バイナリー オプション

トレンド市場とは

トレンド市場とは
「iDog ICE HOLD クーリングベスト」

「ストックX」の二次流通市場から最新トレンドを展望 スニーカーからアート、スポーツまで

スニーカーシーンではやはりナイキ(NIKE)一強の流れが続いており、“最も取引数が多かったブランド”トレンド市場とは は1位が「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)、2位が「ナイキ」、3位が「アディダス(ADIDAS)」、4位が「ニューバランス(NEW BALANCE)」、5位が「コンバース(CONVERSE)」だった。このため“最も取引数が多かったモデル”もナイキ勢が大半を占めており、1位が“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”、2位が“ナイキ ダンク(NIKE DUNK)”、3位が“トレンド市場とは エア フォース 1(AIR FORCE 1)”、4位が“イージー 350(YEEZY 350)”、5位が“エア ジョーダン 4”となっている。

この中で注目すべきは、“ナイキ ダンク”の順位だ。20年は誕生35周年だったことからナイキがマーケティングに注力し、1年間に「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」、セレクトショップ「スラム ジャム(SLAM JAM)」、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)、アイスクリーム屋「ベン&ジェリーズ(BEN & JERRY’S)」など、多方面とのコラボを実施。この勢いが2021年も止まらず、前年6位から大きく順位を上げた。しかし、22年は“トレンド市場とは エア フォース 1”の40周年というアニバーサリーイヤーであると同時に、あまりのリリースラッシュに市場が食傷気味であることも否めず、順位を1~3位は落とすことが予想される。

また、パンデミックにより在宅勤務が一般化したことで需要が高まった「クロックス(CROCS)」も、トップ5入りを狙えるほど調子がいい。“トレンド市場とは 稀代のシューズデザイナー”と称されるサレヘ・ベンバリー(Salehe Bembury)を迎えた新作モデルを開発するだけでなく、22年は多くのコラボモデルが控えているようなので目が離せない。さらに、「ニューバランス」はブランドを象徴する“990”シリーズの最新作“990v6”を3年ぶりに発売すると噂されており、こちらも両ランキングでさらなる上位進出が期待される。なお“最も取引数が多かったモデル”トレンド市場とは は、サイト開設以来“エア ジョーダン 1”トレンド市場とは トレンド市場とは が6年連続1位という快挙を達成。この座が揺れ動くことは、今後5年はないだろう。

“2021年に最も取引数が多かったブランド(アパレル)”

「ストックX」がストリートスタイルに偏っていることもあり、1位は不動の「シュプリーム(SUPREME)」。これにジェリー・ロレンゾ(Jerry Lorenzo)の「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」、エイサップ・バリ(A$AP トレンド市場とは Bari)の「ヴィーロン(VLONE)」、トラヴィス・スコットの「カクタス ジャック(CACTUS JACK)」、「ナイキ」が続いた。3位の「ヴィーロン」は、昨年の8位から大きくジャンプアップ。理由としては、数年前までは不定期に開催されるポップアップストアが主な購入先という稀少性の高いブランドだったのが、近年はファン層の拡大のために卸を積極的に行っているからだろう。この結果、リセール市場にも多くの商品が流れるようになった。一方で、昨年2位の「カクタス トレンド市場とは ジャック」は順位を2つ落として4位に後退。因果関係は定かではないが、トラヴィス主催の音楽フェスでの死亡事故が少なからず影響を及ぼしている可能性がある。そして、テルファー・クレメンス(Telfar Clemens)が手掛ける「テルファー(TELFAR)」は、なんと順位を18も上げてトップ10入り。カルト的な人気を集めるアイコンバッグとあわせて、20-21年秋冬コレクションで披露した「アグ(UGG)」とのコラボコレクションが後押しした。

同ランキングに「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の名前がないのは、先述の「ストックX」の特性を前提に、定価の問題と“プレ値(プレミアム価格)”の付きにくさが原因だろう。このことから「バレンシアガ」だけでなく「グッチ(GUCCI)」や「ディオール(DIOR)」といったラグジュアリーブランドは、たとえ市場でどれだけ人気が高くても同ランキングに入ることは難しい。だが、故ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の死去後、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「オフ-ホワイト」のアイテムは取引価格が高騰し、取引数も激増していることから、次回のランキングに食い込む可能性は高い。

“2021年に発表され、最も取引数が多かったコラボコレクション(アパレル)”

コラボに限定しても、毎シーズン数十ブランドを越えるコラボレーターを招へいする「シュプリーム」が無類の強さを見せた。6月発売の「エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)」とのコレクションが2位に、11月発売の「ティファニー(TIFFANY & CO.)」とのコレクションが3位にランクインした。だがトップに輝いたのは、カニエ・ウエスト(Kanye トレンド市場とは West)改めイェ(Ye)が手掛ける「イージー(YEEZY)」と「ギャップ(GAP)」のコラボレーションライン“イージー・ギャップ”だった。同ラインは20年に立ち上げ、21年に商品販売を開始。これまでラウンドジャケットとフーディーの2型を複数カラーで発売するのみにとどまっているが、イェ本人がライブや街中で着用し、国やカラーごとに販売時期をずらすなど、巧みなマーケティングで見事トップに輝いた。2030年まで続く“イージー・ギャップ”は今後、Tシャツやキャップといった手に入りやすい価格のアイテムが多数控えているそうで、“最も取引数が多かったブランド(アパレル)”で上位の常連組になるかもしれない。

“2021年に最も取引数が多かったコレクターズアイテム”

ニューヨークを拠点に活動するアーティストのカウズ(KAWS)が、“最も取引数が多かったコレクターズアイテム”で堂々の1位。カウズは、フィギュアをはじめとするオリジナルアイテムを多数販売しているだけでなく、2021年だけでもユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」「サカイ(SACAI)」「ヒューマンメイド(HUMAN MADE)」「ポーター(PORTER)」「カクタス プラント フリー マーケット(CACTUS PLANT FLEA MARKET)」など、さまざまなブランドとのコラボを発表し、圧倒的な取引量と人気の高さから納得の順位となった。2位はメディコム・トイ(MEDICOM TOY)が販売する人気フィギュアシリーズ「ベアブリック([email protected])」、3位はコロナ禍によるステイホームで大人の新たな趣味として人気に火が付いた「レゴ(LEGO)」、4位はアパレルと同等かそれ以上に小物やアクセサリー類のラインアップが豊富な「シュプリーム」、5位は二頭身のボブルヘッド人形“ポップ!(Pop!)”で知られるトイブランド「ファンコ(FUNKO)」となっている。

“2021年に最も取引数が多かったアーティスト(アートプリント)”

アーティスト(アートプリント)別で見ると、ブランド「オベイ クロージング(OBEY CLOTHING)」を手掛けているストリートアーティストのオベイこと、シェパード・フェアリー(Shepard Fairey)がトップに立った。彼は、バラク・オバマ(Barack Obama)前米国大統領の選挙ポスターを製作するなど、アメリカで圧倒的な知名度があるだけに文句なしの順位だろう。これに続くのが、村上隆と奈良美智という日本のアートシーンをけん引する2人の巨匠。村上はここ数年、ストリートシーンでの人気がうなぎ登りで、来年にはトップが入れ替わってもおかしくはない。奈良はもともとドローイングの人気が欧米を中心に極めて高いが、アパレルブランドとの初めてのコラボで「ステラ マッカートニー(STELLA MCCARTNEY)」とのコレクションを成功させたことも、この順位に関係しているはずだ。

“2021年に最も取引数が多かったトレーディングカード”

ファッションとは少し逸れるが、トレーディングカードでは「ポケットモンスター」が1番人気だった。なんと、他カードブランドと比較して約2倍の取引量を記録したという。昨今、トレーディングカードは青天井の盛り上がりを見せており、「ポケモン」では初期版リザードンが状態のいいものだと数百万〜数千万円で取り引きされることも珍しくない。また、レトロゲームや漫画、スポーツメモラビリア(使用済みアイテムや直筆サイン入りグッズなどスポーツ関連の記念品)なども日に日に資産としての価値が認められ、価格が高騰。“最も取引数が多かった選手カード”はマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)を抑え、“MJ以来の逸材”と称されるNBA3年目のザイオン・ウィリアムソン(Zion Williamson)となった。

“2022年のトレンド予想”

(c) Nike (c) Nike (c) Nike (c) Nike 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから 「シュプリーム」の公式サイトから

コロナ禍によって生活にスポーツを取り入れる人が増えたため、22年はより幅広いスポーツのアイテムがスポットライトを浴びることになるだろう。ゴルフがその最たる例で、トレンドセッター の「ナイキ」は“エア マックス 97(AIR MAX 97)”など人気スニーカーのデザインをゴルフシューズに落とし込むだけでなく、ドレイク(Drake)とのコラボライン“ノクタ(NOCTA)”からゴルフウエアを発売。「ジョーダン ブランド」も同様の動きを見せており、結果として同ブランドのゴルフシューズの取引数は前年比270%を記録している。加えて、じわじわと人気が広がっているのがフィッシングだ。「シュプリーム」と「サウス2ウエスト8(SOUTH2 WEST8)」によるフィッシングがコンセプトのコラボコレクションは、「ストックX」で最も注目されたアパレルの一つだったという。そして、「サノバチーズ(SON OF THE CHEESE)」や「フラグスタフ(F-LAGSTUF-F)」もフィッシングアイテムを販売しているように、感度の高い早耳の人々は海や川へと出向いている。

「楽天市場」消費トレンドからヒット予測!今夏注目の猛暑対策グッズとは?

パーソナルクーラー「ここひえ」

外出時の熱さ対策は「持つ」から「着る」へ

おうち水遊びも進化!?家族と楽しむ夏にしよう!

ペット向け涼感グッズにも注目集まる

「iDog ICE HOLD クーリングベスト」

国内女子プロゴルフ界を牽引する稲見 萌寧選手。楽天と共にさらなる高みへ!

【解説】1日5,000人規模の大規模ワクチン接種を実現。楽天の地域合同職域接種のギモンに答えます!

Arigato, Barça!「FCバルセロナ」とバルサファンへ、楽天からの感謝のメッセージ

「スペースモバイル」でどこでもつながる通信へ、楽天モバイルの挑戦

地域課題と向き合う、楽天のソーシャルイノベーションプログラム成果報告会をレポート!

数字で見る「楽天市場」25年の歩み

おすすめ記事

Rakuten Innovation

「Rakuten Sports」、世界的スケートボー…

Twitterでフォロー

Facebookでフォロー

Cookie settings

We use cookies in our website to give you the most relevant experience by remembering your preferences and repeat visits. By clicking “Accept”, you consent to the トレンド市場とは use of the cookies explicitly. Visit Cookie Settings to know more about the cookies used on our website.

If you do not wish for your personal information to be collected or sold in any way, you may opt out by checking this box and clicking Accept: Do not sell my personal information

This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of トレンド市場とは these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze トレンド市場とは and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of トレンド市場とは these cookies may have an effect on your browsing experience.

トレンドeye一覧

--> 全国20歳~69歳の男女を対象に「リユースに関する調査(2022年)」を実施しました。GW中に部屋の片づけをする人や断捨離をする人などもいるかと思います。今回は「使わなくなったものに対する対処・行動」「使わなくなったものを売らない理由」「使わなくなったものを売るときの理由」などについて聴取しました。
※「売る」…リサイクルショップやフリマアプリなどの利用含む 「再利用・リユースする」…修理するなどして再度使えるようにする 「保管する」…物置や倉庫などに置いておく

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

ゴールデンウィークに関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

男性美容に関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

脱プラスチックに関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年)

--> 全国20歳~69歳の男女を対象に「缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年) 」を実施しました。手軽にいろいろなお酒が楽しめることで人気の缶入りアルコール飲料。低アルコールで飲みやすいものも近年豊富になってきています。今回は「缶入りアルコール飲料の飲酒頻度」「この春飲みたい缶入りアルコール飲料」「 “ハードセルツァー”認知・飲酒意向」「低アルコール・微アルコール飲料の飲用シーン」について聴取しました。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

自動販売機に関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

「森のようちえん」に関する調査(2022年)

--> 全国20歳~69歳の男女を対象に「森のようちえんに関する調査(2022年)」を実施しました。近年注目を集めている「森のようちえん」という新しい幼児教育の形ですが、一般生活者にはどのように受け止められているのでしょうか。今回は、「森のようちえん」を知っているか、どう思うか、子どもや孫に体験させたいか、について聴取しました。
■当調査における「森のようちえん」の定義(※アンケート回答者に以下の説明文を呈示)
「森のようちえん」とは、1950年代にデンマークで始まった、自然体験を基軸にした保育・幼児教育の総称です。森、海、川、野山、畑、自然公園など、広義の自然の中で、子どもが主体的に活動することを中心とし、大人は子どもの主体性を重んじつつ、見守ります。幼稚園・保育園・自主保育などによる全日制から、自然学校などによるイベント型など、様々な形態があります。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

白湯に関する調査(2022年) トレンド市場とは

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

コレクションに関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

ふるさと納税に関する調査(2022年)

--> 全国20歳~69歳の男女を対象に「ふるさと納税に関する調査(2022年)」を実施しました。ふるさと納税は、出身地や好きな自治体に寄付をすることで税金が控除されたり返礼品がもらえるなど、利用者と自治体双方にメリットがある制度です。今回は、「ふるさと納税の経験有無」 「やってみようと思ったきっかけ」 「もらって良かった返礼品・欲しい返礼品」「ふるさと納税に関する疑問や心配な点」について聴取しました。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

ライブ配信に関する調査(2022年)

--> 全国20歳~69歳の男女を対象に「ライブ配信に関する調査(2022年)」を実施しました。5Gの普及やおうち時間の増加によって、ライブ配信を視聴したり行ったりする機会が増えた方もいるのではないでしょうか。今回は、「ライブ配信視聴・配信経験」 「自分自身がライブ配信をすることへの興味」 「普段視聴している配信者」「ライブ配信を視聴して感じる『楽しさ』『面白さ』」「ライブ配信を行う時に感じること」について聴取しました。
※ライブ配信…インターネット上でリアルタイムの動画配信をすること。(アーティストの公演・ライブ、生放送の番組は除く。)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

コーヒーに関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

お風呂に関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

新型コロナウイルス第6波「今の気持ち」に関する調査(2022年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

年始のあいさつに関する調査(2021年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

いま「してもいい」と思うことに対する意識調査(2020-2021年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

シェアリングサービスに関する調査(2021年)

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる