弱気相場での取引

戻り売りトレード

戻り売りトレード
私は 4時間足で上位足、30分足で下位足のトレンドを認識 しています。

どうして押し目や戻り、レンジが出来るのか?

powatekuさん初めまして。 チャートを見ると解りますがFXも株式相場も押し目や戻りでの取引量・出来高が多いことが判ります。 つまり、市場参加者の大勢はテクニカル分析を行い事前に押し目や戻りとなるべき目途を想定した上でトレードをしています。 では、なぜそのような現象が起こるかの説明に移ります。 買ったものは売る、売ったものは買う。そうしなければ実現益・実現損が確定しません。投資家は当然最大利益を追求する為に、何時買って、何時売るのが一番効率がいいかを考えなければなりません。その為にテクニカル分析に基づいて目標値を算出します。目標値に近づくと反対売買を準備します。相場には自分以外の不特定多数の投資家が同じような思惑でチャートを眺めているわけです。 例えば、買っていた株が目標値に達したとします。安値から買っていた投資家は適正な利益が出た為に売りを出します。特にボリュームの多い機関投資家は反対売買に時間がかかります。一度に大量の売りを出せば株価が下がってしまいますので価格が下がらないように市場インパクトの少ないレベルで売りを行います。売り遅れると致命的な事態を招くこともあります。 同じ事を他の投資家も考えるわけですから徐々に売り気配が増え始めます。 やがて、売りのマインドが買いよりも多くなると、我先にと売り急ぐので株価は下がり始めます。 ある程度下がると、割安感から買いが入り始めます。 先の安値よりも高い水準で下げ止まって反転すれば‘押し目‘になります。 安値が切り上がってトレンドが上昇中であることが認識されると再び上昇し始めます。 上昇トレンドが継続する中でこれを繰り返します。 前回の押し目を割り込む下げは上昇トレンドの終了を意味します。 戻りも考え方は同じで下降トレンドにおいて上記と反対のメカニズムが働きます。 レンジ相場は方向感が無い状態を示しています。売りと買いの需給を消化する段階に良く見られます。買っていた株が前の高値を超えることが出来ない、売りを仕掛けたが前の安値に近づくと買戻しが入る。資金の回転で儲けようとする投資家はこの先、利益が出せない株のポジションを整理しようとします。売り買いが交錯して前回の高値や安値を意識した売買が続きます。 以上は一般論です。 (トレンドについては参考URLをご参照下さい。詳しく説明されています。ダウ理論は必須です。理論と聞くと難しく思うかも知れませんがA4一枚程度の文章です。頭に入れておくと相場の仕組みが理解し易いです。) 現実には市場マインドを見ながら売買量やタイミングを調整します。 例えば、買っていた株が目標値を上回っても買い上がって来る動きが強ければ、何もわざわざ売り急ぐ必要がありませんので売り準備をしたまま静観します。 しかし、テクニカル的に限界値に到達したり、不合理な上昇は必ず修正されますので、やがて下がり始めます。その時に売りを出します。 反対に想定よりも弱くて目標値に達しない場合も起こります。 価格の値動きが作り出す‘波‘はテクニカル的な要因と需給が主になります。更に外部環境(為替に対しては政策、株式については企業業績や為替動向など)の影響を受けて複雑になるわけです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる