取引ルール

一目均衡表についても併せて解説

一目均衡表についても併せて解説
【↑クリックで拡大できます】LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。 参考: ヒロセ通商(LION FX)一目均衡表についても併せて解説 の特徴・評判

【特集】 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 23社選出 <テクニカル特集> 5月2日版

おきなわFG <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と企業の持つ株主資本(純資産)からみた株価指標で、理論上の解散価値を示す「PBR」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」を示した 39銘柄から、PBRがプライム市場平均の 1.2倍以下で上値余地があるとみられる 23社を選び出しました。

銘柄名 一目均衡表についても併せて解説 PBR PER
青山商 0.22 41.9
七十七 0.23 6.1
ユニプレス 0.30 -
一目均衡表についても併せて解説 おきなわFG 0.32 10.5 一目均衡表についても併せて解説
JVCケンウ 0.40 8.0

日コン 0.46 11.8
日華化学 0.47 10.3
千趣会 0.56 -
ワキタ 0.57 15.2
一目均衡表についても併せて解説 王子HD 0.75 8.8

菱鉛筆 0.76 12.6 一目均衡表についても併せて解説
邦ガス 0.80 19.一目均衡表についても併せて解説 一目均衡表についても併せて解説 2
山洋電 0.83 7.0
SUBARU 0.83 20.4
メディパル 0.86 15.7

一目均衡表についても併せて解説 キョーリン 0.89 28.7
フジクラ 0.90 4.5
特殊陶 0.91 6.7
ニチコン 0.一目均衡表についても併せて解説 93 10.8
ジョイ本田 0.95 11.7

内田洋 1.04 14.7
ヤマハ発 1.09 7.2 一目均衡表についても併せて解説
大塚HD 1.19 16.4

  • ・5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER&低PBR 47社選出 <テクニカル特集> 5月2日版
  • 一目均衡表についても併せて解説
  • ・買い場到来【RSI(20%以下)】高ROE 17社選出 <テクニカル特集> 5月2日版
  • ・今年前半の【急騰】材料株 ベスト50 <GW特集> (一目均衡表についても併せて解説 一目均衡表についても併せて解説 05/03)
  • ・GW明け後の相場彩る、投資妙味膨らむ3大テーマ株を狙え!(1)【NFT関連】.. (05/03)
  • ・逆風に負けず成長見込む!23年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月2日版
  • ・5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <GW特集> (05/04)
  • ・武者陵司「日本産業復活の神風、円安がやってきた!! (1)」 (05/04)
  • ・雨宮京子が読む!年中盤相場の展望と注目株 <GW特集> (05/03)
  • ・石黒英之(野村AM)が斬る! ―どうなる? 半年後の株価と為替― <GW特集> (05/03)
  • ・山岡和雅が年後半の為替相場を読む <GW特集> (05/03)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月07日)
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD

お薦めコラム・特集

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)
一目均衡表についても併せて解説

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

バイナリーオプションの一目均衡表の設定方法や使い方、組み合わせ手法を徹底解説【雲の攻略法】

バイナリーオプションの一目均衡表の設定方法や使い方、組み合わせ手法を徹底解説【雲の攻略法】

バイナリーオプションのMT4をダウンロードする方法!簡単3ステップで解説 ハイローオーストラリアを利用しながらテクニカル分析をしようと思うと、必ず「MT4」というチャートソフトが必要となります。 この記事では、MT4のダウンロード方法を初心者でも分かりやすいように3ステップで解説していきます。.

「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Ichinoku Kinko Hyo」をクリック。

一目均衡表を挿入する方法

一目均衡表のデフォルト設定

◇一目均衡表のデフォルト設定

一目均衡表の色設定

一目均衡表5線の基本的な使い方と雲の見方

転換線と基準線の使い方

基準線が示すもの

次に転換線ですが、 転換線は基準線とクロスしたタイミングでトレンドの転換を判断 します。

基準線と転換線の使い方

先行スパンを使った雲の見方

雲とローソク足の位置関係

また、雲に対して注目されるのは「 雲を抜けるかどうか 」で

雲を抜けた場合のイメージ

なお、雲は分厚ければ分厚いほど抜けきれずにレンジ相場になりやすく、抵抗帯としても働きます。

遅行スパンの使い方

遅行スパンとローソク足の関係性

一目均衡表とその他のインジケーターを組み合わせた手法

一目均衡表とRSIを組み合わせた手法

◇手法のやり方

転換線が基準線を上抜けた+RSI70以上:買われすぎではなく買いの勢いが強い

転換線が基準線を下抜けた+RSI30以下:売られすぎではなく売りの勢いが強い

RSI手法のエントリー方法

一目均衡表と移動平均線を組み合わせた手法

◇手法のやり方

トレンド相場でエントリーのチャンスとなる「 押し目買い・戻り売り 」のチャンスを一目均衡表を使って判断していきます。

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目均衡表

一目均衡表はローソク足のチャートとともに5本の線と「雲」で構成されています。 5本の線とは、基準線転換線先行スパン1先行スパン2遅行スパンと呼ばれるものです。 「雲」とは、先行スパン1の線と先行スパン2の線に挟まれた範囲を指します。

ではここで、一目均衡表を構成する5本の線と雲について簡単に説明していきます。 それぞれの計算式などは以下の通りです。

基準線 (当日を含む過去 26 日分の最高値+最安値)÷2
転換線 (当日を含む過去 9 日分の最高値+最安値)÷2
先行スパン1 (基準線+転換線)÷2を当日含む 26 日先行した線
先行スパン2 (当日を含む過去 52 日分の最高値+最安値)÷2を当日含む 26 日間先行した線
遅行スパン 当日の終値を当日含んだ 26 日分遅れた線
先行スパン1と先行スパン2の間の領域

一目均衡表の活用方法

転換線と基準線 のクロス

基準線は過去 26 日分の値動き幅の中心値であり、転換線は過去 9 日分の値動き幅の中心値です。 転換線のほうが当日に近い短期間のものなので、転換線が基準線を超えて上に表れた時はトレンドが上昇しているというサインになります。

両線がクロスしたポイントは「好転」といい、買いのサインです。 一目均衡表についても併せて解説 転換線が基準線とクロスして下に抜けた時は「逆転」といい、売りのサインです。 移動平均線でいわれる「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」によく似ています。

「雲」は先行スパン1と先行スパン2の間の価格帯で、空に雲がたなびいているように見える部分ですね。 先行スパン1と先行スパン2の2本の線に挟まれた領域である「雲」が意味するものは「抵抗帯」です。

ローソク足が雲の上にある時は強気相場であり、雲は「下値支持線」(サポートライン)となります。 ローソク足が雲の下にある時は弱気相場であり、雲は「上値抵抗線」(レジスタンスライン)となります。

一目均衡表 雲-min

ローソク足が雲の上にある時は強気相場か! その他にも一目均衡表の雲はいろんなことを教えてくれるんですね!

遅行スパン (遅行線)

遅行スパンとは当日の終値を、26日間過去にさかのぼって記したものです。 遅行スパンがローソク足より上にあると強気相場であり、下にあると弱気相場です。 遅行スパンがローソク足とクロスして上抜けると「買い」のサイン、下抜けると「売り」のサインとなります。

一目均衡表を読み解くうえで、この遅行スパンを「絶対にないがしろにしてはいけない」と考案者の細田氏は語っています。 氏は、26日間を一番重要なサイクルと見ており、遅行スパンは一サイクル前の価格と当日の価格を比較する意図があるようです。 そして現在の終値が一サイクル前の終値を上回ったら、そこから強気相場になるとみなしているのです。

三役好転・三役逆転は最強シグナル

ここで、一目均衡表において最も強い相場転換サインといわれる「三役好転」「三役逆転」をご紹介しましょう。 三役という3つの条件が揃うことにより、より強固な売買のサインが出来上がります。

「買い」の三役好転

「三役好転」が成立すると買いの最強サインになります。 三役好転となるための 3 つの条件とは以下のものです。

一目均衡表の三役好転

「売り」の三役逆転

「三役逆転」が成立すると売りの最強サインになります。 三役逆転となるための 3 つの条件とは以下のものです。

一目均衡表の三役逆転

三役好転・三役逆転いずれも、3つの条件が揃うことはなかなか難しいので、 2 つ揃った時点でエントリーして残りのひとつの条件が整うまで準備をしておくこともおすすめです。 また、遅行スパンがローソク足と雲から上抜けているかなど、他のサインもあわせてチェックしておきましょう。 日足で三役好転したなら、 1 時間足に落としても三役が達成されるか見てみましょう。

一目均衡表の注意点

とても便利そうな一目均衡表ですが、使うときに注意すべきこともあります。 一目均衡表は、大きな流れを掴むときには一目でわかって便利ですが、 売り買いのポイントを知るのが遅れがち になるというのが欠点です。

また一目均衡表は、 レンジ相場でダマシになりやすい という欠点もあります。 レンジ相場になると基準線と転換線のクロスが頻発しますが、実際にはトレンドの転換にならないというダマシになることがよくあります。 一目均衡表は日足で見ることを前提に作られているので、それより短い1時間足や1分足などの足の場合は、よりダマシが多く発生してしまうのです。

あわせて使いたいテクニカル指標

MACD とは短期と中長期の 2 本の移動平均線による分析法です。

一目均衡表とMACD

スーパーボリンジャーとスパンモデル

スーパーボリンジャーとスパンモデルどちらにも一目均衡表がアレンジされて使われており、一目均衡表のデメリットを緩和したものとなっています。 スーパーボリンジャーとスパンモデルはこれまた日本人が考案したテクニカル分析法です。 考案者の柾木利彦氏は為替ディーラーの経歴を持つ、現代に生きる相場分析家です。

スーパーボリンジャー&スパンモデル

一目均衡表が使える FX 会社

一目均衡表は線がたくさんあり、かつ計算式が複雑なので、普通に作成することはとても困難です。 エクセルで表を作ることもできますが、 FX 会社が提供しているツールを使うことができれば手っ取り早いですよね。 そこで、ここでは一目均衡表が使える FX 会社をご紹介します。

雲を抜けたら大チャンス!一目均衡表の使い方・設定方法を解説

FXの一目均衡表とは?

分析方法

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは、「相場は買いと売りの均衡が崩れたときに大きく動くため、方向性が決まったら相場の行方は一目瞭然」という由来のテクニカル指標です。

チャートの未来領域に「」が飛び出しているなど、見た目も概念も非常に斬新。

一目均衡表は昭和初期、都新聞社の細田悟一氏が「一目山人」というペンネームで発表した日本発のテクニカル指標なのですが、海外のトレーダーからも”Ichimoku“と呼ばれ多く利用されているんですよ。

FX初心者

一目均衡表は、2000人体制で7年間かけて完成させた分析方法。非常に奥深いため、実は完璧に使いこなせる人ほとんどいないと言われています。

テクニカル分析には、 一目均衡表についても併せて解説 一目均衡表についても併せて解説 暗記不要初心者でも簡単にできる 分析方法も存在します。

ヒロセ通商など一部のFX会社では、自動でテクニカル分析してくれるツールが無料で利用できちゃうのです!

一目均衡表 5本線の特徴・計算式

一目均衡表の使い方

一目均衡表は、基準線転換線先行スパン1先行スパン2遅行スパンの5本線で構成されています。

一目均衡表では(過去○日の最高値+過去○日の最安値)÷2という計算式を使って平均を出すことが多いのですが、「過去」といいいつつその当日も含みます

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスと同様にトレンドが転換するシグナルとなります。

先行スパン1

基準線と転換線の中間値を、26日未来にずらして記入します。

先行スパン2

過去52日間の最高値および最安値の平均値を、26日未来にずらして記入します。

遅行スパン

当日の終値を26日過去にずらして記入します。

遅行スパンは売買のタイミングを判断するときに使います。 遅行スパンがローソク足をに抜けた場合は買いシグナル(好転)、に抜けた場合は売りシグナル(逆転)と判断します。

一目均衡表の「雲」とは?

先行スパン1・2に囲まれた部分

先行スパン1・先行スパン2に囲まれた部分を「」といい、過去に激しく売買されたことを意味しています。

雲はチャートの未来の部分に飛び出しているため、現在のローソク足との位置関係を見ることで今後の展開が分析できます。

雲の厚さも大切な判断材料

一目均衡表は雲の厚さも重要な判断材料。雲は激しく売買された証ですので、雲の厚さ=抵抗の強さともいえます。

FXトレーダー

ただし、薄い雲の場合は反発の力が弱く、そのまま突き抜けてトレンド転換することもあるので要注意!

一目均衡表の最強シグナル!三役好転(三役逆転)とは?

  1. 基準線転換線が上に抜けたとき(転換線>基準線)
  2. ローソク足遅行スパンが上に抜けたとき(遅行スパン>ローソク足)
  3. ローソク足が上に抜けたとき(ローソク足>雲)

この3つのシグナルがそろった状態を「三役好転」といい、絶好の買いシグナルとなります。

また、逆方向の場合は「三役逆転」といい、絶好の売りシグナルとなります。

一目均衡表の設定はそのまま使おう

FX初心者

しかし、一目均衡表に関しては、設定を変えずにそのまま使うのがおすすめです。

最強!?一目均衡表以外の指標も一気に分析する方法

実はヒロセ通商(LION FX)では、自動でテクニカル分析してくれるツールが利用できます。

さきよみLIONチャート

【↑クリックで拡大できます】

LION FXの取引ツールには、過去のデータから為替予想をしてくれる「さきよみLIONチャート」やトレンドが一目で分かる「シグナルパネル」という機能が搭載されています。

テクニカル指標(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表など)の分析結果を一覧表示してくれるため、売買のタイミングが簡単に分かってとても便利ですよ。

参考: ヒロセ通商(LION FX)の特徴・評判

仮想通貨(ビットコイン)FXの一目均衡表を使ったチャート分析や雲の見方を解説

一目均衡表とは、日本の株式評論家である細田悟一氏が一目山人というペンネームで発表したテクニカル指標です。

この一目均衡表はその名の通り「一目」で買いと売りの均衡(パワーバランス)を確認する事ができ、「相場は売り手と買い手の均衡が崩れた方向に動く」という考えのもと、”いつ”相場が転換するのかを予想するのに役立ちます。

仮想通貨(ビットコイン)FXで一目均衡表を使うメリット

  • 相場のトレンド転換を予測するのに役立つ
  • 一目均衡表の雲を用いて相場の反発を予想する事もできる

相場のトレンド転換を予測するのに役立つ

一目均衡表の雲を用いて相場の反発を予想する事もできる

なお、一目均衡表では「先行スパン1」「先行スパン2」と呼ばれる2つの指標によって「雲」といった重要指標が現れます。

  • レジスタンスラインとは?

仮想通貨(ビットコイン)FXにおける一目均衡表の見方

これらは一見複雑に見えますが、考え方はとてもシンプルです。

基準線:中期的な相場の方向性を示す平均線

転換線:短期的な相場の方向性を示す平均線

先行スパン1:短中期的なトレンドを示す線

先行スパン1は「転換線と基準線の平均値を26日先に先行させて記入された指標」であり、短中期的なトレンドを示しています。

先行スパン2:長期的なトレンドを示す線

なお、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた空間を「雲」と呼び、上述した通り相場におけるサポート・レジスタンスラインとして機能します。

遅行スパン:過去と現在の相場を比較する線

遅行スパンとは、当日の終値を26日前に記入した指標であり、過去と現在との相場を比較する為に用いられています。

なお、一般的に遅行スパンが実際の価格の下にあれば弱気、上にあれば強気の相場であると判断することができます。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおける一目均衡表を使った売買ポイント

  • 雲がチャート上のどこにあるかで判断する
  • 転換線が基準線を抜けたときを狙う
  • 遅行スパンがローソク足を抜けた時を狙う
  • 三役好転・三役逆転を狙う

雲がチャート上のどこにあるかで判断する

この雲は相場において様々な役割がありますが、基本的にローソク足が雲を下から上へ突き抜けた場合は上昇トレンドへと転換し「買い」、反対に上から下へ突き抜けた場合は下降トレンドへと転換し「売り」と判断する事ができます。

雲の色が入れ替わった時はトレンド転換のチャンス

この雲を構成しているのは先行スパン1と先行スパン2であるとお伝えしましたが、この2つの線が交差し、雲の色が入れ替わった時は相場の転換点となり得ます。

転換線が基準線を抜けたときを狙う

次に、転換線が基準線を上抜け・下抜けしたポイントを狙ってみましょう。

遅行スパンがローソク足を抜けた時を狙う

遅行スパンは当日の終値価格を26日前にずらして表示させたすごく単純な指標なのですが、遅行スパンが実際のローソク足を上抜けした時は「上昇トレンドへの転換」、反対にローソク足を下抜けした時は「下降トレンドへの転換」と見る事ができます。

三役好転・三役逆転を狙う

三役好転とは、相場において以下の3つの条件が揃った時の事を言い、これらが揃ったら絶好の「買い」タイミングとなり得ます。

  • 転換線が基準線を上抜ける
  • 遅行スパンがローソク足を上抜ける
  • 現在の価格が雲を上抜ける

そして三役逆転とは、相場において以下の3つの条件が揃った時の事を言い、これらが揃ったら絶好の「売り」タイミングとなり得ます。

  • 転換線が基準線を下抜ける
  • 遅行スパンがローソク足を下抜ける
  • 現在の価格が雲を下抜ける

仮想通貨(ビットコイン)FXにおける一目均衡表の設定方法

では、各取引所やツール毎の一目均衡表の設定方法を確認していきましょう。

TradingViewで一目均衡表を表示する

bitFlyer(ビットフライヤー)で一目均衡表を表示する

bitFlyerでビットコインFXが可能な「bitFlyerLightning」では、以下のチャートのように右上にある赤枠をクリックして「一目均衡表」を選択すれば表示できます。

bitbank(ビットバンク)で一目均衡表を表示する

一目均衡表を仮想通貨取引アプリで表示させる

bitbank(ビットバンク)

GMOコイン

DMMビットコイン

仮想通貨(ビットコイン)FXにおける一目均衡表の注意点

  • レンジ相場ではダマシが発生しやすくなる
  • 雲が薄いとそのままブレイクしてしまう事もある

レンジ相場ではダマシが発生しやすくなる

トレンド相場では大きな力を発揮する一目均衡表ですが、一方で長期で持ち合いが続くようなレンジ相場の場合はあまり機能せず、ダマシが発生しやすくなります。

これだと、一体いつ売っていつ買えばいいのか判断しづらいかと思います。このように、各指標が上向き・下向きではなく横ばいが続いているようであれば注意が必要です。

雲が薄いとそのまま価格がブレイクしてしまう事もある

仮想通貨(ビットコイン)FXにおける一目均衡表のまとめ

一目均衡表のメリット

  • 相場のトレンド転換を予測するのに役立つ
  • 一目均衡表の雲を用いて相場の反発を予想する事もできる

一目均衡表を使った売買方法

  • 雲がチャート上のどこにあるかで判断する
  • 転換線が基準線を抜けたときを狙う
  • 一目均衡表についても併せて解説
  • 遅行スパンがローソク足を抜けた時を狙う
  • 三役好転・三役逆転を狙う

一目均衡表の注意点

  • レンジ相場ではダマシが発生しやすくなる
  • 雲が薄いとそのままブレイクしてしまう事もある

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる