MT4、MT5 ※MT4はMacにも対応
  • 入金方法:クレジットカード、Bitwallet、海外送金
  • 最低入金額:特になし(1万円以下の場合は送金手数料が取られます)

スタンダード口座は通常の 裁量トレード やデイトレード、スイングトレード用のEAに最適な口座です。また、ブレード口座は スキャルピング トレードやスキャルピング系の自動売買EAに適しています。

スタンダード口座もブレード口座も取引コストが安い

どちらの口座も素晴らしい口座なのは間違いありませんが、個人的にはブレード口座のスペックが非常に高いと実感しており、他のFX業者よりも手数料が低いので利益を大きく取れます。
TITAN FXは約定力も高くリクオートもしませんので、トレードスタイルによって口座選択しましょう。

DD方式、NDD方式、STP、ECN方式についてのイメージ図

  • STPとは、Straight Through Processingの頭文字を取ったものであり、FXブローカーを介し、直通でインターバンクに通っていく仕組みになります。
    約定スピードが速く、リクオート(約定拒否)もないため、DD方式より透明性が高いです。
  • FXブローカーは取り次ぐ際にメジャー通貨で約1~3pips程度のスプレッドを乗せます。(マイナー通貨だとよりスプレッドが広くなります)
    この上乗せしたスプレッドがFXブローカーの利益にあたります。
    なお、 海外FXブローカーでいうとスタンダード口座という口座がSTP方式の口座 になります。
  • ECNとは、Electric Communications Networkの頭文字を取ったものであり、直訳すると電子商取引と呼ばれます。
    ECNもSTPと同様にトレーダーの注文がインターバンクに直結するのですが、STPよりもさらに透明性が高く、約定スピードが速いのが特徴です。
  • STPはスプレッドを上乗せしますが、ECNはスプレッドがほぼゼロになるという特徴があります。
    その代わり、ECNではトレーダーから得た利益から手数料を取るという仕組みになっていて、FXブローカーが利益を取っています。

TITAN FXの特徴

TITAN FXの特徴はなんといっても「最高の取引環境」です。
前述のように、取引コストの安さは海外FX業者の中でも1位か2位を争うくらい素晴らしい競争力を持っています。
破格のスプレッドと取引環境を提供しており、スキャルピングトレーダーにとっても使いやすいFX業者で過言はなく、公式サイトでもその旨の記載が書いてあります。

TITAN FX(タイタンFX) スタンダード口座 ブレード口座 スプレッドなど

他のFX業者の場合、入金ボーナスなどを用意していますが、TITAN FXで入金ボーナスなどは一切ありません
その代わりに、スプレッドを狭くするなどして取引コストを安くすることをモットーとしています。
そもそも入金ボーナスなどは少し広めのスプレッドからユーザーに提供しているため、生涯的に考えれば、むしろ狭いスプレッドを提供してくれるTITAN FXの方が入金ボーナス分以上のコスト削減しているでしょう。

TITAN FXの取扱通貨ペア数が多い

TITAN FXではメジャー通貨からエキゾチック通貨までその数なんと70を超える通貨ペアを取り扱っています。

  • USDJPYやEURUSDなどのメジャー通貨
  • 北欧系通貨や新興国通貨
  • 金、石油、CFD(Nikkei225やUS30)など

TITAN FX独自のゼロカットルールが改善

2019年3月よりゼロカットルールが改善され、以前は1ユーザー単位でしたが、各口座単位に変更になりました。
このユーザー単位というのがあまり評判が良くないルールでしたが、各口座単位でゼロカットを執行するようになり、よりユーザーが喜ぶ環境を用意した、とも言えます。

以前は、1ユーザー単位で見ていたので、B口座がマイナスになればA口座→B口座に資金を入れて対応する必要がありました。
しかし、現在は「口座単位」になったため、B口座がゼロカットされて終了するというルールに変更されたということになります。

TITAN FXは法人口座も可能

海外FX業者では個人口座しか作成ができない業者も多い中、TITAN FXは法人口座も開設が可能です。大手FX業者のXMも現在は個人口座を受け付けていないので、法人口座可能なのはありがたいです。
念の為、TITAN FXの法人口座の必要書類は下記となります。

  • 会社の登記簿謄本
  • 会社役員全員の運転免許証と健康保険証またはパスポート、マイナンバーカード

まとめ:取引環境を重視したい人はTITAN FXがおすすめ

TITAN FX(タイタン)についてまとめてみました。TITAN FXは、低スプレッドを提供していることが強みであり、他の海外FX業者よりも断然コストが安く、おすすめできるFX業者です。
特にスキャルピングトレードを行いたい人にとってはぜひ口座開設しておきたいFX業者の一社です。
日本語サポートも充実しており(ライブチャットもあり)出金もしっかりと行ってくれるその謙虚な姿勢に好感が持てます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる