FXの自動売買とは

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編
高橋氏:
ジェトロ白書は「総論」と「各国編」で構成されています。本日ご説明する「総論」ではその時々の旬のテーマを取り上げています。ミクロの視点――企業活動に直結する情報を提供することに主眼を置く点が「通商白書」との違いです。

公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(後編)

前回、日本の年金制度は破綻しない、という話をしました。とかく年金と言えば破綻するという人が多いのですが、破綻はむしろ可能性がほとんどないと考えてほしいと思います。 しかし「破綻しない」ことと「安心できる」ことはまた別問題です。破綻=不安というコドモ的極論でしか思考していないと、破綻しない=安心、ではないかと考えてしまいますが、そもそも破綻と安心は同義ではありません。 年金について学ぶときは、「破綻はしないけれど、安心できない面がある」という現実をしっかり知ることが大事です。 それでは安心ができない3つのポイントを整理してみます。

(不安1)給付を引き下げる方向性は変わらない 投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編
前回、年金改正をしているので破綻しないといいました。破綻しないために具体的に何をしているか、といえば給付の引き下げです。給付を引き下げれば総額の支払いは少なくなりますので、破綻せずに制度を続けていくことができます。 しかし、これは破綻はしないが不安が生じる要因です。繰り返しますが「制度は破綻しない」のですが、「生活の不安は高まる」ということです。 今、年金生活を送っている世帯の64%は国の年金に老後の生活を100%依存しているそうです。こうした生活は老後の基礎的収入を得ることはできても、豊かな老後とはいえなくなります(今までも公的年金だけで豊かさは実現困難でした)。これからの世代は国の年金におおむね半分程度頼るようにシフトし、しっかり自分でも備えていく必要があります。 (不安2)長生きになるほど頼れる相手は少ない
長生きする期間は戦後急速に長くなりました。1970年代まで老後の期間は10年程度と考えられてきましたが、現在では定年後の期間を20年見積もる必要があります。この期間はまだ延びると考えられています。 しかし、頼れる相手はどんどん減少しています。兄弟・親戚間で支え合おうにも兄弟数の減少により頼れる親族数が減っているからです。 子もあまり頼れません。子の数が減少していますし、子の経済状況が親より豊かな時代でもないからです。当然独身者は子に頼るわけにはいきません。 50年前は、親族が近くに住んでいることで支え合ったり、子と同居していることで生活コストの多くを軽減することができました。これからの時代は、自分の老後を誰かの仕送り等でやりくりする発想は今後は捨ててかかるべきだと思います。 年金制度が維持されても老後の不安は高くなると考えるべきです。 (不安3)制度改正が遅れるほど不安定になる
わが国では現在、年金改正が順調に進まない状態にあります。いろいろな反対意見が出ているからですが、年金改正を遅らせるほど不安が高まるという状態にあります。 例えば年金受給開始年齢の引き上げですが、20年後の日本人の平均寿命が3年伸びているのであれば、受給開始年齢を引き上げても何らおかしいことはありません。むしろ今の世代より3年長く年金をもらえることになり、国の負担は増してしまいます。 それに改正をするのであれば20年前くらいから予告してくれたほうが対策も取れます。20年後のリタイア年齢が3年引き上げることに備え、今から経済的準備をすれば負担は抑えられますが、「来年から3歳引き上げです」となれば、暴動が起きかねません(ギリシャで暴動が起きるのは年金改革が唐突すぎ、社会的影響が甚大だからです)。 前編で年金改正が行われるほど制度の破綻リスクは低くなると述べましたが、改正反対論者は実は制度の不安定さを高める取り組みに力を貸しているわけです。

制度の破綻がなくても、私たちは老後に不安を感じておく必要があります。 むしろ、公的年金制度の破綻のような漠然とした(そして誤った)論点でいつまでも考えている場合ではありません。むしろ、個人的でリアリティのある問題として老後の不安は考えるべきなのです。 しかし、不安を安心に変えていくためには、国の年金制度について適切な理解をしておくことが必要です。今の制度を知りつつ、今後の改正の可能性も視野に入れておく必要があります。 そして、国の年金制度で準備できない部分については、必要に応じて自ら備えていくことが大切です。 このコラムシリーズでは、20〜30歳代の「年金をもらうのはまだまだこれから」だけど、年金のことを知っておきたい世代に必要な最低限の知識を紹介していきます。 役所の人や年金の学者が言えないようなところもずばっと切り込んで説明してみたいと思いますので、よろしくお願いします。 ▶︎【第1回】公的年金が破綻しない理由と破綻しなくても安心できない理由(前編) - 退職・年金ナビ

投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編
【この記事もおすすめ】
▶︎公的年金とはどんな制度?どのような種類がある?控除の仕組みは?
▶︎老後資金は平均いくら必要?年金だけでは足りない?いまからでも間に合う資産形成について徹底解説!
執筆:フィナンシャル・ウィズダム代表 ファイナンシャル・プランナー/山崎俊輔

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

知識ゼロの初心者サラリーマン投資家でも「インデックスファンド積立投資」なら勝てる理由

多くのビジネスパーソンの支持を集める、登録者60万人超えの「サラリーマンYouTuber」、サラタメさん。 注目の処女作『真の「安定」を手に入れる シン・サラリーマン──名著300冊から導き出した人生100年時代の攻略法』は“鈍器本なのに、めちゃ読みやすい”と話題だ。 「仕事がデキない」「残業だらけ」「上司とソリが合わない」「転職したい」「老後のお金が不安」といった、人生100年時代を生きるサラリーマンの悩みを、まるごと解決してくれる本書から、その一部を抜粋して紹介する。 【この記事の画像を見る】 投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 〈結論〉 ・投資初心者は、インデックスファンドの積立投資がオススメ ・ファンド(投資信託)とは、「いろいろな投資商品の詰合せ」のようなもの ・アクティブファンドより、インデックスファンドがオススメ ・積立投資は、「複利の力」と「ドルコスト平均法」がポイント ・初心者にはインデックスファンドがオススメだが、他の投資手法も目的によってはOK 投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 ● なぜインデックスファンド? そもそもファンド(投資信託)とは? サラタメ:超ザックリいえば、「いろいろな投資商品の詰合せパック」みたいなものです! 〇メリット ・運用のプロにお任せするので、手間がかからない ・詰合せパックになっているので、分散投資になる ×デメリット ・運用のプロに任せる分、運用手数料がかかる ● 投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 インデックスファンドとは? マモル:ファンド(投資信託)の意味はなんとなくわかりましたが、インデックスファンドって何ですか? サラタメ:株価指数などに連動した運用を目指すファンドのことです。アクティブファンドと比較されることが多いですが、インデックスファンドのほうがオススメです! マモル:あまりよくわかっていませんが、なんとなく指数※を上回ることを目指すアクティブファンドのほうが、儲かりそうじゃないですか? サラタメ:そう思いますよね(笑)。ただ、景気をバッチリ予測して運用するなんて誰にもできないので、結局、指数を上回れないケースが多いんです。さらに手数料も高い……。 マモル:アクティブファンドは一応、頑張って上回ろうとする分、手数料が高いんですね……。 サラタメ:そうなんです。なので、結局は手数料が低く抑えられる「インデックスファンド」のほうが、投資パフォーマンスが高かったりするんです。個人的にはインデックスファンド一択かなと思います。 ※指数とは? 市場のモノサシのこと。ニュースでよく聞く「日経平均株価」「ダウ平均株価」などの株価指数をはじめ、「債券指数」「REIT(不動産投資信託)指数」「コモディティ指数」などがある。

2009年版 投資するなら押さえておくべき経済指標~海外編 ジェトロ貿易投資白書~~環境ビジネスで新たな成長を目指す日本企業のグローバル戦略~

高橋 俊樹写真

高橋氏:
ジェトロ白書は「総論」と「各国編」で構成されています。本日ご説明する「総論」ではその時々の旬のテーマを取り上げています。ミクロの視点――企業活動に直結する情報を提供することに主眼を置く点が「通商白書」との違いです。

世界の経済・貿易・直接投資の現状と見通し

東野 大写真

東野氏:
IMFの世界経済見通しでは、2008年と2009年はそれぞれ-3.2%、-1.3%のマイナス成長、2010年は+1.9%のプラス成長という数字が出ています(2009年7月時点の最新予測では、2009年-1.4%、2010年+2.5%に改訂)。ジェトロのマクロ貿易投資分析では、米国発の金融危機が、(1)国際金融市場における信用収縮と(2)世界的な貿易縮小、という2つのチャンネルを通じて、各国の実体経済に影響を及ぼしたという枠組みで一連の分析をしています。

海外市場で存在感を増す日本企業

貿易制限的措置、自由化、環境規制

水野 亮写真

水野氏:
2008年秋以降、各国で貿易制限措置の導入が相次いでいます。たとえば、2009年に導入された「バイアメリカン」条項などですが、そうした動きにより、1930年代に見られた貿易紛争や貿易ブロックが再来する懸念が一時期浮上し、各国に不安が広がりました。その後、新興国(ウクライナ、ロシア、ベトナム、インドネシア、インド、マレーシア、ブラジル、アルゼンチン)での相次ぐ関税引き上げや輸入ライセンス規制の導入などがありました。

安全性分析のための5つの指標~企業の決算書を分析して安全性を確認

安全性分析とは、企業の経営の安定性を決算書の内容から分析する手法のことを言います。
企業の経営の安定性とは、継続的に経営ができる状況であるか、ということになります。お金の面からそのことを一言でいえば、資金繰りが安定しているか、という点に集約されます。
企業は収益が出ていても、資金繰りが回らなくなると、倒産することがあります。また、財務内容が悪化すると、資金調達力が低下して、資金繰りが悪化するということもあります。
このような資金繰りが悪化するリスクを、決算書の内容から分析するのが安全性分析です。
以下では、安全性分析のために用いられる指標のうち代表的な5つの指標について紹介します。

安全性分析の指標:株主資本比率

総資産の額に対する株主資本の割合を計算したものです。負債(=他人資本)によって資金調達している企業はこの割合が低くなります。株主資本比率は業種・業態によっても大きく異なり、収益に対して総資産が膨らみやすい業態では低くなることがあります。通常の優良企業であれば数10パーセントの所もありますが、銀行等では10%程度が適正です。
この比率は収益変動のバッファの保有状況も意味しており、業績変動の大きい企業の場合、この比率が低いと、業績変動によって債務超過となりやすくなります。

安全性分析の指標:流動比率

企業の資産には、内容が常に変動していくものと、長期間に渡って固定するものがあります。流動性の高いもの、および、1年以内に受け取り・支払いが可能な資産・負債を流動資産・流動負債といいます。流動資産の流動負債に対する比率を示す指標を流動比率といい、短期的な企業の資金繰り状況を示す指標とされています。流動比率は100%以上であることが必須とされており、その割合が崩れていると、資金の回収・支出のタイミング次第では、資金ショートの可能性が懸念されます。

安全性分析の指標:当座比率

当座資産とは流動資産の中でも、特に流動性の高い、現預金・有価証券・売掛金などの資金化が容易な資産のことをさします。その当座資産と流動負債の割合を示すものが当座比率です。流動比率に近い概念ではありますが、当座資産に絞っているため、より実態的な資金繰り状況を示しています。

安全性分析の指標:固定比率

固定資産と自己資本の割合を示す指標であり、固定資産に対する投資について、返済が不要である自己資本によってどの程度まかなっているかを示しています。
固定資産には、企業が投資した資産のうち1年以上の長期間にわたって保有する資産が計上されています。そのため、その複数年を通じて資金回収を行っていく性格の資産となります。その固定資産を取得するにあたって、負債によって取得することは、資金回収と支払時期のギャップによって資金繰りが不安定になる危険性を生みます。固定比率はその危険性を示しています。
固定比率は100%以下であることが望ましいとされますが、装置産業では高くなる傾向があるため、業態も含めて検討する必要があります。

安全性分析の指標:インスタント・カバレッジ・レシオ

インスタント・カバレッジ・レシオの計算式:(営業利益+受取利息+受取配当金)÷(支払利息+割引料)(倍)
その企業が獲得している安定した事業からの利益(営業利益・受取利息・受取配当金)が、その企業が支払う必要とある支払利息・割引料の何倍有しているかを示す指標です。
安定した利払いを行うことができる収益力を有しているかどうかを判定することができます。倍率での計算であり、現在の収益が何分の一になったときまで利払い能力を有するかを示している指標のため、最低でも1倍以上であることが必須となります。
1倍を下回ると、自己資金を取り崩しながら利息の支払いを行うこととなるため、経営としては非常に不安定になります。

安全性分析にあたって留意すべきこと

今回は、安全性分析とは何かということと、その分析に使える指標として代表的な5つの指標を紹介しました。安全性の分析のためには、他にも固定長期適合率、経常収支比率など、様々な指標が存在しますが、この指標を見ておけば絶対大丈夫というものはありません。 分析の目的に基づいて、各種の指標の数値を比較検討し、バランスをもって判断をしていくことが重要です。
また、各指標の数値の推移を見ていくことで、より一層、その企業の状況や傾向がわかるようになりますので、過去からの数字も含めて分析していくことが重要です。

金融経済の基本

景気と金利

円安ドル高が予想されるときに、あらかじめドルを買っておいて、その後予想通り1ドル=100円から1ドル=110円になった場合、10円の為替差益が生じます。同時に、その時ドルは購買力の強い通貨になっているわけですから、ドルをそのまま保有し、ドルで預金したり、資産運用をしたりする人が増加します。
この状況では、ドル高予想のもと、ドル資金の供給が増えることになり、ドル金利は低下に向かいます。
また、円建ての預金の解約や金融商品の売却が増加すれば、円の資金供給は減少するので、円金利は上昇します。

物価上昇率が金利に比べて低いとき

金利のしくみ

  1. 単利か複利か
  2. 複利なら、1年複利か半年複利か1ヵ月複利か
  3. 年利か月利か
  4. 固定金利か変動金利か
  5. 運用期間は

これらをもとに算出された利息を1年当たりに直して、元本で割った数値のことを「利回り」といいます。
複利の場合は、得られた利息を元本に加えて運用するため、同じ金利の場合には単利よりも利回りは高くなります。
このほか、付利単位は?、付利最低残高は?なども考慮に入れておく必要があります。

身体障がい者手帳の交付を受けている人、遺族基礎年金の受給者である妻等については、元本350万円までの利息を非課税(障がい者等の非課税貯蓄制度、通称「マル優」)にする制度があります。
国債、地方債を対象として、マル優とは別に額面350万円までの債券の利子非課税(特別マル優)を利用できる場合もあります。
財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄については両財形貯蓄の元利合計額が550万円までの利息等は非課税です。
納税準備預金の利息等は非課税です。

付利単位とは、預金などの利息を計算するための金額の単位で、100円単位、1円単位などがあります。
付利最低残高とは利息の計算をするときに必要な残高の最低額のことで、1,000円以上、1円以上などがあります。
付利単位、付利最低残高は金融商品や金融機関によって異なります。
詳しくはお取引金融機関にご確認ください。

  1. 預金、公社債、合同運用信託、公社債投資信託
  2. 投資信託の収益分配金
  3. 会社型投資信託で、公募かつ、オープン・エンド型であるものの配当
  4. 懸賞金付預金等の懸賞金等
  5. 定期積金の給付補てん金
  6. 外貨預金で、その元本と利息をあらかじめ定められた利率により円に換算して支払うこととされている換算差益
  7. 特定の割引債の償還差益
  8. 株式の売買益等

単利と複利

利息を元金に組み入れずに計算する方式
元利合計 = 元金×(1+年数×年利率/100)

一定期間ごとに支払われる利息を元金に組み入れて計算する方式
1年複利の場合:元利合計 = 元金×(1+年利率/100)年数

固定金利と変動金利

スーパー定期
大口定期預金
国債 など

変動金利定期預金
貯蓄預金 など

預けても借りても、期間が長いほど金利が高いのが原則です。
定期預金としてお金を預け入れる場合など、満期までの期間が長いほど利率は高く設定されている場合が多いようですが、長期金利が将来的に低下すると予想される場合には一時的に短期ものの金利が高くなる場合もあります。
預ける場合、金額が大きいほど、金利が高い場合が多くなっています。
ただし、金利の情勢などの影響で差がつかない場合もあります。

実質金利と名目金利

実質金利とは、金融商品に示されている金利の価値が、物価上昇または下落によって、実質的に変化することをとらえた表現方法で、利息の実質的な価値を表します。
「利率1%の国債」などと通常表現されているものは「名目金利」といいます。
激しいインフレが生じて名目金利を上回る物価上昇率になれば、実質金利はマイナスになる場合もあります。

資金の需要と供給バランス

金利は、資金の需要と供給のバランス(つまり競争原理)で決まります。
資金の需要(借りたい人)が多いときには金利は上がり、少ないときには下がります。
私たちがお金を預けたり、お金を借りたりする際の金利は各金融機関が自由に決めています。その決定のもととなる「需給バランス」が変化する要因に3つあげられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる