FX初心者が稼ぐために

オーバーナイトポジション

オーバーナイトポジション

一晩の位置定義 - ビットコイン - 2022

簡単に言えば、オーバーナイトポジションは、取引日の終わりまでにクローズされない取引ポジションです。 これらの取引は翌日の取引のために一晩開催されます。 一晩のポジションは、通常の取引が終了した後に起こる不利な動きによるリスクにトレーダーをさらします。 このリスクは、取引されている市場に応じて、さまざまな程度に軽減できます。 たとえば、通貨(SPOT)市場では、ストップロスや指値注文などの条件付き注文をオープンポジションにアタッチできます。

通貨市場では、オーバーナイトポジションは、外国為替取引日の終わりである東部標準時午後5時の時点で、外国為替トレーダーが保有するすべてのオープンロングおよびショートポジションを表します。 一晩取引とは、取引所の終結後、取引開始前に行われる取引を指します。 一晩の取引時間は、投資家が取引しようとする交換の種類によって異なります。 代替市場には、外国為替取引や暗号通貨が含まれる場合があります。 各市場には、市場外の時間帯に取引を行う際に投資家が考慮する必要がある夜間取引の基準があります。

オーバーナイトのポジションを保持することには利点と欠点があります。 外国為替市場では、技術的には午後5時ESTが取引日の終わりと見なされますが、今日では技術の出現とこの分野のグローバルな性質により、この市場は24時間年中無休で営業しています。 新しい取引日は午後5時以降に始まるため、東部標準時で午後4時59分までにオープンし、東部標準時午後5時1分でクローズするポジションは、依然としてオーバーナイトポジションと見なされます。 北米、オーストラリア、アジア、および欧州市場の取引所間の取引時間の重複により、トレーダーはいつでもブローカーディーラーを通じて外国為替取引を実行することができます。

この利便性にはコストがかかり、ロールオーバー金利と呼ばれます。 オーバーナイトポジションのこのレートは、クレジットまたはデビットとして取引口座に影響します。 外国為替では、ロールオーバーとは、取引日の終わりに決済せずにポジションが拡大することを意味します。 トレーダーの場合、ほとんどのトレードはクローズまたは決済するまで毎日ロールオーバーします。 ロールオーバーは、spot-nextまたはtom-nextトランザクションを使用して実行されます。 トレーダーが月曜日の東部標準時午後4時59分にポジションを入力し、同じ月曜日の東部標準時午後5時3分にクローズした場合、ポジションは東部標準時午後5時を過ぎて保持されているため、ロールオーバーの対象となります。

一晩のポジションを維持するかどうかの決定

通常、オーバーナイトポジションを維持するかどうかの決定には、多くの要因が関係します。 外国為替トレーダーは通常、リスク、資本コスト、レバレッジの変更、および戦略を考慮して、オーバーナイトのポジションを維持することを決定します。 オーバーナイトポジションを維持することの全体的な目標は、トレードをオーバーナイトで保持するか、損失するデイタイムトレードの損失を最小限に抑えることにより、トレードの利益を増やすことです。

一部の株式投資家は、終夜のポジションを維持することは有益な戦略であると考えていますが、他の投資家は、クローズ時間の少し前に株式を売買する方がより収益性の高い動きだと考えています。 夜通しのポジションを維持することを信じる人は、多くの場合、夜通しポジションを保持してから、朝、できるだけオープニングベルの近くで売ります。 早めに取引することにより、株式とトレーダーは新鮮であり、前日の市場の潜在的なマイナス面が口座をクリアしました。

オーバーナイトポジションが日中の損失を利益に変えることはまれであり、さらに、オープンポジションをオーバーナイトに保つことにはリスクがあります。 主に、壊滅的なニュースや市場に影響を与える可能性のある他のイベントの到来により、市場は一晩で劇的に変化します。 このリスクは、多くの投資家が昼間の取引のみに厳しいポリシーを持っている理由です。 また、借入費用の検討が決定に影響する場合があります。 技術的には、オーバーナイトのポジションでは、ポジションを維持するためにブローカーのレバレッジが必要です。

DS オーバーナイトポジション 4リヴォリPureTech(FF/8AT)【試乗記】 フレンチプレミアムの矜持

ブランド一覧はこちらこの記事を読んだ人が他に読んだ記事試乗記ニュース画像・写真モーターショー自動車ヒストリー特集エッセイクルマ生活Q&AFrom Our StaffデイリーコラムCarScope谷口信輝の新車試乗水野和敏的視点池沢早人師の恋するニューモデル思考するドライバー山野哲也の“目”あの多田哲哉の自動車放談webCGプレミアム記事一覧日刊!名車列伝動画ギャラリープレゼント トヨタレクサススバルマツダスズキダイハツホンダ日産三菱ポルシェメルセデス・ベンツアウディBMWMINIフォルクスワーゲンボルボルノープジョージャガーアルファ・ロメオフェラーリ

DS 4リヴォリPureTech(FF/8AT)【試乗記】

DS 4リヴォリPureTech(FF/8AT)

世界で一番美しいクルマ

DS 4はこの2022年1月にパリで開催された「第37回国際自動車フェスティバル」において「Most Beautiful Car of The Year=世界でもっとも美しいクルマ」に選出されたそうである。彫刻のようなドアのプレスライン、鋭く複雑な陰影を見せるリアクオーターピラー、宝石のような前後ライト……と、なるほどDS 4のデザインにはスキがない。ディテールの手数は多いが、全体はスッキリしている。

5ドアハッチバックとコンパクトSUVを融合したようなスタイリングが特徴の「DS 4」。ディテールでは、シャープなプレスラインやきらびやかな灯火類の意匠などが目を引く。
5ドアハッチバックとコンパクトSUVを融合したようなスタイリングが特徴の「DS 4」。ディテールでは、シャープなプレスラインやきらびやかな灯火類の意匠などが目を引く。拡大
インテリアでは、各部のディテールにエッジの効いた三角やひし形の意匠を採用。残念ながら、「DS 9」や「DS 7クロスバック」に付いていたB.R.Mのクロックは装備されていない。
インテリアでは、各部のディテールにエッジの効いた三角やひし形の意匠を採用。残念ながら、「DS 9」や「DS 7クロスバック」に付いていたB.R.Mのクロックは装備されていない。拡大
インテリアのイメージを崩さぬよう、ダッシュボード中央の空調吹き出し口は隠すようにレイアウト。風向は、三角形のツマミや左右のダイヤルで調整する。 オーバーナイトポジション
インテリアのイメージを崩さぬよう、ダッシュボード中央の空調吹き出し口は隠すようにレイアウト。風向は、三角形のツマミや左右のダイヤルで調整する。拡大
走行情報などを表示する7インチの液晶モニター。「リヴォリ」にはヘッドアップディスプレイも装備される。
走行情報などを表示する7インチの液晶モニター。「リヴォリ」にはヘッドアップディスプレイも装備される。拡大

大きなグローブボックスにファンは落涙する

インフォテインメントシステム「DS IRIS」は、10インチタッチスクリーンのほかに音声でも操作可能。カーナビゲーションシステムはオランダのトムトム製で、「リヴォリ」には駐車時などに重宝する「360°ビジョン」も装備される。
インフォテインメントシステム「DS IRIS」は、10インチタッチスクリーンのほかに音声でも操作可能。カーナビゲーションシステムはオランダのトムトム製で、「リヴォリ」には駐車時などに重宝する「360°ビジョン」も装備される。拡大
「リヴォリ」ではセンターコンソールに「DSスマートタッチ」を装備。タッチスクリーンまで手を伸ばさなくても、各種機能の操作が可能だ。
「リヴォリ」ではセンターコンソールに「DSスマートタッチ」を装備。タッチスクリーンまで手を伸ばさなくても、各種機能の操作が可能だ。拡大
「DSスマートタッチ」では、多用する6つの機能の設定、および呼び出しが可能。誤操作を避けるためか、タッチスクリーンを数秒押し続けていると操作入力がアクティブとなる。
「DSスマートタッチ」では、多用する6つの機能の設定、および呼び出しが可能。誤操作を避けるためか、タッチスクリーンを数秒押し続けていると操作入力がアクティブとなる。拡大
最新のプラットフォームの採用によって実現した、大きなグローブボックス。ようやく、車検証や分厚い説明書などをまとめてしまえるようになった。 オーバーナイトポジション
最新のプラットフォームの採用によって実現した、大きなグローブボックス。ようやく、車検証や分厚い説明書などをまとめてしまえるようになった。拡大
「リヴォリ」に備わるバサルトブラックレザーシート。運転席にパワーシートが標準装備されるほか、オプションでシートヒーターやベンチレーション機能(ともに運転席・助手席)、助手席パワーシートが用意される。
「リヴォリ」に備わるバサルトブラックレザーシート。運転席にパワーシートが標準装備されるほか、オプションでシートヒーターやベンチレーション機能(ともに運転席・助手席)、助手席パワーシートが用意される。拡大

パワーに不満はないものの

ただ、3気筒特有のエンジンサウンドだけは音質、そして音量ともども、DS 4の超クールな内外装にはちょっと不似合いに思えたのは事実だ。DS 4は基本的にとても静かなクルマであることは、走行中のロードノイズが車内には印象的なほど聞こえてこないことで分かる。まだ試乗はできていないが、1.6リッター直4ベースのプラグインハイブリッド車はもちろん、1.5リッターの直4ディーゼル車でも、トータルでは今回の1.2リッターガソリン車より静かであろうことが予想できる。

パワートレインの種類は1.2リッターガソリンターボエンジンと1.5リッターディーゼルターボエンジン、1.6リッターガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの3種類。試乗車の1.2リッターガソリンターボエンジンは130PSの最高出力と230N・mの最大トルクを発生する。
パワートレインの種類は1.2リッターガソリンターボエンジンと1.5リッターディーゼルターボエンジン、1.6リッターガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドの3種類。試乗車の1.2リッターガソリンターボエンジンは130PSの最高出力と230N・mの最大トルクを発生する。拡大
1.2リッターガソリンエンジン車の燃費はWLTCモードで17.7km/リッター。ディーゼル車には一歩ゆずるが、実はプラグインハイブリッド車「E-TENSE」のハイブリッド燃料消費率より良好な数値となっている。
1.2リッターガソリンエンジン車の燃費はWLTCモードで17.7km/リッター。ディーゼル車には一歩ゆずるが、実はプラグインハイブリッド車「E-TENSE」のハイブリッド燃料消費率より良好な数値となっている。拡大
“つまみ”を思わせる特徴的なシフトセレクターは、最新世代のプジョー車、シトロエン車、DS車に共通のもの。トランスミッションはトルコン式8段ATだ。
“つまみ”を思わせる特徴的なシフトセレクターは、最新世代のプジョー車、シトロエン車、DS車に共通のもの。トランスミッションはトルコン式8段ATだ。拡大
必要十分なパワーに加え、軽量なパワートレインが実現する回頭性のよさも「ピュアテック」搭載車の魅力。弱点としては、いささかにぎやかなエンジンサウンドが挙げられる。
必要十分なパワーに加え、軽量なパワートレインが実現する回頭性のよさも「ピュアテック」搭載車の魅力。弱点としては、いささかにぎやかなエンジンサウンドが挙げられる。拡大

乗り心地は“プジョーとシトロエンの中間”

今回の試乗車は上級グレードの「リヴォリ」で、サスペンションには赤外線カメラと電子制御可変ダンパーを組み合わせた、DS自慢の「アクティブスキャンサスペンション」が標準装備となる。ただし、リアサスペンションは先達の「DS 7クロスバック」や「DS 9」とは異なり、シンプルなトーションビームである。トーションビームとアクティブスキャン~の組み合わせは、これが初体験だ。

残念ながらDS 9は個人的に未体験だが、優しい路面タッチと上下動の少なさの両立レベルは、少なくともDS 7クロスバックよりは高度といっていい。路面によって少しゴトゴトと突き上げられる後席の乗り心地だけは、トーションビームのせいかもしれない。

タイヤサイズは全車共通で205/55R19。試乗車には「ミシュラン史上最高の低燃費性能」がうたわれるエコ/コンフォートタイヤ「eプライマシー」が装着されていた。
タイヤサイズは全車共通で205/55R19。試乗車には「ミシュラン史上最高の低燃費性能」がうたわれるエコ/コンフォートタイヤ「eプライマシー」が装着されていた。拡大
ドライブモードは「エコ」「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」の4種類から選択可能。もとが左ハンドルの国のクルマなためか、操作スイッチはセンターコンソールの左側(=助手席側)に備わっている。
ドライブモードは「エコ」「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」の4種類から選択可能。もとが左ハンドルの国のクルマなためか、操作スイッチはセンターコンソールの左側(=助手席側)に備わっている。拡大
リアシートは6:4の分割可倒機構とアームレストスルー機構付き。総じて快適ではあったものの、ゴトゴトとした突き上げを感じたり、フワンフワンと過度に揺さぶられたりするシーンもあった。
リアシートは6:4の分割可倒機構とアームレストスルー機構付き。総じて快適ではあったものの、ゴトゴトとした突き上げを感じたり、フワンフワンと過度に揺さぶられたりするシーンもあった。拡大
カメラによって自車前方の路面状態を読み取り、リアルタイムでダンパーの減衰力を調整する「DSアクティブスキャンサスペンション」。センサーの都合で、豪雨時や降雪時などは作動しない。
カメラによって自車前方の路面状態を読み取り、リアルタイムでダンパーの減衰力を調整する「DSアクティブスキャンサスペンション」。センサーの都合で、豪雨時や降雪時などは作動しない。拡大

プレミアムカーとしての説得力が増した

ボディーカラーは試乗車の「ブランナクレ」を含む全5種類。どの車体色でもルーフはブラックとなる。
ボディーカラーは試乗車の「ブランナクレ」を含む全5種類。どの車体色でもルーフはブラックとなる。拡大
最新のプレミアムモデルらしく運転支援システムは充実している。車線維持支援機能付きの全車速対応型クルーズコントロールや、交通標識の読み取り機能などが全グレードで標準装備される。
最新のプレミアムモデルらしく運転支援システムは充実している。車線維持支援機能付きの全車速対応型クルーズコントロールや、交通標識の読み取り機能などが全グレードで標準装備される。拡大
センターコンソールのポケットには、携帯端末の非接触充電装置を搭載。USB Type-Cソケットも、前席用に2つ、後席用にも2つ装備される。
センターコンソールのポケットには、携帯端末の非接触充電装置を搭載。USB Type-Cソケットも、前席用に2つ、後席用にも2つ装備される。拡大
Cセグメントにしては大柄な車体の恩恵により、荷室には430リッターの容量を確保。床下にはパンク修理キットなどが収められている。 オーバーナイトポジション
Cセグメントにしては大柄な車体の恩恵により、荷室には430リッターの容量を確保。床下にはパンク修理キットなどが収められている。拡大
独創的なデザインと上質な仕立て、先進的な機能・装備が特徴の「DS 4」。プレミアムブランドのモデルとして十分に説得力のあるクルマに仕上がっていた。
独創的なデザインと上質な仕立て、先進的な機能・装備が特徴の「DS 4」。プレミアムブランドのモデルとして十分に説得力のあるクルマに仕上がっていた。拡大

テスト車のデータ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4415×1830×1495mm
ホイールベース:2680mm
車重:1420kg
駆動方式:FF
エンジン:1.オーバーナイトポジション 2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:130PS(96kW)/5500rpm
最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)205/55R19 97V XL/(後)205/55R19 97V XL(ミシュランeプライマシー)
燃費:17.7km/リッター(WLTCモード)
価格:449万円/テスト車=495万3500円
オプション装備:パールペイント(9万3500円)/パッケージオプション<助手席パワーシート+フロントシートヒーター&ベンチレーション+ステアリングヒーター+フロントマルチポイントランバーサポート+ハンズフリー電動テールゲート+FOCAL HiFi 14スピーカー>(37万円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:1661km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5)/高速道路(2)/山岳路(3)
テスト距離:542.0km
使用燃料:49.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.9km/リッター(満タン法)/11.7km/リッター(車載燃費計計測値)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる