FXの取引方法

相場の反転を捉える

相場の反転を捉える
テクニカル分析

反転ハンターくまを 相場の反転を捉える FXblog


相場の反転を捉える ​パソコンの前に座れた時に、長期足から短期足まで分析を行って、自分の得意とするトレードが今日は出来るか否かの判断を行う為に環境認識を最初にする


相場の反転を捉える ​ ​やりたいトレードが決まっていれば、その環境は起きているのか?どの通貨ペアで行うのが最もやり易いのか?を見ていきますよね?? 相場の反転を捉える


エントリー出来る環境が揃いそうだからポイントまで待ってみよう。


環境が揃う事は無さそうだから、とりあえず見送りだね。


ってなったら完全にフラットでバイアスかけずになんて言うのは難しいのでは??と思いがちなんですが、ココに落とし穴があるんじゃないか?と私は考えました( ・᷄ὢ・᷅ )


バイアスかけず?フラット?どっち行くか考えずに?人間である以上そんなの無理な訳で、ソコに対してメンタル鍛えなきゃとか、そういう事でもなくて、、


トレンドフォローだろうと、反転ハンターだろうと、レンジの波を細かく取りに行こうと、ブレイクの一伸びを取ろうと、どんなトレードでも良いんですけど、


あなたがやりたいトレードをどれかに絞って、そのトレードが出来るか否かの判断を付けるために行う環境認識は、あなたが極めている、もしくは極めようとしている武器(テクニカル分析)の分析結果だけは信じてあげるべき!!そこの部分だけは私的感情の入る余地は無し!!


​ ​そういう事だと私は思いました。普段の生活から何とか眠い目をこすり時間を作ってパソコンの前に座れた。リアルタイムでトレードしてぇし稼ぎたい!!


その気持ちは正しい!!ですが、一旦深呼吸して気持ちを落ち着けて!


やりたいトレードがあるならば、今日出来るか否かの判断だけは環境認識を行って判断すべき!

その判断 出来るようになる為に環境認識は抜かりなく行う事がとてつもなく大事な事になってくるんです。


だからこそ、あなたが普段使っているテクニカルを信じてあげられるようになるまで徹底的に検証を行って信頼度を上げていくしかないんです。

あなたが極めたいトレードに対してはバイアスをかけて拘り抜いて、そのトレードが出来るか否かの判断は環境認識を行ってテクニカル分析結果の言うことを聞く事!!

​ ​そして判断に直結するテクニカル分析はあなたが極めてピッカピカに磨き上げてやってください。それが出来るようになったら相場からガツガツ稼いでやろうじゃないですか(ง°`ロ°)ง ウボァアアアアアアアアア. ←まずはコレを書いてるヤツが稼げ

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か? & どのように使うのか?

Double Bottom

市場が過買収水準に達すれば、抵抗に直面してダブルトップパターンを形成することができます。 これは、相場が下落してから支持水準が見つかるまで、最初のピークから始まる。 この時点ではパターンを検知することはできません。 最初の天井を形成した後、相場は支持線(ネックライン)まで下落し、再び反発して新たに形成された抵抗をテストします。 相場がこれを突破できなければ、2番目のピークを形成する。 トレーダーはトレンドを警戒し、相場がネックラインを下回れば、売りに出る準備をしなければなりません。

ダブルボトム の場合と同じ Breakout テクニックが使用できますが、ルールが反転する。

ダブルボトムsとダブルトップsは、仮想通貨の取引に適していますか?

確実にYesと言えます! この二つのパターンは普遍的で、仮想通貨を含む全ての市場でうまく作動します。 もし、このようなパターンが現れる頻度は、例えば外国為替市場より低いこともあります。 しかしチャートで見つけると同様の関連を持っている。

ダブルトップ vs. ダブルボトム : 違い

ダブルトップとダブルボトムは、完全に反対という点以外は根本的な違いがありません。 つまり、ダブルボトムの場合、上昇トレンドが正しいということは、ダブルトップの場合、下落トレンドでも同じだということです。 後者は下落反転の信号だからです。

長所と短所

2つのパターンの最大の長所は、M15、H1、H4またはD1のような数時間帯に効果的だという点です。 そのためデイトレーダー、スイングトレーダー及びポジショントレーダーともに使用できます。 また、株式、外国為替、原材料及び仮想通貨とよく作動する普遍的なパターンです。

他の技術的パターンと同様にメリットもありますが、デメリットもある。 最大の短所はダブルトップもダブルボトムも、新しく形成されたトレンドが強固になるとは言い切れないという点です。 例えば、ダブルボトムの場合、売り手は3番目に相場を下げる機会を見つけるかもしれないし、さらには支持線下に突破を試みることもある。 したがって、トレーダーはストップロスのようなリスク管理ツールを使用しなければなりません。

避けるべきミス

ダブルボトムを利用して取引する人々の主なミスの一つは、相場がパターンのネックラインを超えた直後に買い取ることです。 この場合、慎重でないと、より大きな流れに立ち向かって取引することになりかねません。 市場が強い下落の中間にあり「小さな」ダブルボトムパターンを形成すれば、これを無視して一般的な下落トレンドを続けていく可能性が高い。

これを避けるためには、20日移動平均(MA)を追加しなければなりません。 もしMAより相場が低ければ、ネックラインブレイクアウトを買収してはいけません。 ダブルトップを利用して取引を行う際に、相場は期間20日MAを超えてはいけません。

リスクマネジメント

ダブルトップ 及び ダブルボトムは最も信頼できるチャートパターンの一つですが、すべての場合におけるトレンドの反転を保障することはできません。 残高による深刻な損失を回避するため,いくつかの基本技術を適用することでリスクを軽減する必要があります.

最も重要なステップは、ストップロスの注文をすることです。そうすることで、相場が急に下落した場合の損失を減らすことができます。ブレーキアウト(ネックライン)と抵抗(ダブルトップの場合)又は支持(ダブルボトムの場合)の間にストップロスを設定しなければなりません。

一貫性を高め、長期目標に集中するためには取引当たり残高の1%以上を使用してはなりません。 それはリスクマネジメントの黄金率のひとつです。

鉄板FXチャートパターン!エントリーから決済まで使える♪

テクニカル分析

今回のブログではテクニカル分析の基礎たる 「チャートパターン」 について解説していきたいと思います!!

チャートパターンってそもそも何や?って方のために簡単に説明しておくと、相場のある特定の局面でよく出てくる 「チャートの形状あるある」 のこと。

チャートの値動きというのは、人間の売買行動によって変動しているので 「こうした場面ではこう考え行動しやすい」 と言ったクセや行動パターンが反映されるものです。

チャートパターンのイメージ

よくあるチャートパターンを覚えておくと、相場の動きを予測しやすくなったり、価格が大きく変化する「節目」を捉えられるようになるので、 エントリー・決済の質をあげられる 、つまりトレードで勝ちやすくなったりするわけですな(`・∀・´)

今回は チャートパターンとはなんぞ? ってところから、抑えておくべき 鉄板チャートパターン のご紹介、 実際のトレードでの使い方 と、チャートパターンに関して余すとこなくお伝えしていきます♪

「チャートの形状を見ても、結局どっちに相場が動くのかよくわからん・・・(*´Д`)」 と感じている方は、この記事を通じて チャートに出てくるあるあるパターン を覚えてトレードチャンスを見つけるコツを習得していただけたら嬉しいです♪

チャートパターンとはなんぞ?

ダブルトップとペナント

これらのチャートパターンはただ単に「よく現れる」というだけでなく、その形状から 「その後の値動きの予測」に役立てることができる といった大きなメリットがあるため、FXをやる上でこれを覚えておかない手はないでしょう♪

【特集】 もう「逃げ」も「乗り」も遅れない、それならコロナのほかにココに注意

土信田雅之

土信田雅之さんのプロフィール:
楽天証券経済研究所シニアマーケットアナリスト。国内証券会社にて企画や商品開発に携わった後、2011年より現職。中国留学経験があり、アジアや新興国の最新事情にも精通している。楽天証券「トウシル」の「信用取引入門講座」で信用取引のノウハウを紹介するほか、連載中のコラム「テクニカル風林火山」「一生モノの株投資力養成講座」などが好評。


春に入りかけたころは「逃げ遅れ」が心配だったのが、夏前には「乗り遅れ」が悩みのたねに。
ボラティリティー(株価の騰落水準)の高かった今年上期の株式市場だったが、足元の日経平均株価は2万2000円~2万3000円のレンジの中で行き来し、強いトレンドが見えない状況となっている。
ただ、コロナ感染者の再拡大で二番底の不安が残るなかで、再びボラが高まる可能性がある。今春のコロナ暴落そしてV時回復の経験を糧に、もう「逃げ」も「乗り」も遅れないためにはどうすればいいのか。そのポイントを、楽天証券経済研究所シニアマーケットアナリストの土信田雅之さんに聞いた。
初回の記事では、今後の注目イベントと期待できるセクター、反対に要注意のセクターを紹介。2回目以降は個人投資家に人気のレバレッジ型ETF(上場投資信託)などを使って攻める際のテクニカル面での注意点などを探っていく。
コロナ相場では下げ局面を狙う意欲は旺盛
――コロナの大暴落では、主に個人投資家はどんな投資行動をとっていたのか、目立った動きはありましたか?
土信田雅之さん(以下、土信田): 2つの大きな動きが見られました。
まず、今年2月半ばから3月半ばの暴落局面では、日々売買高が大きい主力銘柄を現物で買う動きが顕著でした。この時は、楽天証券では、普段取引を活発にしない方や、新規の投資家さんの売買が旺盛だった印象がありますね。
3月19日以降の戻り局面では、 比較的 短期 の売買が目立った ように思います。特に2月以降に大きく売り込まれた銘柄を物色する動きが強かったですね。
チャイナ・ショック型なら二番底の深押しに注意
――個人投資家も「安いところでは拾いたい」という意欲が旺盛なのですね。株価の動きとしては、今後どんな展開が想定されるでしょうか?
土信田: 相場の反転を捉える 歴史的な過去の暴落の例から考えると、上昇トレンドの途中で襲われた2015年のチャイナ・ショックに近い形になるのかなと注視しています。
この時は15年の8月から10月の初めにかけて4000円近く、つまり20%近く下落して、その後、1万6901円で底を打った後に11月の終わりに向かって株価は反発し、2カ月程度で下落分の8割を回復しています。
しかし、12月から再び下げの第2波に襲われ、今度は1回目の下げよりさらにキツいものとなりました。結局、翌2016年2月には1万5000円割れを見るところまで、深押しすることになりました。
足元では、コロナ・ショックによる二番底の到来懸念は、財政・金融政策の総動員やワクチン・治療薬の開発進展なども踏まえ、払しょくされたと見る向きも多いですが、まだ楽観視はできない段階だと考えています。
今回がチャイナ・ショック型になるとすれば、 次の下落はもっと大規模な可能性 もあります。
■2015年のチャイナ・ショック時の日経平均株価の週足チャート

注:出来高・売買代金の棒グラフの色は当該株価が前期間の株価に比べプラスの時は「赤」、マイナスは「青」、同値は「グレー」。以下同
――2008年のリーマン・ショックともまたタイプが違うのでしょうか?
土信田: この時は2007年のサブプライムローン問題による下落を引き継いだ形で、すでに下落トレンドにある中で、それに追い打ちをかけるような大幅下落でしたね。
下落幅は大規模なものでしたが、08年の10月31日に株価6994円という一回目の大底をつけてからすぐに翌年3月13日の二番底がやってきて、その底値は7021円。一番底と同じくらいの水準でした。
すなわち、ここで早い段階で相場の反転局面のサインとされるダブルボトムを付けたかっこうです。ただし、相場の転換サインは比較的早く出現したのですが、その後は小幅なリバウンドに留まりました。そして、日経平均では1万円を挟んだ一定のレンジの中で、方向感が定まらない状況が2~3年も続いたのです。
■2008年のリーマン・ショック時の日経平均の月足チャート

期待感から現実問題へとステージが変わる
―― チャイナ・ショックは一番底からのリバウンドは大きかったが、二番底は一番底よりさらに下押しした。リーマン時では二番底の下押しは少ない一方で戻りも鈍かったということですね。
土信田: そうなります。
―― もし今回のコロナ相場がチャイナ・ショック時のパターンをたどるとなると、一番底より深い二番底に転じるきっかけは、どのようなものが現時点では想定できるでしょうか。
土信田: まずここから先は、 下げの「 質 」が変わる ものと意識して、企業業績や様々な経済指標の内容に注視していかないとならない段階に入っていることを押えておかなくてはなりません。
つまり株価の動きが、 不安や期待から「 現実問題 」を材料にして動いていく ということです。
2月からの大きな下げは、新型コロナウイルス感染拡大の不安感が世界中に広まることで大きな下げを引き起こしました。 株式市場は 不透明要因 を嫌います 。
このウイルス拡大がどれほど深刻になるのか。この感染拡大が新興国の財政や企業の業績悪化につながるのではないか。金融機関の機能不全になる信用不安に広がるのではないか。
不安が不安を呼ぶ形で、下げに拍車がかかりました。
こうした不安の連鎖は、治療薬の候補の出現や各国の財政・金融政策の方向性などが、不透明でありながらも期待を持てそうだというセンチメントが出来上がるなかで、収まってきました。
3月下旬からの反転は、こうした期待を先取りする形での上げに転換しています。6月に入りかけた頃までは、大きく捉えて市場心理の好転が株価を押し上げたかっこうです。
秋からの政治イベントを注視
―― ここまでの回復は「ムード先行」で、そのステージが変わる局面に入っているということですね。
土信田: 相場の反転を捉える 6月から株価のもみあいが続いているのは、期待から実態に関心が移り、その水準感を探っている段階を表しているといえます。
再びコロナの感染者が拡大して経済活動が停滞したり、企業業績の回復に時間がかかったりなど、これまでの期待と、見えてきた現実にギャップが生じると、やはり 株価もそれに大きく反応するものと警戒 しなければなりません。
■IMFが今年6月に発表した経済成長率の見通し

注:IMFのデータを基に『株探』編集部作成
―― つまり二番底もあり得るわけですね。
土信田: 注意したいのは、秋からは世界的な政治のビッグイベントが相次ぐこと。コロナももちろんですが、今後は政治の動きに巻き込まれるリスクも意識していく必要があります。
国内では秋から臨時国会が開催されますし、その後の11月には世界が注目する米大統領選も控えていますね。
前回の米大統領選を見てもわかるように、世界経済を牽引する米国の大統領に誰がなるのかは株式市場にとって重大な関心事であることは、今さら言うまでもありません。
とはいえ、今年は米大統領と同じくらい注目すべき政治イベントが、大統領選の前に実施されます。9月に予定されている 香港の議会選挙 です。
ご存じのように、6月末に中国では、中国政府が香港での統制力を強める「香港国家安全維持法案」が可決し、施行されました。これによって、香港の自治を認める「一国二制度」が事実上機能しなくなるのでは、という懸念が浮上しています。
※当該情報は、一般情報の提供を目的としたものであり、有価証券その他の金融商品に関する助言または推奨を行うものではありません。

サポートラインとレジスタンスラインで相場の反転の見極めよう!

トレード手法

株の売買においてこのラインは必ず押さえておきましょう。

サポートライン、レジスタンスラインって?

サポートラインとは下値支持線のことです。

反対にレジスタンスラインとは上値支持線のことです。

相場にはこのように下値を支えているかのような動きを見せる場面があり、その 反発しているポイントをラインで結んだものがサポートライン です。

反対に相場では上値が重く、レンジ内を上に抜けきらず反落する場面があります。そのような 上値が跳ね返されているようなポイントを結んだものがレジスタンスライン です。

サポートラインとレジスタンスラインは基本的には水平 に引きます。チャネルラインといった斜めに引くこともありますが、まずは水平を意識したほうが良いでしょう。

なぜ2つのラインが機能するのか?

サポートライン、レジスタンスラインの使い方

白いボックスを見てもらえると ボックス内では近々の安値を目処にサポートライン付近で止まっている のがわかります。

サポートラインとレジスタンスラインを引く際によく使われているのが、 相場の反転を捉える 相場の反転を捉える 直近の目立つ高値や安値に水平線を引く というやり方です。

直近の高値や安値というのは多くのトレーダーが注目するポイントの一つですので、その付近で何度か反発するようであればラインとして機能している可能性が高いです。

ただ写真でもあるように 多少のオーバーシュートはよく起こります。 ラインを明確に割らないかぎりはまだ機能しているとも言えますが、株価は需給によりますので、どちらの圧力が強いかも見極めていかなければいけません。

もう1つ重要なのは、過去の最安値、最高値など特徴的な部分にラインを引いてみるということも意識しないといけないポイントです。

サポートラインとレジスタンスラインは入れ替わる?

サポートラインとレジスタンスラインを学ぶ上で重要なことがあります。
それは サポートラインを下抜けすると今度はそのサポートラインがレジスタンスラインになる ということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる