バイナリーオプション教材

アクティブに投資したい方へ

アクティブに投資したい方へ

アクティブに投資したい方へ

  • (1)指定インデックス投資信託
  • (2)アクティブ運用投資信託等
アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ
購入
金額順
ファンド名 運用会社 1年
リターン
3年
リターン
(年率)
1 eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 10.30%
2 eMAXIS Slim全世界株式
(オール・カントリー)
三菱UFJ国際 8.96%
3 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 三菱UFJ国際 9.01% 7.73%
4 eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 三菱UFJ国際 1.01% 3.10%
5 <購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイ 9.03% 7.アクティブに投資したい方へ 69%
6 ひふみプラス レオス 20.73% 5.39%
7 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 三菱UFJ国際 8.99%
参考 iFree 日経225インデックス 大和 18.35% 8.52%
参考 フィデリティ・米国優良株・ファンド フィデリティ 11.05% 8.97%
参考 楽天・インデックス・バランス・ファンド
(株式重視型)
楽天 8.80%
アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ
分類 ファンド名 運用会社 1年
リターン
3年
リターン
(年率)
インデックス eMAXIS Slim米国株式(S&P500)三菱UFJ国際 10.30%
アクティブ フィデリティ・米国優良株・ファンド フィデリティ 11.05% 8.97%
分類 ファンド名 運用会社 1年
リターン
3年
リターン
(年率)
インデックス iFree 日経225インデックス 大和 18.35% 8.52%
アクティブ ひふみプラス レオス 20.73% 5.アクティブに投資したい方へ 39%

【米国の経済成長と米国企業に注目するなら】

【米国だけでなく欧州を含む先進国の経済成長と先進国の企業に注目するなら】

【新興国も含む世界の経済成長と世界の企業に注目するなら】

【日本の経済成長と日本企業に注目するなら】

【幅広い資産にバランス良く投資したいなら】

川上雅人

川上雅人

auカブコム証券 ファンドアナリスト

ご注意事項

最短10分 で申込み完了!
無料口座開設 はこちら

ページの先頭へ戻る

au Kabucom Securities Co., Ltd. All rights reserved.

auカブコム証券株式会社 金融商品取引業者登録:関東財務局長(金商)第61号 銀行代理業許可:関東財務局長(銀代)第8号 アクティブに投資したい方へ 電子決済等代行業者登録:関東財務局長(電代)第18号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ at residents of Japan and the アクティブに投資したい方へ information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The アクティブに投資したい方へ information contained in this website is for information purposes only and does not アクティブに投資したい方へ constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is アクティブに投資したい方へ not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management アクティブに投資したい方へ Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and アクティブに投資したい方へ under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the アクティブに投資したい方へ アクティブに投資したい方へ United Kingdom.

Furthermore, the information on アクティブに投資したい方へ this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person アクティブに投資したい方へ in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as アクティブに投資したい方へ amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in アクティブに投資したい方へ the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【2022年5月】NISA・つみたてNISA銘柄のおすすめ人気ランキング40選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

法人向けの資産相談業務やグループ企業の経営管理、分散金融市場における資産運用事業を手がける。その他、大手のビジネス系メディア「マネー現代:講談社」「ITmediaビジネスオンライン」「四季報オンライン」等で執筆も行っている。 OKOSUMO(公式サイト):https://okosumo.com/ Twitter:https://twitter.com/full_tangent

検証のポイント

検証① 信託報酬の安さ

検証② アクティブに投資したい方へ リターンの高さ

検証③ リターンのブレ幅

自社施設

NISAとは?つみたてNISAとの違いは?

NISAとは?つみたてNISAとの違いは?

NISAとは、一般NISAとつみたてNISAに分かれ、一定額までの投資による運用益が非課税になる制度のこと。

たとえば、株式や投資信託を売却した際に10万円の利益が出た場合、本来は10万円に対して20.315%の税金が発生します。一般NISAやつみたてNISAを利用して投資していると、10万円の運用益をそのまま受け取ることが可能。運用を効率的に進めたい人に、おすすめな制度といえます。

一般NISAとつみたてNISAの主な違いは、非課税となる金額・期間・対象商品です。一般NISAは年間120万円分の投資が5年間非課税になるのに対し、つみたてNISAは年間40万円分の投資が20年間非課税に。最終的に非課税で運用できる金額も、NISAは600万円、つみたてNISAは800万円と異なります。

また、一般NISAでは株式・投資信託など対象商品が幅広いですが、つみたてNISAは金融庁が定めた基準をクリアした投資信託・ETFのみ。どちらも長所はありますが、一般NISAはさまざまな商品に自由に投資したい人、つみたてNISAは長期運用でコツコツ派の人向けといえます。ただし、一般NISA・つみたてNISAは、年間でどちらかしか利用できないことには注意してください。

投資信託とは?

投資信託とは?

投資信託とは、プロに運用をお任せできる初心者でも始めやすい商品のこと。集めた資金の投資先や売買のタイミングをファンドマネージャーが決定してくれます。そのため、投資経験がなく知識面で不安のある人でも気軽に投資に参加できますよ。

また、リスクを抑える分散投資をしてみたい人にもおすすめです。投資信託では、株式・債券・REITなどへ、運用のバランスを考えながら分散して投資されます。リターン重視の株式特化型商品でも、さまざまな業種の株式で運用されるため、特定銘柄だけの運用よりリスクが軽減されるのも魅力的です。

ただし、投資信託はリアルタイムでの売買ができません。価格の更新はそれぞれの市場が終了したあとの1日1回だけなので、注文時に確認した値段と約定した値段ではズレが出ることに注意しましょう。なお、投資信託も株式と同じように、元本保証ではないことも忘れないでください。

インデックス型とは?アクティブ型との違いは?

インデックス型とは?アクティブ型との違いは?

インデックス型とは、日経平均などの指数に値動きが連動する投資信託のこと。アクティブ型は、目標とした指数を上回るために運用担当者が企業などをリサーチして、投資する銘柄を選定する投資信託のことです。

インデックス型は、指数を上回るパフォーマンスを実現するための企業調査を行わないので、コストは比較的安くなります。対象となる指数も、さまざまな業種の株式で構成されているため、自然とリスク分散されるのもメリット。NISAでは、長期での運用がメインとなるので、リスク分散でき、コストの安いインデックス型はうってつけといえます。

一方、アクティブ型は状況に応じて自由に取引できるのが魅力的です。相場がよいときは株式などを増やし、悪いときは現金などの比率を増やすなど臨機応変に対応可能。ファンドマネージャーの実力によりますが、値上がり・値下がり幅をインデックス型よりもよい方向に向けられる商品もあるでしょう。

アクティブ型は、成長力が高く、時価総額の小さい株式にも投資できるのがメリット。日経平均やS&P500などの指数には、一定の基準を満たす銘柄が採用されます。そのため、インデックス型では投資できない株式にもアクティブ型なら投資できますよ。

しかし、アクティブ型で指数の成績を上回っている商品は全体でも1〜2割ほどです。パフォーマンスがどうなるか担当者次第のアクティブ型より、低コストで効率よく運用できるインデックス型のほうが無難といえるでしょう。

NISA・つみたてNISA銘柄の選び方

NISA・つみたてNISA銘柄を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

① まずは信託報酬の安い投資信託を選ぼう。初心者ならインデックス型が無難!

まずは信託報酬の安い投資信託を選ぼう。初心者ならインデックス型が無難!

効率的に利益を出したいなら、信託報酬が安い投資信託がおすすめです。

検証における信託報酬の平均は、インデックス型が0.21%・アクティブ型が1.28%となりました。それぞれ100万円で20年間運用した場合は、最終的に約21万円ほどの差に。運用に自信のない初心者は、コスト面で有利になるインデックス型を選んでおくのが無難でしょう。

投資信託の主なコストは、購入手数料と信託報酬の2種類。購入手数料は購入時のみですが、信託報酬は運用期間中は常に発生します。そのため、保有期間中に年率で発生する信託報酬が安い商品ほど、最終的な利益をより大きくできますよ。

元ファンドマネージャーの提言 投資信託「アクティブ運用」のすすめ ―― 大島和隆

アクティブ運用,投資信託

参考までにアクティブ運用の実例を紹介しよう。筆者が主催する「ファンドガレージ」では「My Favorite Company List」というコンテンツを提供している。これは推奨銘柄のリストという位置づけではなく、ファンドマネージャーはどのように銘柄を選び、その銘柄を日々どのようにフォローしているのかをリアルに実感してもらうために提供しているものだ。2019年2月15日に日米株式5銘柄ずつ合計10銘柄でスタートし、等金額投資を前提として毎日データを更新しているが、実は直近ではスタート時の約2.3倍から2.4倍にまで時価総額が膨らんだ。一方、この間の日経平均やダウ平均株価は約1.4倍にとどまっている。

「My Favorite Company List」のスタートから間もなく3年を迎えるが、これこそ個別銘柄をきちんと選定した投資判断の妙味であり、インデックスをなぞらえた「コストが安いだけ」の運用では得ることができない投資成果であると筆者は考えている。

「My Favorite Company List」は、わずか10銘柄への集中投資であり、これだけのリターンが上がったということは、当然のこととして「恐ろしくリスクが高いポートフォリオ」という烙印を押されるかもしれない。

しかし、筆者は「My Favorite Company List」で低リスクのポートフォリオを会員に紹介しようと考えたわけではない。これは「テーマ株ファンド」の考え方とある意味似ているが、「右肩上がりのビジネス・トレンド」を見つけ、そのなかから筆者が「株主になりたい会社」をリストアップしたものなのだ。逆に言えば、インデックスにリスク特性を揃えるために「投資したいとも思わない銘柄」までリストアップする必要はない。

こんな投資信託は絶対に選んではいけない! プロが教えるNG商品【連載:マネーの失敗学】

マネーコンサルタント/(株)Money&You代表取締役 頼藤 太希さん 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けお金の総合相談サイト「FP Cafe」、女性向けマネーメディア「Mocha」などを運営。マネーに関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!」(スタンダーズ)、「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(アクティブに投資したい方へ きんざい)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

29歳独身、「投資信託」の選び方が知りたい

【D男さんの情報】
・29歳独身
・職業:IT会社
・年収:420万円
・貯蓄:普通預金に300万円、投資信託100万円

そもそも、「投資信託」って何だ……?

投資信託とは、金融機関が投資家からお金を少しずつ集めて“ひとまとまり”にし、そのまとまったお金をプロである運用担当者が運用する金融商品のこと。簡単に言えば、 投資信託は、株式や債券などの“詰め合わせ” です。

個人で購入できる投資信託は、現在、約6000本あります。そして、その6000本のほとんどが、実は「売る側にとって都合のよいNG投資信託」だということをご存じでしょうか?

数年後に元本割れで運用終了……D男さんが購入した「テーマ型投資信託」の落とし穴

Money

「テーマ型」投資信託は損をしかねない! 手数料の高い商品にご用心

テーマ型は、テーマに沿った銘柄を選別する「アクティブファンド(※日経平均などの株価指数を大きく上回る運用成果を目指す投資信託)」がほとんどなので、専門家の銘柄選定にかかる調査や分析などの負担も高く、 手数料が高いものばかり です。手数料が高くても高リターンが実現できるならば、良いのかもしれませんが、現状そんなテーマ型はほとんどありません。あったとしても好成績が長く続かないものばかりです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる