FXのやり方は簡単

レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは

レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは

【バイナリーオプション】逆張りで使える無料インジケーター5選

逆張りに有効なインジケーター

移動平均線は、 過去の一定期間の平均値を線で結んだインジケーター です。
移動平均線では、トレンド転換を正しく表示するため相場のトレンドを確認するのに適しています。
移動平均線で逆張りする場合は、トレンドの反転やレンジ幅で変動する時の反発を意識しましょう。
レンジ相場では、短期線が長期線から一定の距離を離れると反転して戻る性質が移動平均線にあります。
そのため、ゴールデンクロスとデッドクロスを組み合わせて反転を狙い、エントリーしましょう。

RSIは、 相場の過熟度を判断できるインジケーター です。
また、相場の転換ポイントも見ることが可能。
RSIは、チャートの動きが1本の線で表示されます。
数値は0~100%で表示され、70%のラインを超えると「買われすぎ」、30%のラインを超えると「売られすぎ」と判断。
そのため、下降し30%を超えるとHighを選択し、上昇し70%を超えるとLowを選択しましょう。

CCIは、 RSI同様に相場の過熟度を判断できるインジケーター です。
元々は、商品取引で使用されてした指標で、商品チャンネル指数「Commodity Channel Index」の頭文字を取ってCCIと呼ばれています。
CCIには、上下の限界がありません。
±100のラインは移動平均との距離をもとに算出されており、±100という数値を基準に相場の過熟度を判断します。
+100を超えると「買われすぎ」、−100を超えると「売られすぎ」と判断。
そのため、下降し−100超えて再び−100を上回るとHighを選択し、上昇し+100を超えて再び+100を下回るとLowを選択しましょう。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、 レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは トレンドの方向性や反転するタイミングを判断するインジケーター です。
ボリンジャーバンドは、統計学を利用して為替レートの変動する範囲を予測し、チャート上にバンドと呼ばれる選を表示します。
バンドは、ローソク足チャートを囲むように表示され、中央ラインには移動平均線が表示。
ボリンジャーバンドの幅を表すラインは、標準偏差(σ)の±1σ・±2σ・±3σと分かれます。
レンジ相場の逆張りでエントリーポイントとなるのは±2σです。
ボリンジャーバンドには、9割以上の確率で±2σ以内に収まる特徴があります。
そのため、−2σを下に超えたらHighを選択し、+2σを上に超えたらLowを選択しましょう。
なお、現在がレンジ相場であるという見極めが重要であるため、以下の場合に逆張りして下さい。
バンドが一定幅で変動
移動平均線が緩い波、若干の上下

ストキャスティクス

ストキャスティクスも RSI・CCI同様に相場の過熟度を判断するインジケーター です。
過去データの高値・安値との離隔率を数値化し、0~100%の幅で構成されています。

バイナリーオプションの逆張り攻略法

レンジ相場で反発
値動きが安定した通貨ペア
時間帯

ポイント①レンジ相場で反発を狙う

1つ目のポイントは、レンジ相場で反発を狙うことです。
レンジ相場は、ある一定の幅で価格が上下します。
高値・安値になると反発するため、相場が動く向きとは逆方向にエントリーする逆張りがとても有効です。
バイナリーオプションでは、ラインを超えたら逆張りするシンプルな戦略でも勝率を高めることができます。
ただし、インジケーターを利用して適切なタイミングでエントリーしましょう。

ポイント②値動きが安定した通貨ペアを選ぶ

2つ目のポイントは、値動きが安定した通貨ペアの選択です。
バイナリーオプションで値動きが安定している通貨ペアはUSDJPY。
世界で取引されている通貨で多いのは、米ドル「USD」・ユーロ「EUR」・日本円「JPY」です。
ちなみに、世界で一番取引されている通貨ペアは EUR/USD
世界中で取引されている通貨であるため、変動が他の通貨とくらべて少なく安定しています。
変動が少ないため、レンジ相場を形成しやすく、逆張りによる勝率を高めることができるでしょう。
反対に避けるべき通貨ペアは、英ポンドのクロスです。
英ポンドは、値動きが激しいためバイナリーオプションには向いていないといえます。

ポイント③逆張りが有効な時間帯に取引

3つ目のポイントは、逆張りが有効な時間帯の取引です。
逆張りトレードでは、東京市場が開いている 9~17時 に取引しましょう。
理由は、相場の変動が少ない時間帯だからです。
相場の変動が少ないと、一定の値幅で推移しやすいため、レンジ相場を判断するためのラインが引きやすくなります。
また為替の市場は日本時間の午前5時から順番に開始。
東京時間にオープンしている市場は、ニュージーランドやオーストラリアなどのオセアニア系マーケット市場と限定的です。
そのため、相場の変動が少なくなります。
相場の変動が少ないと、細かくエントリーを繰り返すレンジ相場の逆張りトレードで、正確に自分のタイミングでエントリーが可能です。

バイナリーオプションの逆張りするエントリーポイント

レジサポラインでの反発
トレンド変換
ローソク足の反転

レジサポラインでの反発を狙った逆張り

1つ目のポイントが、レジサポラインでの反発を狙った逆張りです。
相場で意識されている価格帯や安値高値を基準にレジサポラインを引きます。
レジサポライン付近で、反発しやすいので逆張りしましょう。
また、トレンド相場でも上昇や下降の先に、上位足の強いレジサポラインがある場合は、刻確率で反発します。

トレンド転換のチャートパターン

ローソク足の反転パターンを狙った逆張り

3つ目のポイントが、ローソク足の反転パターンを狙った逆張りです。
ローソク足の形や組み合わせ、ヒゲの長さで反発しやすいパターンがあります。
長い上昇トレンドの後に上ヒゲが長い陰線が表示されると、下落トレンドへの転換サインです。
反対に、長い下降トレンド後に下ヒゲが長い陽線が表示されると、上昇トレンドへの転換サインとなります。
反転パターンが出たら逆張りしましょう。

バイナリーオプションで逆張りする手順

経済指標を避ける
インジケーターを100%信じない
初心者はサインツールを併用して根拠を強めるのもおすすめ

反発のタイミングを予測

初めに、反発のタイミングを予測します。 レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは
逆張りは、相場の状況を正確に把握することが重要です。
まずは、チャートにインジケーターを表示させたりレジサポラインを引いたりしましょう。
そのうえで、トレンド相場かレンジ相場かを判断し、反発のタイミングを予測します。
また、予測の精度を高めるために複数の時間足も確認しましょう。

デモ取引で逆張りでエントリー

次に、得た知識を実際の取引で試しましょう。
デモ取引は、お金を使わずに取引体験できるため逆張りの感覚を掴めます。
仮に、負けたとしても失うものは何もないため思う存分試しましょう。
自分なりのルールを決めて取引をおこなうことで、実際の取引に検証結果を活かせます。
通貨ペアや時間帯、エントリー基準を事前に決めて取引しましょう。

取引の記録をとり分析する

取引の記録をとり分析することは非常に重要です。
利益や損失が出た原因を分析し理解すれば次の取引で活かせます。
インジケーターに100%頼ることなく、自分の経験を基に取引できれば勝率が上がるでしょう。
エントリーする根拠を持つことが大切です。

逆張りとは、相場が動く向きとは逆方向にエントリーする方法
逆張りは、値動きが安定した通貨と東京時間で取引する
分析は超大事

逆張りは、レンジ相場に有効なエントリー手法です。
逆張りする際は、反発を意識しましょう。
また、実際に取引する前に得た知識を基にデモ取引で試すことをおすすめします。
ハイローオーストラリアは、国内最大の利用者数を誇る海外バイナリーオプション業者です。
ペイアウト率が最大2.3倍と非常に高く、サポートも充実しているため安心して取引できます。
取引する際は、自分なりにの戦略を立てて、エントリーするタイミングに根拠を持たせましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる