初心者必読

バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方

バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方

まずはパソコンのスペック、つまり性能についてです。

バイナリーオプションに最適なパソコンの選び方とは?【初期費用を抑える方法~入れたいソフトまで解説】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

【結論】バイナリーオプションはパソコンの方が良いのか?

結論から言ってしまえば、バイナリーオプション取引は最初のうちはパソコンの方が良いでしょう。

スマホオンリーでも決して不可能ではありませんが、 何かと利便性が高いのはパソコン です。

バイナリーオプションでパソコンを使うメリット


バイナリーオプションのパソコンを使うメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

画面の見やすさ

パソコンは 画面が見やすくて疲れを防止できる のがメリットです。

使えるツールの幅広さ

パソコンを使うと、自分なりの戦略に応じて 使い勝手の良いツールを選んで効率的に稼げるようになる のもメリットです。

バイナリーオプションで成功するためにはツールの活用が重要になりますが、パソコンで取引をする人が多いことを前提として、 多くの取引ツールはパソコン用として開発されている のが現状です。

バイナリーオプションでパソコンを使うデメリット


では、バイナリーオプションでパソコンを使用することに、デメリットはあるのでしょうか?

環境を揃えるコスト

取引場所の制約

デスクトップ型パソコンの場合には持ち運びができないので、取引場所が自宅に限定されることになります。 ノートパソコンもかなり小型のものでない限り、デスクと椅子がないところで取引をするのは大変 です。

バイナリーオプションに適したパソコンとは


バイナリーオプション取引を行うのに適したパソコンとは、一体どのようなパソコンなのでしょうか?

スペック(性能)
画面の大きさ
ネット回線

スペック(性能)


まずはパソコンのスペック、つまり性能についてです。

最近のパソコンは総じて性能が向上しているため、そこまで高性能なモデルを購入する必要はありません。しかし、 安定して取引を行うための最低限の基準 というものはあります。

パソコンのOSは「Windows」か「Mac」かで悩むことが多いですが、 特にこだわりがないのならWindows を選ぶとコストパフォーマンスを上げられます。

パソコンの速さを決めるCPUはそれほど高い水準でなくても構いませんが、信頼性があるIntel Coreにしておいた方が安定していて良いでしょう。 Core i5の2.90GHzくらい バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 なら問題はありません。

ただし、 バイナリーオプション取引をしながら他のプログラムも動かしたい場合には、CPUの負担が大きくなる ので注意が必要です。この場合の目安としては、Core i7以上が挙げられます。

複数のブラウザやツールを開きながら操作をすると、メモリにはかなり負荷がかかるので、 4GB以上はある方が安心 です。

ハードディスク

OSやツールのインストールに必要な容量があればあまり問題はないので、 100GB以上あればトラブルも起こらない でしょう。

画面の大きさ


画面の大きさは、大変重要な指標の一つです。ノートパソコンの場合、デスクトップパソコンの場合、それぞれおすすめの画面の大きさがあります。

ノートパソコンの場合

ノートパソコンの場合は 13インチくらいあると作業スペースを十分に確保できる ので安心です。

デスクトップパソコンの場合

デスクトップパソコンの場合には目の疲れのことも考慮して 19インチ以上、できれば21インチ以上 を選ぶのが良いでしょう。

作業効率を上げるには、 デュアルディスプレイにするのも良い方法 です。大きなディスプレイを一つだけ用意するより、二つにして機能で分けましょう。

ネット回線

バイナリーオプション取引にはオンライン環境が必須です。

それも 「途切れない」「遅延しない」 というネット回線がなければ、思わぬところでバイナリーオプションのエントリー・注文が通らず、大きな損をしてしまう可能性があります。

ネット回線の速度は、基本的に速いに越したことはありません。 通信速度が遅いとタイムラグが生じてしまう リスクが高く、ツールでの通信にも支障が生じてしまいます。

チャートの情報などをリアルタイムで受信して反映させたり、複数の通貨ペアの詳細を追跡したりしていると、かなり通信負担がかかることは否めません。そのため、 安定した高速通信が可能な光回線を利用する のが賢明です。

無線・有線LAN

ネット回線は無線接続が良いか、有線LANが良いかというのも悩みがちな点ですが、バイナリーオプション取引では 安定性を考えて有線LANを選ぶ のが安全策です。

バイナリーオプション用にパソコンに入れるべきソフト

ここからは、バイナリーオプション用にパソコンに入れておくべきソフトについてご紹介します。

FX取引でも活用されているツールで、 一通りのチャート分析ができることに加え、カスタマイズ性が高い ことから自分専用のツールに仕上げることができます。

Google Chrome

よく用いられているのは、Google社が提供する「Google Chrome」です。
ウェブ上のツールは大抵Google Chromeに対応していることに加え、ブラウザの中でも動作が軽快 なので、取引をスムーズに行えます。

パソコンでのバイナリーオプションに向いている業者は?

結論から言えば 「ハイローオーストラリア」 というオーストラリアで運営されているバイナリーオプション業者がおすすめです。

さらにハイローオーストラリアには、 口座開設で5000円のキャッシュバック を受けられるチャンスもあります。

スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

バイナリーオプション向けパソコンQ&A

ここからは、バイナリーオプション向けのパソコンに関して、バイナリーオプション投資家である私の元に寄せられる数多くのご質問の中から、特に質問が集中しているものについて先回りでご紹介しておきます。

Q.高いパソコンじゃないとダメですか?

例えば新品のパソコンであれば20万円以上するものも多く存在する中、場合によっては たった2年か3年の型落ちの中古パソコンが5万円程度 で手に入ることもあります。

Q.ドラマの投資家みたく、モニタは何枚も買わないとダメですか?

これは、完全に ドラマの見すぎ です。

Q.バイナリーオプションはパソコンじゃないと勝てない?

結論から言ってしまえば「バイナリーオプションはパソコンじゃないと勝てない」ということはありません。

あなたもご存知のとおり、この2つのうち 入手難易度が高いのは「A」 です。

「A」は金銭的なコストはもちろん、時間的なコストやご自身の経験という部分で様々な労力が発生することになります。それこそ 「手に入れるためなら一財産を切り崩しても致し方なし!」くらいの覚悟 がなければ手に入らないことでしょう。

すでに深い知識を持つバイナリーオプション経験者、または、バイナリーオプション投資家からアドバイスを受ける、つまり 「B」を手に入れれば良い のです。

こちらはいわゆる”成金”ではあるものの、 一度地獄を見ているため人生を達観している ところがあります。人に分け隔てなく与えることのできるタイプの人間です。

自分で言うのもおこがましいことですが、 私は間違いなく後者のタイプの人間 です。

このLINEは、私の直通アカウントです。

バイナリーオプションで勝てるパソコンの選び方は、決して難しいものではありません。さらに、むやみやたらに費用をかければ良いというものでもありません。

バイナリーオプションはギャンブルではないので、 投資の全体的なバランス感覚がきわめて重要 です。そしてそれは、パソコンの選び方や予算のかけ方にも現れてくるものです。

バイナリーオプションで使うパソコンの選び方や注意点を徹底解説!

基礎知識

  • バイナリーオプションに必要なパソコンのスペックがわかる
  • バイナリーオプションにおすすめのパソコンがわかる
  • バイナリーオプションに必要なインターネット環境がわかる

バイナリーオプション取引をおこなうためには「 パソコン 」の購入を検討している方も多いと思いますが、実際どれくらいのスペックのパソコンを用意すれば良いか困っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、 バイナリーオプション取引をする上でどれくらいのスペックのパソコンとインターネット環境を用意すれば良いか 徹底的に解説していきます。

  • 1 バイナリーオプションではパソコンを使うべき?
    • 1.1 画面が見やすく分析がしやすい
    • 1.2 画面の切り替えにラグが生じる
    • 1.3 使えるツールが豊富
    • 2.1 OS
    • 2.2 CPU
    • 2.3 メモリ
    • 2.4 HDDかSSD
    • 2.5 デスクトップかノート
    • 2.6 バイナリーオプションに必要なパソコンスペックまとめ
    • 4.1 インターネットの通信速度
    • 4.バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 2 有線か無線

    バイナリーオプションではパソコンを使うべき?

    結論から言うと バイナリーオプションで勝ちたいのであればスマホではなくパソコンを使うべき です。

    • 画面が見やすく分析がしやすい
    • 画面の切り替えにラグが生じる
    • 使えるツールが豊富

    画面が見やすく分析がしやすい

    バイナリーオプションの取引では主に「 MT4 」のチャートを見て取引をすることになりますが、 パソコンでMT4を見るのとスマホでMT4を見るのでは全く見やすさが違います。

    見やすさはもちろん、 表示できる期間まで全く違いますので分析効率が大きく変わります。

    画面の切り替えにラグが生じる

    スマホは1画面しか表示できないので、どうしても「MT4を見る→ハイローオーストラリアの画面に切り替える」という画面切り替えの作業をおこなう必要があります。

    そのため、どうしても ラグが生じてしまう んです。

    なお、もっと大きな画面でMT4を見たいという方は パソコン全画面表示でMT4を使い、エントリーはスマホからおこなうという方法もおすすめ です。

    使えるツールが豊富

    これらのツールは スマホ版のMT4には入れることができません。

    バイナリーオプション取引に必要なパソコンのスペック

    まず最初に考えるべきなのが「 Mac 」か「 Windows 」どちらのOS(Operating System)を搭載したパソコンを購入するかです。

    結論から言うと バイナリーオプション向けに購入するのであれば「Windows」をおすすめします。

    • 基本的にMT4はWindows向けに作られている
    • macOS「Catalina」以降のMacはXMのMT4しか使えない(2020年12月対応)
    • 基本的にWindowsの方が安価で買える

    パソコンとしてMacとWindowsのどちらが使いやすいかは人それぞれだと思いますが、「バイナリーオプションで利用する」という点のみに焦点を当てると、そもそもMT4がWindows向けに作られている以上、 Windowsの方が使いやすい と言えます。

    そのため、 バイナリーオプションで利用するためにパソコンを購入するというのであれば、Windowsを購入することをおすすめ します。

    ちなみに現在の最新のWindowsOSは「 Windows 10 」なので、Windowsを購入する際はWindows10のパソコンを選んで下さい。

    次に重要になるのがパソコンの処理速度や性能を決める「 CPU 」というパーツです。

    CPU(中央演算処理装置:Central Processing Unit)とは、人間に例えると脳みそです。

    Intel社のCoreシリーズが有名ですが、バイナリーオプションを目的とするのであれば「 Core i5 」以上が搭載されたパソコンを購入しましょう。

    ちなみにCoreシリーズではCore i3→Core i5→Core i7→Core i9と数字が大きくなるほど性能と値段が上がります。

    ただMT4を動かして取引をするというだけならCore i3でも稼働しますが、将来的にサインツールや高性能なインジケーターなどを導入していくことを考えるとCore i5以上のパソコンを買っておいた方が良いです。

    また、MT4をスムーズに起動するために欠かせないのが「 メモリ 」です。

    メモリに関しては最低でも「 4GB 」以上のパソコンを購入して下さい。

    なお、4GBではMT4を開いてハイローオーストラリアでエントリーをするという作業だけで処理がいっぱいになってしまうので、同時に別の作業もおこないたい場合は「 8GB 」以上、複数のインジケーターを導入するなら「16GB」以上のパソコンを購入することをおすすめします。

    HDDかSSD

    パソコンではデータを保存しておく場所( 記憶装置 )の性能により処理速度が大幅に変わってきます。

    そしてこの記憶装置には「 HDD(Hard Disk Drive) 」と「 SSD(Solid State Drive) 」の2種類が存在するんです。

    • HDDよりSSDの方が処理速度が速い
    • HDDよりSSDの方が高価

    昔はパソコンの記録装置といえばHDDだったのですが、 現在では価格が落ちてきたこともありSSDが主流になっています。

    デスクトップかノート

    トレーダーと言えばデスクトップパソコンに複数のモニターを繋いで取引をするというイメージを持っている方が多いと思いますが、トレードで使用するパソコンは、 デスクトップとノートのどちらを使っても問題ありません。

    メリットデメリット
    ノートパソコン・どこでも持ち運べるのでカフェや旅行先など好きな場所でトレードができる・拡張性ではデスクトップパソコンに劣る
    ・同じスペックならデスクトップパソコンより高価
    デスクトップパソコン・マルチディスプレイなどの拡張性が高い
    ・同じスペックならノートパソコンより安価
    ・持ち運びができない

    バイナリーオプションに必要なパソコンスペックまとめ

    OSWindows10
    CPUintel Core i5以上
    メモリ4GB以上(サインツール使用8GB)
    記憶装置SSD
    ノートかデスクトップ用途による

    バイナリーオプション取引におすすめのパソコン3選

    Dell「2in1 ノートパソコン Inspiron 14 5491 Core i5 14インチ」

    OSWindows10
    商品重量1.86kg
    画面サイズ14インチ
    CPUCore i5
    記憶装置SSD
    記憶装置容量256GB
    メモリ8GB
    標準価格74,980円(税抜)

    マウスコンピューター「15s -du1010TU Core i5」

    OSWindows10
    商品重量1.13kg
    画面サイズ15,6インチ
    CPUCore i5
    記憶装置SSD
    記憶装置容量256GB
    メモリ8GB
    標準価格49,800円(税抜)

    ヒューレッド・パッカード「15s -du1010TU Core i5」

    OSWindows10
    商品重量1.7kg
    画面サイズ15.6インチ
    CPUCore i5
    記憶装置SSD
    記憶装置容量256GB
    メモリ8GB
    標準価格62,800円(税抜)

    バイナリーオプション取引に必要なインターネット環境

    バイナリーオプションではハイローオーストラリアなど「 インターネット上の証券会社 」を利用するためインターネット環境が必須となります。

    ただし、インターネットさえ繋がっていればそれで良いかと言われるとそうではなく、 インターネット回線が遅いとチャートの取得が上手くいかずチャートが止まってしまったりズレが発生してしまう んです。

    インターネットの通信速度

    インターネットの通信速度は「 30Mbps バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 」以上で取引をおこなうようにしてください。

    有線か無線

    インターネットは通信速度も重要ですが、「 安定性 」も非常に重要です。

    そのため、基本的には「 有線 」の「 光回線 」を利用することをおすすめします。

    【決定版】バイナリーオプションにおすすめのパソコンはコレ!4つの性能を確認して快適なトレード環境を整えよう!

    バイナリーオプション初心者入門

    皆さんこんにちは😊
    バイナリーオプションブログの高田かおりです!( @kaorimama_ma) バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方

    自分の分析不足で負けてしまうのはしょうがないけれど、 パソコンの“動作の鈍さ”が原因で負けを拾ってしまう のは絶対に嫌ですよね💦

    選び方に悩む人

    • ①取引画面にアクセスしてトレードする
    • ②チャート分析ツールを開く

    ただ初めてパソコンを購入しようか検討している人は「どんなパソコンを選べばいいか」の基準や知識は必要かと思うので、 パソコン選びに困ったら確認して欲しい項目を私なりにピックアップしてみました 🔍

    パソコンの頭脳とも言える「CPU(プロセッサー)」や「メモリ」さえ見ておけば十分快適なトレード環境が手に入りますが、どうせなら 必要最低限のスペックで低コストに抑えてパソコンを購入したい ですよね^^?

    【パソコンの選び方①】OSを決める

    パソコンを操作しやすくするためのソフトウェアを OS(オペレーティング・システム) というのですが、これから決めることで種類が絞れて楽になります😊

    パソコンのOSについて

    このOSにはいくつか種類があり、 Windows や mac と言えば聞いたことがあるのではないでしょうか?

    Windowsの方が操作性や利便性が高い

    macPCで水平ラインを挿入

    一方Windowsの場合、ショートカットキーの操作性を高めるツールがネット上に落ちているため、ダウンロードすればボタン1つでラインを挿入することが可能です✨

    また分析ツールでお馴染みのMT4やMT5は、本来 Windows用に作られたツール というmacPC泣かせの仕様であることもWindowsをおすすめする理由の1つ😅

    macにも対応させてくれているFX業者でデモ口座を開設すればmacのパソコンでも問題なくMT5を使用できますが、 互換性や利便性のことを考えるとWindowsの方がいい ということは間違いないでしょう💡

    【パソコンの選び方②】CPUで処理速度の高さを確認する

    CPUの性能が高いと 演算処理や処理速度といったデータ処理が速くなり 、つまるところスムーズに動くようになるので パソコン選びには必ず確認して欲しい項目 です👍

    CPUはマルチコアプロセッサだと処理速度が高い

    Intel社のCore バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 iシリーズは数字が大きいとそれだけ性能が良く(上位モデル)、現在はCore i9の第9世代が最新モデルとなっています😊

    Intel社のCPU比較


    ※参考サイト→ドスパラ

    難しいので詳しい解説は省きますが、Core i5以上だとCPUの演算処理を行う「コア」が6つ以上あり、沢山の作業がきても 並行して処理できるような仕組みになっています 😳

    バイナリーオプション取引ではチャートツールや取引画面、その他のアプリケーションを開くことになりますので、 マルチタスクができて処理速度の高いCore i5以降が良い というワケです🎶

    【パソコンの選び方③】メモリの容量が大きいパソコンを選ぶ

    メモリの容量が8GBあれば動作が重たくなることは滅多にない

    ではどれくらいのメモリならいいの?というところですが、私が使っているmacのノートパソコンのメモリは8GBで全く問題なく動いているので、 8GBあれば十分 です😊

    macのノートパソコンのスペック

    8GBもあれば動作が鈍くなりにくいので、 特に1台のパソコンで色々したい方 は8GB以上のメモリがあるパソコンを選ぶと安心して取り組めると思います✨

    メモリの容量

    【パソコンの選び方④】HDDやSSDといった記憶装置を確認する

    パソコンのHDD

    データそのものの保存はHDDなどに任せ、 バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 一時記憶しているメモリからデータを書き起こせば無駄な処理をグッと抑えられる ので高速なデータ処理が可能なんです💡

    メモリは処理速度を早める為の一時記憶装置、HDDやSSDは長期的なデータ保存を目的とした記憶装置と覚えると混乱することはないでしょう✨

    話が少し逸れましたが、HDDとSSDのどちらが良いかと言われれば、金銭的に余裕がある人は間違いなく SSDがおすすめ (*^^*)

    SSDはHDDと違って非常に高速なデータの書き起こしが可能なこと、そしてとても軽量なチップなので ノートパソコンなど持ち運びの際に軽量であると有り難い方 にはとてもおすすめできます🍀

    ハイブリッドHDDならHDDとSSDの両側面のメリットを補える

    SSDとHDDの役割

    名称メリットデメリット
    HDD価格が安い
    大容量
    消費電力が多い
    発熱や騒音が気になる
    SSDデータ処理が高速価格が高い
    容量が少ない
    ハイブリッドHDD値段がお手頃
    HDD/SSDのメリットがある
    HDDと同じ

    SSDの価格の高さを抑えた上でデータ処理が速いので、私としては ハイブリッドHDD搭載のパソコンが一番おすすめ かなって思いますね(*´∀`)!

    【パソコンの選び方まとめ】パソコン選びに確認して欲しい4項目

    パソコンを選ぶ際に確認したい4項目
    OSWindows
    CPUCore i5以降
    メモリ8GB(4GBでも可)
    記憶装置ハイブリッドHDD(容量は何でもOK)

    仮にこの基準通りじゃなくても、どのようにパソコンを選ぶべきかお分かりいただけたかと思うので、 1台のパソコンにどれだけ作業をやらせるかなどによってスペックを低くしてコスパを良くするのもアリですね 😁

    ご参考までにデスクトップPCとノートパソコンそれぞれで良さそうな機種をご用意しましたので、基準の材料として付け加えておきましょう!✨

    トレード環境で悩みそうなアレコレはここで解決!

    そこまで劣悪な環境じゃないにしても、ネット環境が悪く通信が不安定だと 取引に支障がでる恐れもある のでトレード環境全体も整えていきましょう🎶

    まずは今まで触れてこなかった「デスクトップPC」と「ノートパソコン」どちらがいいの?というところが皆さんの一番気になっているところでしょうか?🤔

    【トレード環境①】スマホでなければデスクトップPCでもノートパソコンでもどちらでも良い

    スマホでも取引自体はできますが、操作性で言うとどうしてもパソコンより劣っていたり、 同時に監視できる通貨ペアに限りがある ことからチャンスを逃しやすかったりと不利な面が目立ちます😅

    デバイス毎に一度に監視できる通貨ペア数

    ノートパソコンであれば画面も大きく処理速度もあるので快適にトレードできますし、 デスクトップPCであればコストを抑えてハイスペックな機種が買えやすい ので文句なしです😊

    【トレード環境②】ネット環境は有線と無線どっちがいい?

    その時がエントリー直前の場合や、転売をしようとしている時に起こったのなら目も当てられません💦

    こういった接触不良によるトラブルを避けるためには、 有線で回線を繋いでネット利用するのが一番リスクが低く、安定的な電波の供給が見込める と思います🎶

    【トレード環境③】パソコン(モニター)は複数台あるべき?

    憧れるトレード室

    複数のモニターで監視すべきだと考えている人は、恐らく“チャート分析用のモニター”と“取引用のモニター”に分けて監視することで タイムラグをゼロにしてエントリーが踏み切れる ことを理由に挙げているのでしょう💡

    仮に多いということであれば、それだけ不安定な相場(あるいは分析)でトレードしていることを意味しますので、 パソコンを購入する前に狙い方や取引時間等を再検討するのが先 かななんて思ったりもしますね😅

    また、パソコン1台でもお金を捻出するのが大変な昨今、2台以上パソコンを用意して取り組むべきだなんて私からは口が裂けても言えません…(笑)

    もし2台目以降のパソコンを購入しようか迷われている方でスマホをお持ちであれば、

    • 取引はボタンをタップするだけの状態でスマホで行う。
    • チャート分析は画面が大きく見やすいパソコンで取り組む。

    このようにすることで パソコン1台だけでもエントリーのタイムラグが起こらなくなる と思います😊

    マルチディスプレイのやり方

    バイナリーオプション用のパソコン選びは4項目さえ見ておけば迷わない

    今回のようにトレード環境にも気を配ることで 一番最適な体制で相場と向き合うことができる でしょう🍀

    パソコンを選ぶ際に確認したい4項目
    OSWindows
    CPUCore i5以降
    メモリ8GB(4GBでも可)
    記憶装置ハイブリッドHDD(容量は何でもOK)

    もちろん生活費を圧迫しながら購入する必要はありませんので、ご自身の懐事情と相談しながら決めてくださいね😁

    またこの記事でパソコンの選び方を知ってトレード環境を整えることができたのなら、次のステップは 基礎知識を学ぶこと になると思います💡

    バイナリーオプションで使うパソコンの選び方や注意点を徹底解説!

    オカマの相場予想

    バイナリーオプション取引を行うにはどれくらいのスペック(性能)のパソコンを準備すればいいのか?

    話に入る前に…

    アタシの LINE は必ず登録しておいてちょうだいね♪

    今回の事で分からない事、投資の相談、今困ってるんです、なんて事があれば気軽に聞いてもらってOKよ😘

    バイナリーをする上で必要なパソコン環境とは

    と考える方もいるかもしれないんだけど、勝ちたいのであればPCで取引を行いましょ❤️

    Windowsかmacどちらを選ぶべきか?

    と聞かれたら、どちらでも取引はできるるんだけど、 できればWindow の方がいいかしらね🤔

    なぜなら チャート分析に使用する MT4がWindows用のソフトウェア なのよ!

    MacでもMT4を使用することはできるんだけど、使用できるMT4の業者が制限されちゃうし、何より Windowsの方が使用できるショートカットキーが豊富 なのが個人的には大きな理由かしらね!(ショートカットキーを使うと作業効率が良くなるわよ😘)

    PCの見るべき詳細スペック

    ・CPU

    ・メモリ

    ・HDDかSSD

    PCのOSとは?

    Windowsでいうと「Windows 7」、「Windows 8」、「Windows 10」と年々、新しいOSがリリースされてるの!

    推奨OSの紹介

    これからPCを新しく購入するのであれば 最新のOSのPCを購入しましょ ❤️

    PCのCPU

    CPUとは「Central Processing Unit」の略で、日本語では「中央処理装置」と言うの。

    CPUは人間でいうところの「 頭脳 」の役割を担っていて 、 CPUのスペックがPCの処理速度に直結してるのよ 。

    PCのメモリ

    メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースで、よく「 机の大きさ 」に例えられるわね🤔

    それと同じで、 メモリの容量が大きいほど作業効率が上がり処理速度が上がるのよ バイナリーオプショントレード用パソコンの選び方 。

    最低でも 4GB以上のメモリのPCを使用しましょ!

    HDDかSSD

    HDDとSSDの違い

    HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略、SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略よ。

    どちらもPCのデータなどを保存する記録装置なんだけど特徴が大きく違いが、簡単に説明すると SSDは容量あたりの単価が高いが処理速度が早い と言うことかしらね🤔

    つまり、 同じ容量だとしてもSSDの方が値段が高い代わりに動作は速いのよ 。

    もし今回の話で、気になった事や質問したい事、または今、投資について悩んでるんですなんて方は気軽に LINE を登録して聞いてちょうだいね♪

    バイナリーを快適にするためのネット環境とパソコンのスペックを徹底伝授

    バイナリーオプションの取引をする場合、具体的にすることは以下の2点です。

    1. 取引画面にアクセスしてトレードする
    2. チャート分析ツールを開く
    1. 【ハイロー オーストラリア】にアクセスして取引画面を開く
    2. 『忍システム』『忍極システム』を開いてチャートを分析する

    逆に、トレードに悪影響を及ぼすとすれば、パソコンの性能よりも ネット環境の方が大事 でしょう。


    この半分もあれば、バイナリーオプションの取引には問題ないでしょう。

    ネット環境を甘く見てしまうと、「 取引の最中にいきなりアクセスが切れてしまった!」 なんてことにもなりかねませんので、十分に注意してください。

    快適に取引できるパソコンのスペック(性能)は?


    ネット環境に問題がなければ、バイナリーオプションの取引はできます。

    パソコン選びの選択肢① OS(Operating System)

    一番目の選択肢は、Windowsにするか? それともMacにするか? です。

    単純に値段だけを比較すると、Windowsの方が圧倒的に選択肢が多いです。
    Macの場合は、一番下の “MacBook Air” でも119,800円します。
    一方のWindowsPCならば、3万円前後(直販メーカー品)から探すことが可能です。 一般のメーカー品でも5〜8万円前後になるでしょう。

    パソコン選びの選択肢② 処理能力の速度


    パソコンの選び方の二つ目は、各パーツの処理速度や性能になります。

    そのパーツの中でもCPU(中央演算処理装置:Central Processing Unit)はPCの頭脳であり、人間で言えば脳みそに当たります。

    CPUの性能が高ければ高いほど処理速度が早くなり、難しい演算処理(画像の加工や3D CADなど)もサクサク進められます。

    最近は、Intel製のCore i3やCore i5、Core i7やハイエンドのCore i9が出てきていますが、これらはその中身を説明すると非常にややこしく、また長くなります。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる