取引戦略

フィボナッチ比率のFXへの応用方法

フィボナッチ比率のFXへの応用方法
フィボナッチ・ファン

フィボナッチ について

フィボナッチは有名な数列で、 とても人気のあるFXツール です。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 FX相場を分析する上で 信頼性も高く おすすめ!

フィボナッチ について

多くのFXトレーダーに利用され 続ける 人気 のある ツール

フィボナッチイメージ

フィボナッチ数列とは?

  • 0、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233、377、610.

なぜ予測できるの?

フィボナッチ予測イメージ

フィボナッチ数列の 特徴

フィボナッチ数列の特徴イメージ

    フィボナッチ比率のFXへの応用方法
  1. 各数字は、前2つの数字を足したものです。
  2. 各数字は、1つ後ろの数字に対して、およそ「 0.618倍 」になります。
    また1つ前の数字に対して、およそ「 1.618倍 」になります。
    数字が大きくなるに従って「 0.618 」「 1.618 」に近づきます。
  3. 各数字は2つ後ろの数字の「 0.382倍 」、2つ前の数字の「 2.618倍 」になります。
    また数字が大きくなるに従って、「 0.382倍 」「 2.618倍 」に近づきます。
  4. フィボナッチ比率のFXへの応用方法
  5. 各数字は3つ後ろの数字の「 0.236倍 」、3つ前の数字の「 4.236倍 」になります。
    また数字が大きくなるに従って、「 0.236倍 」「 4.236倍 」に近づきます。

5種類の フィボナッチ

5種類のフィボナッチイメージ

フィボナッチの種類1

フィボナッチ・ リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントイメージ

フィボナッチ・ フィボナッチ比率のFXへの応用方法 リトレースメントの 表示方法

  1. 「 挿入 」→「 フィボナッチ 」→「 リトレースメント 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ
  1. 「 挿入 」→「 オブジェクト 」→「 フィボナッチ係数 」→「 リトレースメント 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ

フィボナッチ・ リトレースメントの 活用方法

FX相場ではトレンドを形成するプロセスの中で一時的に必ず「 反落/反転 」します。

その一時的な反転を判別し、「 押し目買い 」や「 戻り売り 」を狙ってエントリーします。

押し目:上昇トレンド中に一時的に価格が下がった状態
押し目買い:押し目で「買い」ポジションを持つこと

戻り目:下降トレンド中に一時的に価格が上がった状態
戻り売り:戻り目で「売り」ポジションを持つこと

フィボナッチの種類2

フィボナッチ・ タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンイメージ

フィボナッチ・ タイムゾーンの フィボナッチ比率のFXへの応用方法 表示方法

  1. 「 挿入 」→「 フィボナッチ フィボナッチ比率のFXへの応用方法 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 」→「 タイムゾーン 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値にドラッグ
  1. 「 挿入 」→「 オブジェクト 」→「 フィボナッチ係数 」→「 タイムゾーン 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ

フィボナッチ・ タイムゾーンの 活用方法

併用する ツール

フィボナッチ・リトレースメントでは、「 押し目/戻り目 」を予測

フィボナッチ・エクスパンション:「 利益確定する価格 」の予測

フィボナッチの種類3

フィボナッチ・ ファン

フィボナッチファンイメージ

フィボナッチ・ファンの 表示方法

  1. 「 挿入 」→「 フィボナッチ 」→「 ファン 」
  2. 直近の安値をクリック → フィボナッチ比率のFXへの応用方法 直近の高値にドラッグ
  1. 「 挿入 」→「 オブジェクト 」→「 フィボナッチ係数 」→「 ファン 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ

フィボナッチ・ファンの 活用方法

フィボナッチの種類4

フィボナッチ・ アーク

フィボナッチアークイメージ

フィボナッチ・ アークの 表示方法

  1. 「 挿入 」→「 フィボナッチ 」→「 アーク 」
  2. 他のフィボナッチツール同様に、直近の安値をクリック → 直近の高値にドラッグ
  3. 詳細設定を開く
  4. チャート上のカーソルを右クリック → メニューから「 表示中のライン等 」を選択
  5. フィボナッチ・アークの編集画面に入る
  6. 詳細設定したいフィボナッチ・アークを選択 → 「 編集 」をクリック
  7. 詳細を設定する
  8. デフォルトでは「 スケール 」は1で、「 楕円 」にチェックが入っていない状態です。
  9. 試しにスケールを「 3 」にして、楕円にチェックを入れてみましょう。
  1. 「 挿入 」→「 オブジェクト 」→「 フィボナッチ係数 」→「 アーク 」
  2. 他のフィボナッチツール同様に、直近の安値をクリック → 直近の高値にドラッグ
  3. フィボナッチ比率のFXへの応用方法
  4. 以降は、MT4の場合を参照

フィボナッチ・ アークの 活用方法

フィボナッチの種類5

フィボナッチ・ エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションイメージ

フィボナッチ・ エクスパンションの 表示方法

  1. 「 挿入 」→「 フィボナッチ 」→「 エクスパンション 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ
  3. フィボナッチ・エクスパンションをダブルクリック → 赤線が白に変わることで、移動可能になります。
  4. フィボナッチ・エクスパンションをさらにダブルクリック → 白い点が消えます。
  1. 「 挿入 」→「 オブジェクト 」→「 フィボナッチ係数 」→「 エクスパンション 」
  2. 直近の安値をクリック → 直近の高値までドラッグ

フィボナッチ・ エクスパンションの 活用方法

次に、チャート上のカーソルを右クリック → メニューの「 表示中のライン等 」をクリックします。

色・形・太さの変更

  1. 設定画面で編集したいラインのバーをクリック → 「 編集 」を選択
  2. 編集画面の「 フィボナッチ・レベル 」タブを選択 → 「 色 」「 形 」「 太さ 」を変更 → 「 OK 」をクリック

レベルの変更

  1. 色変更と同様に、編集するラインをクリック → 「 編集 」を選択
  2. 好みに合わせて線を「 追加 」「 削除 」「 デフォルト設定に戻す 」などを選択

設定画面で削除したいラインを選択 → 「 削除 」をクリックして完了となります。

まとめ:フィボナッチ

フィボナッチまとめイメージ

また、 フィボナッチのみを使用するだけでなく、移動平均線などの他のFXツールと組み合わせることで、より信頼度の高いFXトレードを可能にするのでおすすめ です。

TradingView(トレーディングビュー) フィボナッチ・リトレースメントの表示方法、活用方法

TradingView(トレーディングビュー) フィボナッチ・リトレースメントの表示方法、活用方法

3つの法則
・数列から数字を1つ取って、1つ後の数字で割ると、 0.618 となる。
(例 55÷89=0.61797…、89÷144=0.18055…)
・数列から数字を1つ取って、2つ後の数字で割ると、 0.382 となる。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法
(例 13÷34=0.38235…、55÷144=0.38194…)
・数列から数字を1つ取って、3つ後の数字で割ると、 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 0.236 となる。
(例 13÷55=0.23636…、34÷144=0.23611…)

これより、 「61.8%」「38.2%」「23.6%」 がフィボナッチ比率と呼ばれています。

この比率はただの比率では無く、 人間が自然と美しいと感じる黄金比率 なんです。
歴史的建造物や芸術作品などにも、この比率が使われていることが多くあります。

FXには様々な種類のフィボナッチがある

・フィボナッチ・リトレースメント フィボナッチ比率のFXへの応用方法
・フィボナッチ・エクスパンション
・フィボナッチ・ファン
・フィボナッチ・タイムゾーン
・フィボナッチ・アーク
・フィボナッチ・サークル
・フィボナッチ・スパイラル

今回はこの中でも一番代表的な フィボナッチ・リトレースメント について紹介したいと思います。

相場におけるフィボナッチ・リトレースメントとは?

フィボナッチ・リトレースメントと相場の関係

チャート分析におけるフィボナッチには「61.8%」「38.2%」「23.6%」に加えて 「78.6%」「50%」 も指標として扱われます。
(78.6%はフィボナッチの黄金比の平方根、50%はフィボナッチ数列の2番目である「1」から3番目の「2」を割った比率。)

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントとは、フィボナッチ比率を相場に応用したテクニカル分析法で、 相場のサポート/レジスタンスの価格水準を推測する ためのインジケーターです。

代表的なフィボナッチ比率

  • 127.2%(√黄金比)
  • 138.2%(フィボナッチ比率)

フィボナッチ比率とは

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率

フィボナッチ数列とは13世紀の数学者「レオナルド・フィボナッチ」が公表したことに由来する 「隣り合った2つの数字の和をつなげて作られる数列」 のことを言います。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597,…

  • 数列上のある数字を1つ後の数字で割ると、0.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 618に収束する
  • 数列上のある数字を2つ後の数字で割ると、0.382に収束する
  • 数列上のある数字を3つ後の数字で割ると、0.236に収束する

このような法則から導き出される数値をフィボナッチ比率と呼び、なかでも フィボナッチ比率のFXへの応用方法 「 0.618(1:1.618)」という比率のことを黄金比 と言います。

黄金比とは

黄金比とは、 古来より人が 最も美しいと感じる比率 として用いられてきた比率です 。

エリオット波動理論とフィボナッチ

自然界の中にはフィボナッチの法則が数多く存在します。

これは相場の値動きを示すチャートにも当てはめることができ、 フィボナッチ比率が示す価格水準では自然と集団心理が働きやすい という側面があります。

相場の値動きとフィボナッチとの関係を統計的に研究し理論としたのが 「エリオット波動理論」 とされています。

エリオット波動理論に示される各波動の長さは、フィボナッチの法則で推測することができます。

フィボナッチ比率を応用したその他のインジケーター

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションは、フィボナッチ・リトレースメントと共に 最も良く使われているインジケーター です。

エクスパンションには「拡張」という意味があり、推進した値幅のフィボナッチ比率を 直近のリトレース(戻り)から表し、今後の推進値幅を推測する ために使われます。

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンは、時間軸を基準にフィボナッチ比率を割り出し、 ト レンドの転換点がいつになるのかを予測する ために使います。

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファンは、 トレンドラインに対してフィボナッチ比率を割り出し、サポート/レジスタンスを推測 します。

フィボナッチの使い方

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

これにより、 その後の押し目の価格水準Cを判断していく ことがフィボナッチ・リトレースメントの使い方です。

ハーモニックパターンとフィボナッチ比率

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード例

とある通貨ペア①週足チャート

とある通貨ペア①12時間足チャート

フィボナッチを活用した押し目買いと戻り売りで利確!

フィボナッチ数は、ヒマワリの種の配列、ロマネスコの螺旋、アンモナイトの渦など、自然界に数多く出現しています。
例えば、ロマネスコの場合、円錐が螺旋系に並んでいて、螺旋の数を数えていくとフィボナッチ数の13が現れてきます。FXのチャートもフィボナッチに関連して連動することが多いため、それを体系化してFXトレードに応用し、いまでは世界中のトレーダーが利用するようになっています。
その一例が「押し目買い」と「戻り売り」。
FXでこの2つの最適ポイントが掴めれば、トレードは優位に進められます。 フィボナッチ比率のFXへの応用方法
今回、フィボナッチ数列を利用して、押し目買いと戻り売りのポイントを見つける方法を解説していきます。

フィボナッチとは

フィボナッチ数列

<フィボナッチ数列:計算式>
1
1:1+0
2:1+1
3:1+2
5:2+3
8:3+5
13:5+8
21:8+13
34:13+21
55:21+34
89:34+55
144:55+89

フィボナッチ比率

<フィボナッチ数列:0.618の計算式:フィボナッチ比率>

1:1÷1:1
1:1÷2:0.5
2:2÷3:0.666
3:3÷5:0.6
5:5÷8:0.625
8:8÷13:0.615
13:13÷21:0.619
21:21÷34:0.617
34:34÷55:0.618
55:55÷89:0.617
89:89÷144:0.618

<フィボナッチ数列:0.382の計算式:フィボナッチ比率>

1:1÷2:0.5
1:1÷3:0.333
2:2÷5:0. 4
3:3÷8:0.375
5:5÷13:0.384
8:8÷21:0.380
13:13÷34:0.382
21:21÷55:0.3818
34:34÷89:0.382
55:55÷144:0.3819
89:89÷233:0.3819

<フィボナッチ数列:0.236の計算式:フィボナッチ比率>

1:1÷3:0.333
1:1÷5:0.2
2:2÷8:0. 25
3:3÷13:0.231
5:5÷21:0.238
8:8÷34:0.2352
13:13÷55:0.2363
21:21÷89:0.2359
34:34÷144:0.2361
55:55÷233:0.2360
89:89÷377:0.2361

<フィボナッチ数列:計算式:黄金比>

1:1÷1:1
2:2÷1:2.0
3:3÷2:1.5
5:5÷3:1.666
8:8÷5:1.6
13:13÷8:1.625
21:21÷13:1.61538
34:34÷21:1.6190
55:55÷34:1.617
89:89÷55:1.618

フィボナッチをチャートに表示

MT4のメニューバーにある「挿入」⇒「フィボナッチ」この中に5種類が用意されています。
「リトレースメント」「タイムゾーン」「ファン」「アーク」「エキスパンション」
今回、値幅の戻りは何処まで届くのかの予測できる、「フィボナッチ・リトレースメント」と、次の値幅はどこまで伸びるのかを予測できる「フィボナッチ・エキスパンション」の使い方を解説いたします。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

下げ止まりの候補としては、23.6%戻しの場合は113.468円辺りで再度上昇するのですが、ここはスルーされています。
38.2%戻しの場合は112.761円で下げ止まり、上昇に転じるのですが、ここは1日程度のもみ合った後、更に下落しています。
次の、50%はフィボナッチ数では有りませんが、半値戻し位置となり注目度は高いです。
そこでも多少もみ合った後、61.8%111.618円で完全に下げ止まりました。

バイナリーオプションにおけるフィボナッチの引き方と組み合わせによるエントリーの仕方とは

バイナリーオプションにおけるフィボナッチの引き方と組み合わせによるエントリーの仕方とは


バイナリーオプションで相場を分析するのにフィボナッチは有用です。

  • フィボナッチとは何かを理解している
  • フィボナッチのラインを正しく引ける

フィボナッチとは

フィボナッチとは、「 フィボナッチ比率のFXへの応用方法 フィボナッチ数列 」を相場分析に応用したものです。

トレード初心者

フィボナッチ数列

トレード初心者

ミナト

つまり、 2つ前の項と1つ前の項を足し合わせていくことでできる数列 のことなんです。

  • 「足して出た数字」を「1つ後の足して出た数字」で割る→0.618・・計算式は21÷34=0.61764…
  • 「足して出た数字」を「2つ後の足して出た数字」で割る→0.382・・計算式は21÷55=0.フィボナッチ比率のFXへの応用方法 38181…
  • 「足して出た数字」を「3つ後の足して出た数字」で割る→0.236・・計算式は21÷89=0.2359…

この倍率を「 フィボナッチ比率 」あるいは「 黄金比率 」といいます。

バイナリーオプションにおけるフィボナッチ

バイナリーオプションではフィボナッチ比率を「 サポートライン 」と「 レジスタンスライン 」の 目安 として使用します。

主に 逆張りエントリー を狙います。

左上、一定期間において 最高値をつけた後、下降トレンドに入り最安値 をつけていますね。

フィボナッチのMT4設定方法

フィボナッチを MT4で設定する方法を解説 していきます。

①ツールバーから「 挿入 」→「 フィボナッチ係数 」→「 フィボナッチリトレースメント 」を選択。

※あるいは、青◯部分の フィボナッチリトレースメントマーク を押します。

②選択したら、 チャート上の高値(安値)をクリックして、安値(高値)でドラック すれば完了です。

③消す時は、 ライン上で右クリックをして「削除」 を選択すればOKです。

フィボナッチ単体使用では使いづらい

フィボナッチはレジスタンスやサポートとしてエントリーの目安にしやすいものの、 単体ではやや使いづらい です。

トレード初心者

トレード初心者

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる