仮想通貨のメリット

これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨

これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨
【NASDAQの株価計算の素材】
●PER👉リンク先へ
●EPS👉リンク先へ

Pythonの将来性はある?これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 今後のPythonの伸びについて解説

Tech Teacher

本Blogを運営する Tech Teacherは、Python学習を一人ひとりに最適化された形の完全マンツーマン指導で提供 します。

一人ひとりに最適化された完全マンツーマン指導を提供

完全マンツーマン指導

完全マンツーマン指導ならプログラミングに没頭することができます。

決められたカリキュラムやコースがない

Tech Teacherでは、あえてカリキュラムやコースを用意せず、 小学生のお子様の性格・目的・プログラミング経験などに合わせて講師や指導を調整 します。

ご家庭様の負担を最小限にする柔軟なシステム

オンライン/オフラインの選択が可能(送迎の必要なし!)

これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 スケジュールを固定にする必要なし!不定期にすることが可能

月ごとに授業の頻度を変更することが可能

Pythonは将来性が他言語に比べても高い です。また、 習得難易度が低い のもメリットでしょう。プログラミング未経験者の方がPythonを最初の言語として選択するのはおすすめです。

米国株のGAFAMにこれから投資しても間に合うのか?

J-REIT

インターネットで情報を得るときに、多くの人が検索に使うのがGoogle(グーグル)です。親会社のアルファベットはグーグルやYoutube(ユーチューブ)などの有力サービスを傘下に持っています。アルファベットでは、セグメントを「Google Services」「Google Cloud」「Other Bets」の3つに分けており、主力のGoogle Serviceには検索をはじめAndroid、Chrome、Google map、Google play、YouTubeなど有力な事業が多数含まれています。

時価総額世界一、常に最先端を行くApple(アップル)

青年実業家が率いるSNSの雄Facebook(フェイスブック)

通販の世界基準Amazon(アマゾン・ドット・コム)

いまも存在感示すITの巨人Microsoft(マイクロソフト)

GAFAMにこれから投資しても間に合うのか?

銘柄 1株利益 予想PER 配当金 配当利回り
アマゾン・ドット・コム 52.55ドル 63.04倍 0 0%
アルファベットA 75.07ドル 27.58倍 0 0%
アルファベットC 75.16ドル 27.58倍 0 0%
フェイスブック 11.67ドル 27.16倍 0 0%
マイクロソフト 7.35ドル 33.41倍 2.24ドル 0.86%
アップル 4.46 25.10倍 0.88ドル 0.67%

GAFAMは押し目買いに適している

GAFAMへの投資に死角はないのか?

GAFAMに投資する方法

個別株に投資する方法

<アルファベット株式取引の注意点>
2014年にグーグル(GOOG)に対して、議決権のないクラスC株が交付されました。それに伴い旧グーグルのティッカーが「GOOGL」に変更され、議決権のないクラスC株が「GOOG」として現在もNASDAQ市場で取引されています。アルファベットの株式が2種類あり株価も異なりますので、議決権のある普通株を購入する場合は「GOOGL」と入力する必要があります。

投資信託に投資する方法

組入比率上位10銘柄にGAFAM がすべて組み込まれ、その合計比率は35.7%に及びます。 GAFAM これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 株の値動きが大きな影響を与えるため、GAFAM に投資するのに近い商品といってよいでしょう。 2021年6月18日時点の基準価額は1万8,493円となっています。コストも低い水準なので、運用しやすい商品といえます。

<「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」の概要>
・運用会社 大和アセットマネジメント
・償還日 無期限
・純資産総額 283.72億円(2021年6月18日時点)
・決算日 毎年8月31日(休業日の場合は翌営業日)
・直近分配金 0円
・購入時手数料 無料
・信託財産留保額 なし
・運用管理費用(信託報酬) 年率0.495%(税込)
・組入上位10銘柄(2021年2月26日現時点)

SACHIノート⑧【指値 戦略🔺】

出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51840730W9A101C1000000/

内容は先生自身につみたてNISAiDeCoなどの税優遇制度や「長期・分散・積み立て」に対する投資効果についてなど理解を深めている模様!!

私がびっくりしたのはあの金融庁が出張授業を行うほど、投資の授業に対して国が力を入れていることです(▰˘◡˘▰)

教科書を補うとすれば

老後だけでなくうまくやりくりすれば、近い将来ゲーミングPCなど高単価なアイテムも購入できてしまいます♪

さて。私が家庭科の教科書を読んだ上で、投資を行うには足りないと感じた点は「買い時と売り時」についてです!!!

投資の仕組みや金融商品については興味深く学べますが、ファンダメンタルズ分析の面で、何がどう相場に影響しやすいのかな?

買い場・売り場を想定するのには重要となるテクニカル分析などの方法が書かれていないので、教科書を読んで投資をいざ始めようにも「買い場をきちんと想定せずに、高値でむやみに買ってしまうのでは?」という懸念点だね(´•̥ ω •̥` ')

もちろん、超長期相場で見ればダウも1897年から右肩上がりの長期上昇トレンド中ではあるので、買い場を間違えても何年か待てばプラス領域にはなるとは・・・思います。

高校生心理を考えると「習ったし今すぐお金を増やしたい」というワクワクという野心のバブルで参入しちゃう可能性が高いでしょ〜笑

という訳で、需給バランスを分析しながら相場観を養う方法もいつの日か教科書にも組み込まれれば更に実践的で資産を守る事にも繋がるなぁと思いました。

さて、今回のSACHIノート⑧では2022年下半期、相場に影響が出ると想定される6月以降の経済指標を踏まえて書いてみたよ♪

仮想通貨と3指数の相関性

その前にね、仮想通貨米国株のチャートって相関性が高いのです。

2022年6月の現環境では退避資産のGOLDよりも相関性が高いフェーズではあるので比較してみたよ(◍•ᴗ•◍)

米国株S&P500で代用してますがこのように、多少異なるものの過去の反発ポイントなども同じです。ダウNASDAQも変わらないよね〜。

週足チャート比較(2018年〜2022年6月)

2020年3月、コロナショックでも4つのチャートは同時に下落しており、コロナショックで同時に底を打ち、そして反発して弧を描くように2022年は大きく調整期を迎えているのです。

その中でもビットコインの伸び率が高いのも分かるね(◍•ᴗ•◍)

米国株ダウなどはインフレ率によって相場が左右される場面も多くなっています。

なので、これら3指数に連動している事から、ビットコインなど仮想通貨相場も必然的に今後の経済の動きも無視できないと思うのです。

ファンダメンタルズ分析【2022年6月】

まず、ファンダとして意識される目先の経済イベントは6月のFOMCです。
理由は急速な利上げが見込まれる可能性があるからね〜。

そしてQT(資産残高の縮小)も開始される予定なので株式市場としてはマイナス材料であるが故にもし極端な数字である場合は連動する仮想通貨相場に影響する場合があると思う。

次に意識されている経済指標でいうと🇺🇸CPI(消費者物価指数)これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 の発表です。

【消費者物価指数】
消費者が購入するモノやサービスなどの物価の動きを把握するための統計指標でインフレ率を分析をするには必須となります。

5月に発表された4月のCPIの結果は前年同月比では市場予想の8.1%を上回り8.3%という結果。

この結果からFRBのパウエル議長がインフレを抑制する為に大幅にの利上げをしたのだけれど、それでもインフレがまだピークアウトしていないという認識になる訳だよね。

そうなると今後、FRBは利上げ幅を縮小できずに引き締めを強める可能性を示唆してる事になるので、投資家としてはまた米国株仮想通貨上値を抑えつける原因になると考える層も増えてしまう可能性もあるのだ。

金利が上昇するとナスダックは下がるのですが、金利が下がっていても、株価が下がるというスタグフレーションも警戒されてるというイメージ。

とはいえ、5月のFOMC議事要旨では大半の参加者が「6月と7月に0.5%の利上げが適切だ」という意見だったので、6月と7月は利上げ幅を0.75%に拡大する事は無さそうなので、これが市場にも織り込まれたと思ってます。

●6月14日 〜 これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 15日 👉発表(🇯🇵 これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 16日 AM 3:30)
●7月26日 〜 27日 👉発表(🇯🇵 28日 AM 3:30)
●9月20日 〜 21日 👉発表(🇯🇵 22日 AM 3:30)
●11月1日 〜 2日 👉発表(🇯🇵 3日 AM 3:30)
●12月13日 ~ 14日 👉発表(🇯🇵 15日 AM これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 3:30)

●6月10日👉発表(🇯🇵PM 9:30)

という訳で、仮想通貨米国株ダウなどと連動しているチャートではあるので、利上げ幅やそれに対してその効果がどうなのか?を発表する経済イベントが相場に影響する可能性を想定しといた方がいいかもしれないね(▰˘◡˘▰)

【2022年】下半期の戦略と目線

この主要3指数仮想通貨との相関性が高くなっているので主要3指数もきっちりと分析しておくコトで、ビットコインのトレ転の判断や買う事への複数根拠の1つに出来るという事にもなると思います。

刑事さんじゃないけどトレーダーもね、手掛かりが多い方が分析精度が増すので相関してる事実を見つけたなら指標として活用しない手はないのだ(◍•ᴗ•◍)

今回の戦略はビットコイン主要3指数が今年の前安値を更新するとした場合、「どの辺で下げ止まる可能性があるのかな?」や、続落した場合での展開の想定を書いてみたよ〜。

な〜んにも想定してないと急落で狼狽してしまいにひたすらガッカリ&びっくりして慌てて「やばそうっ」っていうフワッとした感覚からノープランで損切りして・・・

反発したら「え?上なの??」と謎に高値で買い戻したけど短期リバで続落だったってオチは誰でも最初は経験あるのだから〜(◍•ᴗ•◍)これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 🔰

相場で精神的に強くなる為にはこの「身構えておく」っていう姿勢がかなり大きなポイントとなると思います。

という訳で続落を視野に入れた主要3指数からの分析をしてみたので、その後に仮想通貨(ビットコイン)相場と結び付けて書いているよ。

S&P500 のチャート分析

まずはビットコインとの相関性が高いS&P500の週足チャートから見ていきます。

SP500(米国の主要株500種)もダウと同じく調整相場に入っています。このまま反発してくれれば話が早いですが。

念の為、続落とした場合の反発ポイントと想定されるのが週足200MA付近だと思ってます。

週足200MAの価格帯で言うと3,475〜3,189位が市場参加者に意識されていると見ています👆

RSIからの分析でも30付近30を切ると大反発に転じているよね(▰˘◡˘▰)
執筆時点の5/24も30なのだ(黄色丸)

さらにS&P500の場合はツイートした通り、もう1つの視点からの買い場としての根拠を詳しく書いていきます。

S&P500は過去の事例から、実績PER18〜19倍辺りになると大きく反発して買い場となっているんです。

5月24日時点では20倍なのでもうすぐ19倍になるのも近いです。
※実績PER(青チャート)

リンク先:S&P500のPER

【PERとは】
●株価が1株当たり純利益の何倍まで買われているか
(※1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているか)
Price Earnings Ratioの略

それではPER19倍の時、株価がいくらになるのか計算式があるので入れてみます。PERとEPSを掛け合わせる事で株価が算出できるよ(▰˘◡˘▰)

【EPSとは】
●1株当たりの利益
Earnings Per Shareの略

EPSを調べると192である事が分かります。(※青チャート)

リンク先:S&P500のEPS

19倍の時は3,648である事が分かるよ♪

18倍の時は3,456である事がわかるよ♪

結論として3,456〜3,648まで下落すると過去の事例から買い場付近になる可能性が高いと言えるのはPERとESPからの分析です。

そしてS&P500週足200MA3,475付近になるのでもう1つの根拠として考える事はできると思うのだ(◍•ᴗ•◍)

NYダウのチャート分析

ダウの週足チャートで見ると、過去数年間は週足200MAがサポートになって反発しているのが分かると思います。

コロナショックの時はオーバーシュートして200MAを割り込んでますが大きく買いが入りそこから反発しています。

そして、2022年は下落基調ですが、反発ポイントはダウ週足200MAが想定されます。

RSIからの分析からも30付近から反発に転じているよね。

執筆時点の5/24のRSI値も30付近なのでそろそろかなぁと思える根拠にしています。価格帯で言うと29,148ドル〜26,000ドル付近は市場参加者にも意識されていると想定しています。

ダウもPERとESPから過去の買い場だった数値を使って買い場となる価格帯を算出する事は可能です(▰˘◡˘▰)

NASDAQのチャート分析

NASDAQのチャートを見て、ダウSP500とそっくりな事がよく分かると思います(◍•ᴗ•◍)

週足チャートで調整入りしてるので、同じく週足200MAが過去の歴史からの反発ポイントと想定されます。

価格帯で言うと黄色の丸囲み10700〜9270付近で見ています。
そして、おなじみのRSIからの分析でも、過去、30付近で折り返しているよね。

NASDAQもPERとESPから過去の買い場だった数値を使って買い場となる価格帯を算出する事は可能なので応用として当てはめてみると面白いよ( これから伸びる将来性の高い初心者向け通貨 ♥︎ᴗ♥︎ )

【NASDAQの株価計算の素材】
●PER👉リンク先へ
●EPS👉リンク先へ

という事で主要3指数はほとんど同じ動きであり、反発ポイントも大まかには想定できたところです。

後半は、主要3指数のテクニカル分析を踏まえた上で仮想通貨のテクニカル分析との比較からの分析や一部動画を使った解説してみました(◍•ᴗ•◍)
(リプレイチャート)

メインで書いた内容は私が行っている変態指値の置き方という週足の下ヒゲを目指して約定させるドスケベ特化の逆張り方法などを書いています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる