取引戦略

テクニカル分析の重要性

テクニカル分析の重要性

DVD15時からのFX
『実践編』になります。
前半ではボリンジャーバンドを使ったトレードを述べて、 後半ではストップを狙うトレードも述べてます。
デイトレなどをするなら参考になるDVDかと思います。

テクニカル分析とは?儲ける為に必ず必要なツール

テクニカル分析とは?

チャートでテクニカル分析

簡単に言ってしまうとテクニカル分析無しでは勝てません。

テクニカル分析で何がわかる?

テクニカル分析を知ることによりチャート(相場)の節目を知ることができ、「損切り・利益確定」の判断基準になります。

重要なものは直近の高値と安値

重要なのは高値と安値

色々なテクニカル分析がありますが、特に重要なものは直近の高値と安値(サポート・レジスタンスライン)です。

チャートの基本!ローソク足の見方

ロウソク足の見方

ローソク足は始値から終値までを「実体」で表しています。

分析法はトレンド系とオイシレーター系の2つ

テクニカル分析は大きく分けてトレンド系とオイシレーター系の2つに分けられます。この2つを上手く組み合わせながら売買の判断基準とします。

トレンド系:大きなトレンド(為替の方向性)を表したもの。移動平均線やローソク足が代表的です。

オシレーター系:これはある一定期間の株価が「売られすぎ」なのか、あるいは「買われすぎ」なのかを表した指標。RSIやMACD(マックディー)が代表的なものとなります。

テクニカル分析をすることにより、勝率は飛躍的にUPします。テクニカルの勉強をする時間が無い場合は外為オンラインが提供する無料 システムトレード(自動売買) やテクニカル分析を自動で行い売買タイミングを知らせてくれるシグナルマップを使うことで代用できます。

テクニカル分析にはFX初心者で使いやすい 外為オンライン がおすすめです。インヴァスト証券もチャート機能と為替情報が充実していて使いやすいです。

分析AIツールYOSHINAがAWSファンデーショナルテクニカルレビュー(FTR)を通過

【YOSHINAプロダクトオーナーコメント】
分析AI「YOSHINA」ではクライアント企業のお客様のデータを取り扱うケースも多いため、個人情報・セキュリティ対策に対する重要度が極めて高く「分析をしたいがクラウドでも大丈夫なの?」というご質問を多数の企業様よりいただきます。今回「AWSパートナーソフトウェアパス」に認定いただいたことにより、クラウド上での安全性、安心性を客観的にご提供できる状態になりました。
また、FTR通過には半年程度かかる企業様が多いという中で2ヵ月で通過させていただきました!
これらは、これまで「YOSHINA」が構築してきた運用や、セキュリティ対策などが概ね準備できていたという開発・インフラチームの賜物でもあります。機能開発だけでなく、安全にデリバリーできる、という観点をこれからも重要指標としてよりよい製品の提供をできるよう邁進していきます。

【AWSファンデーショナルテクニカルレビュー(FTR)とは】
FTRはお客様に安心とより良いビジネス成果をもたらすためのレビューです。
レビュー資格を持ったAWSのパートナーソリューションアーキテクト(PSA)が、AWSのベストプラクティスに沿って、パートナーのソリューションや製品におけるリスクを検証します。FTRを通過するためには、セキュリティ、信頼性、運用上の優秀性に関連する AWSベストプラクティスに従っている必要があります。これはパートナーにとっては自社ソリューションのリスクを軽減し不要な損失を抑えることができるということですが、同時にソリューションや製品を利用するお客様にとってもリスクが軽減されるということを意味しています。

【分析AIツール「YOSHINA」とは】
事業拡大のヒントを探す課題発見ツールです。様々なテキストデータから簡単に価値あるデータを抽出できます。自社サービスの改善や新サービスの検討にむけて、顧客の声や社内の声、セールストークなどの分析業務とそのための仕組みづくりをサポートします。
価格:ライトプラン月/15万円~、スタンダード プラン 月/30万円~、初期費用0円
オプション機能:音声テキスト化、分析支援、オンプレミス(検証用PC貸与)
お気軽にお問い合わせください。
https://yoshina.retrieva.jp/

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「ことばを、知識に。」をビジョンに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル32階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
管理部 テクニカル分析の重要性 広報 山本
E-mail: [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる