FXとはなにか

FX取引データ

FX取引データ
プライスボード、テクニカルチャート、最新ニュースなど
多彩な情報を一体化した情報分析ツール

為替情報ツール e-profit FX / e-profit+
データ

プライスボード、テクニカルチャート、最新ニュースなど
多彩な情報を一体化した情報分析ツール

e-profit FX データ

売買建玉比率&数量

売買建玉比率&数量では、くりっく365市場における投資家のポジションの売り買いの比率が確認できます。
数量ボタンを押すと、全ポジション数量と売り買いのポジション数量がご覧いただけます。
また、2006年7月10日以降任意の日付を入力することで過去の状況もご覧いただけます。

  • 現在の投資家の売買傾向を把握する
  • 大きな偏りがある通貨ペアを把握する

売買建玉推移

  • 値動きと建玉の推移は関連性が高いため、建玉推移の傾向から価格予想の指針とする
  • 建玉の増減から変動の際に、新規が多いのか、決済が多いのかから強気か弱気かの指針とする

スワップポイントカレンダー

スワップポイントカレンダーでは、将来の付与日数と過去のの実績値が銘柄別、日毎に一か月分がご覧いただけます。
また、前月、翌月への切り替えもできますので、前月の実績値や、翌月の付与日数もご覧いただけます。 さらに、スワップポイント計算機では、銘柄ごとに任意の期間におけるスワップポイントの実績値合計と日数が計算できます。

  • 過去のスワップポイントの実績を把握する
  • 過去のスワップポイントと将来の付与日数から大凡のポジション保有収益/コストを算出する
  • スワップポイント計算機を使用して、昨年、一昨年におけるポジション保有期間における収益/コスト実績を把握する

くりっく365相関係数

くりっく365相関係数では、くりっく365の銘柄と関連する金融商品の中で、2銘柄間における価格変動がどの程度の連動性があるかを示した相関係数がご覧いただけます。
一般的に+1に近づくほど、似た価格変動となり、-1に近づくほど逆の価格変動となり、0に近づくほどでは、価格変動に連動性がないことを示します。
また、2銘柄間の相関係数をクリックすると下部に選択した2銘柄が一つのチャート上でご覧いただけます。

  • 分散投資では、一般的に相関性の無い銘柄を組み合わせることが最も良いパフォーマンスを生むと言われているため、このコンテンツで0に近い相関係数を持った組み合わせを探すことでより良いポートフォリオとなる銘柄を探す
  • さや取りでは、価格差の収束、拡大を目的に取引を行うため、相関係数の絶対値が高い銘柄の組み合わせで取引を行うことが一般的である。そのため、このコンテンツではサヤ取りにより適した相関係数が+1若しくは-1に近い銘柄の組み合わせを探すことができる

CFTC建玉明細

CFTC建玉明細では、米国商品先物委員会(CFTC)と呼ばれる米国内の先物取引を管理、監督する米国政府機関が発表している取引主体をカテゴリー化したレポートを独自に特に市場への大きい大口投機家のポジションを集計したものがご覧いただけます。
CFTCは米国時間毎週金曜日にその週の火曜日時点のデータを公開します。
グラフは大口投機家の売りポジションと買いポジションの差であるNETポジションと価格がご覧いただけます。
下部のデータには、大口投機家だけではなく、大口当業者が表示されており、それぞれの買玉、売玉も時系列でご覧いただけます。

  • 大口投機家のポジション増減と価格変動は連動することが多いため、価格変動の方向性の指標とする
  • 大口投機家のポジションはいずれ決済されることが多いため、潜在的な価格変動の指標とする
  • 大口当業者のポジションは差金決済ではなく、受け渡しが行われる可能性があるため、潜在的な価格変動の指標とする

統計カレンダー

統計カレンダーでは、各種、各国の経済指標発表のスケジュールが今年と前後1年分がご覧いただけます。
発表後には、発表内容もご覧いただけます。
通常週間カレンダーが表示されていますのが、月間統計カレンダーをクリックすると今月のスケジュール及び発表内容がご覧いただけます。
また、カテゴリを休日、経済、政治から選択すると関連した項目のみの表示にすることが設定可能です。

  • これから発表される指標を確認し、急な価格変動が起きやすい時間を把握し、対策する
  • 流動性が低下している際は、価格変動が大きくなる可能性が高くなるため、海外の休日を把握し、流動性が 低下する時間、日付を把握し、対策を練る
  • 発表された指標を時系列で追うことで、今の方向性の背景を知る

各国金利データ

各国金利データでは、主要国・地域のみならず、世界各国の政策金利が地域ごとにご覧いただけます。
政策金利は政府・中央銀行が行う金融政策の要となるもので、一般的には、物価上昇(インフレ)懸念が高まると、政策金利を引き上げ、景気後退懸念が高まると、政策金利を引き下げる傾向にあります。 政策金利の変更に伴い、その国の経済情勢が変わることや世界経済全体の動きが変わることもありますので、注意が必要です。

  • 主要国・地域の政策金利動向を把握し、世界経済の動向の指標とする
  • 地理的に近い若しくは産業的に近い地域、国の政策金利動向を把握し、該当国の経済情勢の指標とする

主要株価指数/金利

主要株価指数/金利では、各国の株価指数、金利のレートがご覧いただけます。
銘柄をクリックしますと同じ画面上にチャートが表示され、日足、週足、月足の設定可能です。
主要株価指数の更新時間は次のとおりです。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

FX取引データ

3つのリスクとコンプライアンス強化の提案

外国為替情報を担当者の手入力で対応している企業は数多くあります。
「毎日ルーチンで対応しており、何も問題ない」と経営者や管理職のほとんどはお考えかもしれません。
しかし、万が一にでも発生する可能性のある入力ミス、入力漏れが起こった際に必要な過誤訂正の作業負担の重さ、検証データとして必要な過去分のデータ収集の手間など、トラブル発生時のリスクまで理解、認識されている企業では、QUICKのデータ配信サービスをご活用頂くケースが増えております。

FX事業会社や海外の無料サイトで情報収集は十分、と言われるお客様もいらっしゃいます。しかし、突然のサイト閉鎖、誤データ配信、開示内容に関する問合せ先がない、という場合に、代替手段も無い、質問もできないような乏しい信頼性の情報源を利用していても、無料だからしようがない、他を探せばいいというものでしょうか?
企業収益を左右しかねない重要な外国為替情報は、多少の運用コストをかけてでも、高い信頼性と継続性のものを入手されるべきではないでしょうか。
コールセンター窓口や、過去データの取得まで可能なQUICKの提供であれば、万全の体制でお客様の業務に活用頂けます。

毎日取れているデータが、情報提供元の障害で取れなくなってしまった。復旧時間まで待たないといけない、翌日の早朝対応が必要になっていまう、当日の清算作業に支障が出るというリスクも決して見逃すことができません。
「QUICK APIs」を運用しているインフラシステムは、金融機関でも導入されているQUICKサービスの情報配信システムをバックボーンとしています。システムの冗長化、運用システムの24時間監視、迅速な障害復旧体制を完備し、お客様の日々のご利用を最大限サポートします。

「QUICK APIs」による
外国為替データ取得のメリット

「QUICK APIs」を利用し、月額4 万円から導入可能!

これら外国為替データ入手に関するあらゆる不安を簡単に解決するのが、QUICK が提供している「QUICK APIs」です。
「QUICK APIs」は、WebAPI によって簡単かつ安価にさまざまなデータが取得できるサービス。外国為替データでは、国内3 メガバンク約30 通貨ペア、外国銀行の対顧客レート(TTM/TTS/TTB*)190 FX取引データ 通貨ペアの外国為替レートを入手することができます。
(*)TTS:電信売相場、TTB:電信買相場、TTM:電信仲値相場WebAPI での提供なのでワンアクセスで簡単にデータ取得ができ、正式契約からデータ取得開始まで数日で可能。当然のことながらヒストリカルデータ(過去データ)も用意しています。費用は、ご利用の通貨ペア数や月間取得頻度によって変わってきますが、おおよそ月額4 万円より導入することができます。

「QUICK APIs」の仕組み

チャートの見方|FX取引で相場の流れがわかるようになるには?

ローソク足の特徴として、相場の強弱や方向性が一目で簡単に把握できる点が挙げられます。ローソク足は1本の実体とヒゲで表現されるのですが、この中で、 始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)の四本値と、値上がり(陽線)か値下がり(陰線)かを把握 することができるのです。4本、つまり4つのデータを内包して1本のローソク足を形成しています。ローソク足は他のバーチャートやラインチャートに比べて多くの情報をシンプルに表しています。その形状を見れば一目で多くの情報を簡単に把握できるのは他のチャートに比べて強みと言えるでしょう。

ラインチャートは終値をつなげてできた折れ線グラフで、長期の流れを一瞬で理解するのに適しており、複数の銘柄を比較する際などに使用します。

FXのチャートの見方

チャートの縦軸と横軸

チャートを開くと、縦軸と横軸に数字が表示されていることがわかります。 縦軸は価格を表し、横軸は時間を表しています 。この2軸によって、時間の経過とともに価格がどのように変動したかを一目で把握することができるのです。

チャートには分足(ふんあし)、時間足(じかんあし)・60分足日足(ひあし)など、さまざまな時間軸があります。 チャートの横軸を短い期間にして当日や2,3日の値動きを見たい場合には、「分足」や「5分足」を使う と良いでしょう。時間軸を短く設定することで、直近の値動きがわかります。一方、 チャートの横軸を長い期間にする場合には、「日足」「週足」「月足」「年足」を使う と良いでしょう。「日足」はローソク足1本で一日の動きを描き、週足は1週間の動きを描きます。時間軸を長くすれば長くするだけ、過去から今日までの値動きの遷移がわかります。

初心者の方におすすめの見方は、 長期間の値動きを確認してから、徐々に短期的な値動きを見ていき、最後に自分の取引する時間軸を確認する方法 です。そうすることにより、相場認識を正確に行うことができます。

トレンドライン・下値支持線・上値抵抗線の見方

・トレンドライン
トレンドラインとはチャートに引く補助線のことを指します。
相場には、一方の方向(上昇または下落)へ動き続けるトレンド相場と、特定の値幅で推移し続けるレンジ相場があるとされています。トレンドラインは、 チャート上の価格が、これらのどの相場にあてはまるのかを可視化するために引くライン です。

・下値支持線(サポートライン)
下値支持線とは、安値と安値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、下値の支持(サポート)として機能するかどうか確認するために用いられます。 FX取引データ 下値支持線を割り込んだ場合には、下落局面への転換として注意が必要 になります。

・上値抵抗線(レジスタンス)
上値抵抗線とは、高値と高値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、上値の抵抗(レジスタンス)として天井の役割で機能するかどうか確認するために用いられます。 上値抵抗線を上抜けた場合には、上昇局面への転換として捉えることができます 。

3つのトレンド

前述の通り、相場には3つのトレンドがあります。ラインを引いてみることで、今の相場がどのトレンドに当てはまるかを正確に認識する必要があります。3つのトレンドは上昇トレンド下降トレンド横ばい、です。上昇トレンドと下降トレンドは、まとめてトレンド相場と呼ばれます。対して、横ばいの状態はレンジ相場と呼ばれます。

上昇トレンドは右肩上がりの上昇傾向にある状態、下降トレンドは右肩下がりの下降傾向にある状態、横ばいは一定の値幅を上下に往復している状態 です。この横ばいの場合は、どこかのタイミングで上昇もしくは下降トレンドに切り替わるのでタイミングの見極めが肝要です。一般的に相場は、 上昇下降トレンド相場が全体の2割、横ばいのレンジ相場が8割 と言われています。

FXのチャートで出来高はわかる?

結論から言うとFXのチャートでは 出来高(取引量)は確認することはできません 。出来高というのは取引量の事を指しており、前述したように一定期間内にどれだけの取引が行われたか(成立したか)を表しています。この出来高が多くなると取引が活発になるとされています。

株式などの株価チャートを見てみると、チャートの下に出来高を示す棒グラフがある場合があります。その期間内にどれだけの取引量があり、その取引がどのような値段の推移を示したか、チャートと取引高を絡めた取引戦略として用いるケースがままあります。しかし、FXでは出来高を確認することができません。これは、 為替市場は株式市場と異なり、取引量・取引参加者が多いためその全体像を把握することが難しいから です。また、仕組みの面においても株式取引が取引所取引で取引の全容を把握できるのに対し、FXの為替取引は 相対取引で取引の全容を把握できない 点にその理由があります。

一般的に取引量が多い通貨は米ドルで、米ドルが絡んだ ドルストレートと呼ばれる通貨ペア群は取引量も非常に多い です。USDJPY(ドル/円)やEURUSD(ユーロ/ドル)、GBPUSD(英ポンド/ドル)などが挙げられます。決済など実需においても需要があるためです。全取引通貨ペアの取引量上位5位を見てみてもEURUSD>USDJPY>GBPUSD>AUDUSD(豪ドル/ドル)>USDCAD(ドル/カナダドル)とドルストレートで占められていることがわかります。

チャートと組合せて活用したい主なテクニカル指標

テクニカル指標とは

テクニカル指標とは、 テクニカル分析を行う際にチャートの中に組合せて使用する指標のこと を指します。チャート分析だけでは見えてこない相場の買われすぎや売られすぎといった過熱感売買のタイミングなどを簡単に確認することができます。テクニカル指標は有名なものから自分で計算・開発したものまで星の数ほどあり、 自分に合ったテクニカル指標を見つけることも重要 です。
テクニカル指標にはトレンドの方向をわかりやすく示すトレンド系と、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系があります。これらは単体で使う場合もあれば組合せて使うこともあります。

トレンド系のテクニカル指標

移動平均線は 任意の期間(5日、25日、75日、200日が使用されることが多い)の終値の平均値をつないだ線 のことを指します。テクニカル指標の中でも最も有名で、利用するトレーダーも多いです。移動平均線を用いた取引手法は様々なものがあり、移動平均線に関する情報も数多くあふれています。はじめてテクニカル指標に触れる方にはおすすめの指標です。

移動平均線は、その向きに注目し、 向きが変わったポイントをトレンドの変化、つまり売買のシグナルとして利用 することができます。また、線の角度に注目することで そのトレンドがどれぐらい強い勢いか ということも併せて確認できます。そのほかにも複数の移動平均線を用いた「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」などのサインがあります。

ボリンジャーバンドは 一定期間の価格から相場の振れ幅(ボラティリティ)を測定し、価格の変動範囲を統計的に導き出す テクニカル指標です。ボリンジャーバンドでは標準偏差と呼ばれる統計的な手法を用いて、過去の値動きから将来の値動きを予測することができます。シンプルで、非常に人気の高いテクニカル指標です。

オシレーター系のテクニカル指標

RSIは相対力指数の英略で、 一定期間の値動きから上昇もしくは下降の勢いがどれぐらい強いかをチェックできる テクニカル指標です。急騰急落を定量的に評価することができる指標でもあります。オシレーター系のテクニカル指標の中で最も有名なため、おさえておきたい指標です。

RSIの基本的な使い方は、 RSIの数値が70を超えた高値圏のタイミング(買われすぎ)で逆張りの売りエントリー。30を下回った安値圏のタイミング(売られすぎ)で逆張りの買いのエントリー です。この基準となる数値は相場の状況や取引手法によって異なるため、検証の上、最適な数値を使用しましょう。

MACDは 移動平均を応用した相場の買いと売りの周期とタイミングを視覚的に捉えることのできる テクニカル指標です。比較的精度が高いとされ、愛用者も多いです。特にトレンド相場でその効力を発揮します。MACDの使い方は移動平均線同様に 3本のラインの上抜け、下抜け、ゼロラインとよばれる基準ラインとの交差、チャートとのダイバージェンス(逆行)など があります。

チャートの見方はテクニカル分析の必須科目

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 FX取引データ 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 FX取引データ 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

ヒストリカルデータ

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる