FX のやり方

資産形成の新しいカタチ

資産形成の新しいカタチ

LINEのウォレットタブから「LINEスマート投資」をタップするだけでアクセスできる

資産形成の新しいカタチ

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2022年6月24日

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

設定日 2021年4月26日

当社取扱開始日 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益)
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

資産形成の新しいカタチ

株式会社アイ・ディー・シー

無料投資セミナー申し込みはこちら

無料投資セミナー申し込みはこちら

人口減少している中、
2000万問題・老後の不安、心配を抱えたまま
不動産投資をはじめてみた…
色々な投資を試してみた…

私たちのこだわりを
デザイナーズ賃貸アパート
「パロス」
に詰め込みました

住所 兵庫県西宮市
価格 7,700万円(土地+建物)
家賃収入 485.1万円(年間)
表面利回り 6.63%
竣工 2015年
構造 木造6世帯
住所 兵庫県西宮市
価格 7,700万円(土地+建物)
家賃収入 485.1万円(年間)
表面利回り 6.63%
竣工 2015年
構造 木造6世帯

資産形成の新しいカタチ

表面利回りより、運営上のキャッシュフローと売却額が重要です。
将来の売却による表面利回りが、購入時より悪くなっても、自己資金をしっかり回収することと、
売却時に利益を出せれば賃貸経営・不動産投資で失敗するリスクは極めて低いと考えます。

LINE初の資産形成サービス「LINEスマート投資」--あえてFOLIOとタッグを組んだ理由

キャプション


(左から)LINE代表取締役社長CEOの出澤剛氏、FOLIO代表取締役社長CEOの甲斐真一郎氏

キャプション


「LINEスマート投資」

キャプション


LINEのウォレットタブから「LINEスマート投資」をタップするだけでアクセスできる

ユーザーフレンドリーになっていない金融業界

なぜ、FOLIOと組んだのか

あなたにおすすめの記事

  • LINEで分散投資が可能に--FOLIOがLINEと資本業務提携、約70億円の大型調達も 2018年01月18日 16時41分
  • LINEは金融を“Redesign”できるか--出澤社長が語る「決済革命」やブロックチェーン 2018年07月03日 08時00分
  • LINEが明かす「トークンエコノミー」の全貌--グルメや旅など5つの“dApp”サービス 2018年09月27日 16時48分
  • Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:日本CAの懇親会&お誕生会でニューヨーカー気分編 2018年07月31日 11時45分

-PR- 企画特集

  • 契約書類のペーパーレス化を実現—弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」
  • 事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法
  • 【事例】導入初年度に売上高が30億円から37億円に!劇的なV字回復を働き方改革で実現
  • B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な効果…
  • これまでのようなオフィスが本当に必要ですか?「つながりの時代」の新しい選択肢
  • IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

金融のアクセスランキング

  • 1 「PayPay」がオートチャージ機能を改善--決済時に残高不足でも決済完了
  • 2 「NFTブームは終わった」?--終焉説を信じるべきでない理由
  • 資産形成の新しいカタチ
  • 3 「Bored Ape Yacht Club」の新たなメタバースはNFTの進化を示す

編集部おすすめの記事

本日の主要記事

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US 資産形成の新しいカタチ Edition of 'CNET', 'ZDNet' 資産形成の新しいカタチ and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET 資産形成の新しいカタチ News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures 資産形成の新しいカタチ Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

新しい資産運用のカタチ『ラップセレクション』に注目!

タイアップ広告制作グループ

【太田】この数年で金融商品やサービスは洗練され、個人のお客様が安心してお持ちいただける商品が次々に開発されています。ラップ型運用を活用した商品もその一つ。その中でラップ口座は、お客様と投資一任契約を結んだ信託銀行や証券会社が、運用にかかる投資判断や売買、管理などを、お客様に代わって一括して引き受けるサービスです。日本では90年代半ば、主に富裕層向けとして登場しましたが、最近は300万円や500万円から購入できる商品も登場し、投資のハードルは下がっています。そこにきて近年のインフレ懸念の高まりや預貯金の金利低下などの事情が重なり、注目度が急進。この1、2年は市場全体が著しく伸びています。

商品ラインアップを拡充
1万円からでも投資可能な『ラップセレクション』

【八塩】三井住友信託銀行でも独自のラップ型運用を活用した「ラップセレクション」を展開していますね。どのようなラインアップがあるのでしょうか。

【太田】ラップ口座では投資金額が3000万円以上のオーダーメードサービス『三井住友信託SMA』をはじめ、500万円から投資できる『三井住友信託ファンドラップ』、1万円から購入できて積み立てにも使える投資信託『コア投資戦略ファンド(安定型)/(成長型)』、個人年金保険では200万円(もしくは2万通貨以上)で取扱いできる『ラップライフ(引受保険会社:第一フロンティア生命保険(株))』を揃えています。いずれも共通しているのは、分散投資の手法を取り入れ、長期安定運用を目指している点です。長く安心して保有できる商品を、多くのお客様に届けたい──この思いから幅広い商品開発に取り組んできました。

【八塩】1万円から投資できる商品もあるのですね。これなら年代や収入、ライフステージに応じて最適なものが見つかりそうです。

【太田】現役ビジネスパーソンの資産形成はもちろん、退職金の運用や相続財産のお預かりなど、さまざまな目的に合わせてご利用いただいています。特に『コア投資戦略ファンド(安定型)/(成長型)』は、昨年始まったNISA(少額投資非課税制度)向けに、うまくご活用いただきたい商品ですね。

「若いうちから金融リテラシーを高めて」withコロナ時代の“リスクに備えるコツ”を投資のプロが伝授

アセットマネジメントOne株式会社 運用本部 ソリューション戦略運用グループ クオンツ運用担当 ファンドマネジャー 得能 達 氏

※期間:2019年12月31日~ 2020年3月30日(日次)※2019年12月31日を100として指数化。※各資産の指数については下記の使用指数をご覧ください。※各資産の指数は、「コロナショック」が各市場に与えた影響を示すために載せています。当ファンドのベンチマークではありません。※当ファンドでは、投資対象資産のうち国内債券、為替ヘッジ先進国債券を「安定資産」、新興国債券、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内リート、先進国リートを「リスク性資産」とします。※比率の合計は、端数処理の関係で100%とならない場合があります。※比率は純資産総額に対する割合です。※基準日時点での設定・解約を反映した数値を基に作成しています。 ※各資産はマザーファンドを表します。安定資産およびリスク性資産への投資はマザーファンドを通じて実質的に行います。出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

変動リスクを抑えた効率のよい運用で、着実にリターンを確保

━━ 「守りを重視したファンド」ということですが、リターンは期待できないのでしょうか。

投資のソムリエおよび投資対象資産のリスク・リターン(投資のソムリエ設定来)

cup

※リスク1単位当たりのリターン(リターン÷リスク)を表し、一般にこの値が高いほど、投資効率が優れていると言えます。 ※期間:2012年10月26日~ 2020年12月30日 ※リスクは日次騰落率の標準偏差を、リターンは日次騰落率を基にそれぞれ年率換算して算出しています。出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

━━ 「投資のソムリエ」はどんな人に、どのように活用してもらいたいですか。

お申込みに際しては、販売会社からお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

投資のソムリエ
(追加型投信/内外/資産複合)

cup

指数の著作権等
■NOMURA‒BPI総合の知的財産権その他一切の権利は野村證券株式会社に帰属します。なお、野村證券株式会社は、同指数の正確性、完全性、信頼性、有用性を保証するものではなく、ファンドの運用成果等に関して一切責任を負いません。
■FTSE世界国債インデックスは、FTSE Fixed Income LLCにより運営されている債券インデックスです。同指数はFTSE Fixed Income LLCの知的財産であり、指数に関するすべての権利はFTSE 資産形成の新しいカタチ Fixed Income LLCが有しています。
■JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラスに関する著作権等の知的財産その他一切の権利はJ.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーに帰属します。
■東証株価指数(TOPIX)、東証REIT指数は、株式会社東京証券取引所(㈱東京証券取引所)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用など同指数に関するすべての権利は、㈱東京証券取引所が有しています。
■MSCIコクサイ・インデックス、MSCIエマージング・マーケット・インデックスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利はMSCI Inc.に帰属します。また、MSCI Inc.は同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
■S&P先進国REITインデックスは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCまたはその関連会社の商品であり、これを利用するライセンスが委託会社に付与されています。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLCまたはその関連会社は、いかなる指数の資産クラスまたは市場セクターを正確に代表する能力に関して、明示または黙示を問わずいかなる表明または保証もしません。また、S&P先進国REITインデックスのいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切責任を負いません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる