FX のやり方

トレンドの定義

トレンドの定義
お問い合わせは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)

トレンドの定義

テクニカル分析では、トレンドがトレンドライン、または値動きによって識別されます。価格がより高い高値(ハイヤーハイ、英:Higher high)、より高い安値(トレンドの定義 ハイヤーロー、英:Higher low)を更新していく場合は、上昇トレンドを示します。または、価格がより安い安値(ロウワーロウ、英:Lower low)、より安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)を更新していく場合は、下降トレンドを示します。通常、テクニカル分析を行うトレーダーは、上昇相場、下落相場、持ち合い相場を視覚化できるようにトレンドラインを描きます。トレンドラインは、ローソク足の2つ以上の安値を結び、サポートライン(支持線)もしくはレジスタンスライン(上値抵抗線)としてその線をさらに延長する直線のことを言います。

トレンドの仕組み:

トレーダーは、トレンドライン、値動き、テクニカル指標など、様々な形式のテクニカル分析を使用してトレンドを特定できます。たとえば、トレンドラインはトレンドの方向を示し、相対力指数(英:Relative Strength Index、RSI)は特定の時点でのトレンドの強度を示すように設計されています。

トレンドは、ファンダメンタル分析に焦点を当てた投資家によっても使用される場合があります。この形式の分析では、収益、またはその他のビジネスまたは経済指標の変化に注目します。たとえば、ファンダメンタルアナリストは、1株当たり利益(EPS:Earnings Per Share)と収益成長率を調べることができます。過去4四半期の収益が増加した場合、プラス傾向を表しています。ただし、過去4四半期に収益が減少した場合は、マイナス傾向を示しています。

主要ポイント:

  • トレンドとは、市場、資産、または指標の一般的な方向です。
  • 上昇トレンド、下降トレンド、または保ち合い(トレンドのない期間)があります。
  • 上昇トレンドは、より高いスイングハイ、より高いスイングローなどの上昇傾向のデータポイントによって示されます。
  • 下降トレンドは、より低スイングローおよびより低スイングハイなどの下降傾向のデータポイントによってマークされます。
  • 多くのトレーダーは、トレンドと同じ方向で取引することを選択し、そのトレンドの継続から利益を得ようとします。
  • 値動き、トレンドライン、およびテクニカル指標はすべて、トレンドを特定し、トレンドが反転しているときに警告するのに役立つツールです。

トレンドラインの使用

トレンドを識別する一般的な方法では、一連の高値(下降トレンド)または低値(上昇トレンド)を結ぶトレンドラインを使用します。上昇トレンドは一連のより高い安値(ハイヤーロー、英:Higher low)を結び付け、将来の価格変動に対するサポートレベルを作成します。下降トレンドは一連のより安い高値(ロウワーハイ、英:Lower high)をつなぎ、将来の価格変動に対するレジスタンスレベルを生み出します。サポートレベルとレジスタンスレベルに加えて、これらのトレンドラインはトレンドの全体的な方向を示しています。

「トレンド」とは?言葉の意味やネット・経済界(ビジネス)での意味合い


※2016年10月28日のトレンド表示です

ウェブ版ではこんなふうに、地域別のトレンドまで知ることができるんです!
また、googleでは、googleで検索された特定のキーワードの時系列での検索数の推移(「検索ボリューム」と表現されます)を「トレンド」と呼びます。

「青木」で調べてみるとこんな感じ。以下に多く検索されている国や関連キーワードが続きます。
青木は日本だけでなくアメリカや中国、オーストラリアでもよく検索されているみたいです。何故だ…。

Google トレンドの定義 Trendsのトップページでは、過去24時間で検索ボリュームが大きく増えたキーワードをランキング形式で紹介しています。(※画像は2016年10月28日のトレンド表示です)
検索エンジンで上位にページを掲載させることが大きな目標となっているウェブ業界において、Google Trendsは必須のプログラムと言えます。

注意すべきは経済界での「トレンド」

チャートのイメージ

株における「トレンド」は、ファッションやキーワードのような「人気」ではなく「傾向」の意味合いで使われます。ご存知の通り、株価は日々上昇したり下降しているものですが、まとまった期間を流れで上昇していると「上昇トレンド」、下降していると「下降トレンド」と表現されるようになります。

上記の写真に掲載されたグラフでは、最初のほうは下降トレンド、中央部分が上昇トレンドになっていると言えますね。日々の変動のアウトラインを結んだ線を「トレンドライン」と言い、これを見極めることは株に携わる人の必携スキルとされています。
辞書に掲載された意味から乖離しているわけではないけれど、意外な広がりがある「トレンド」という言葉。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる