暗号資産オプション取引の基本

バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略

バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略
あなたが初心者トレーダーであるならば、あなたは最初に莫大な量のお金と取引するべきではありません。 そうすれば、あなたは失望するでしょう。 小さく始めて大きくなります。 あなたが取引の芸術を習得する前にあなたがするだろうたくさんの間違いがあります。 あなたはあなたが失うことを望んでいるお金だけを誓うべきです。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

バイナリーオプション取引についてはじめまして。

株などの知識があるわけでもないので、挑戦しようという気はないのですが、
バイナリーオプション取引というものを雑誌で見て疑問を感じました。

最低50円からでもはじめることができるとのことで上限は5万。
雑誌を読む限りでは、バイナリーオプションという取引は
単純に上がるか下がるかの2択をし予想が的中すればいいという内容でした。

これだとかなりの確立でプラス収支になるということになりませんか?
プラス収支が大きいか小さいかは別として、
外れても、前回賭けた金額の倍以上を賭け続ければ最終的には黒字になるのでは?

それを防ぐ為に上限が儲けてあるのでしょうか。
ただ、上限があったとしても上限の5万円にたどり着くまでに
500円からはじめても7~8回はチャンスがあるということになるのでは?
上がるか下がるかの2択であれば、毎回上がるに倍づつ賭けていけば
7回も連続して外すことは少ない気もするのですが‥

株やFXは難しいというイメージがあったのですが、
こんな2択だけで単純な仕組みのものがあるとは驚きでした。

まったくの無知で知識のある方から見れば幼稚な発想でバカだと思われるかもしれませんが、
どなたか優しく教えていただけないでしょうか(笑)

ベストアンサーに選ばれた回答

バイナリーオプションで負けた分を賭る方法でシミュレーションしてみました。
通貨ペア USDJPY
期間 2010年年初から2013年2月末 バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略
かけ方 Highと Lowを交互に行う。
ペイアウト率 200%
賭ける時間 15分前にかけて、次の15分間は、待ち時間、24時間連続する。
賭け金 一回100円 負けた場合は、負けた金額を累計して賭ける。
2回続けて負ければ200円
賭け金上限 50000円
元金は、最も損失が多くなった金額の2倍
結果は、15%年の利益です。
最大損失は約100万円程度です。累計の値です。元金は200万円必要になります。
賭けるポジションは、High、Low交互ですので選んだ通過ペア、期間で偶然性で変化するのは、最大損失が最初に来た場合です。利益がたまって来たら、賭ける金は100円ですのでマイナスにはなり難いのです。
200万円で15%なので、利益は、30万円です。400万円あっても賭ける金額の制限があるので30万円以上の利益は出ません。
24時間取引なので自動売買のシステムから作らないといけないですね。結局は絵に描いた餅ですよ。
Webでのデーターの取り込み、発注を自動で行うプログラムを作れる人は儲かるということになります。
その他は、カスとして扱われてしまいます。
口座を一人でいくつもつくり、複数の通貨ペアに掛けっていったら300万円位稼げるかな。

ただし、バイナリーオプションで確実に儲かる方法は、理論的には存在するということになります。
ただ、バイナリーオプションのメリットである小額からできることは嘘のようです。小額から賭けることは出来ても、利益がでるまで我慢するには200万円は必要だということです。

みなさん分かりやすく説明していただけて理解することができました^^
ベストアンサーは迷いに迷いましたが、一番詳しくシュミレートしていただけた方とさせていただきます!
パチンコよりは確率のいいギャンブルという認識になりました(笑)

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

無作為に購入して長期間続けたら負けます。

ルーレットで赤黒に賭ける方法がありすが、実は「00」と言う場所があります。
仮に赤だけに賭け続けたら勝率18/(36+1)=48.6%で100円ずつ1万回続けたら28000円は負けます。
更に上限があるので単純に長期間続けたら勝てません。

これと同様にOPも上・下以外の状態も存在します。たぶん、勝率46%前後になるとおもいます。
また、7回連続というより18回連続もあります。たとえば、10回連続したらマーチンするとしても滅多に来ないので儲からないです。
一回失敗すると退場です。
5万円儲けるために500円マーチンを100回成功させないといけない。100回のうち何回かはオーバーします。

結局、相場を見ながら勝率50%超過の方法がないと長期的には勝てないです。

バイナリでも色んな種類ありますからね。
時間ないであれば好きな時間にポジションが取れるもの、エントリー時間が決められているもの・・・。

マーチンゲールについては1回100円を延々と繰り返すとして、10連敗で10万円とびます。
今まで1000回の成功がすべてなくなりますので、確率的にどうか検証しないといけません。
マーチンの場合、資金的に余裕がないといけないのと、初回投資金が少なくなりますので、時間と儲けの観点から非常に効率が悪くなります。
どの時間足でもいいのですが、毎ローソク足ごとにかけるとして、トレンドの変わり目などのときは10連続以上あったりします。
そういった場合は直前までは順方向なので毎回取れててウハウハです。

為替という物は上がるか下がるかの二択しかありませんので、適当に賭けていれば勝率は2分の1です。

さて、この場合500円から始めて倍々ゲーム(マーチンゲール)していけば7回目で上限手前の32000円になります。

7回連続で負ける確率は2分の1の7乗=128分の1。128回勝負すれば127回は勝利し1回負けるという事です。

その際の負け金額は、500+1000+2000+4000+8000+16000+32000=63500円。 バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略

127回の勝利の内訳は500円賭けて勝った場合+500円、一回500円負けたあと1000円賭けて勝った場合2000-500-1000=+500円、以下同様の計算をしていくと常に+500円である事が分かります。

ですから500×127=63500円。

結局、期待値は±0だという訳です。


更に、博打にはほぼ必ずテラ銭という物が存在します。

バイナリーオプションで言えば業者によって違いますが、例えば親(業者)の総取りゾーンがあったり、ペイアウト率が100%未満であったりする部分です。

その分を加味すると期待値はマイナスになります。


マーチンゲール法が有効であるためには
「資金が無限にある」
「賭け金に上限がない」
という大前提を満たしている必要があります。

実質的にこの条件を満たす事は不可能ですので、バイナリーオプションで勝ちたければ勝率自体を向上させるしかないでしょう。


理詰めで説明して参りましたが、一言でいえば
「そんなうまい話は無い」
です。


バイナリーオプションは損失が限定されている(賭け金以上に負ける可能性がない)ため、初心者には向いているとも言えます。

逆に言えば初心者からもむしり取りやすい、となります。

単純な仕組みだから知識の無い初心者が参入しやすい→初心者は普通長い目でみれば大抵負ける→業者大儲け
という構図がある事もお忘れなきよう…。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク バイナリーオプション取引のトップ5成功戦略 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる