完全ガイド

自社株買いとは

自社株買いとは
自社株買いというのは、 企業が自ら発行した株式を、自らの資金で買い戻す ことです。株式会社は、事業をおこなうのに必要な資金を得るために株式を発行します。企業が発行した株式は、市場などで投資家がお金を出して買うことになります。自社株買いは、これとは反対の動き。企業がお金を出して、自社の株を買うのです。手元にはもともと自らが発行した株式が戻ることになります。理由は後から述べますが、 自社株買いは配当金とならぶ、株主還元のひとつ です。

日本株、「太っ腹な自社株買い」なのに「割安感のある」プロ厳選6銘柄を公開!

4月から5月にかけては、年間でもっとも自社株買いの発表が増加しやすい時期だ。3月期本決算企業の決算発表が集中するほか、直後に株主総会を控えていることなどが影響しているのだろう。今年もご多分に漏れず、多くの企業が自社株買いを発表している。 【実名公開】プロ厳選の「自社株買い」なのに「割安な」銘柄6選 自社株買いを発表した銘柄群は、相対的に発表後の株価パフォーマンスが堅調となるケースが多い。株式需給や投資指標に対して直接的な好影響があるほか、”自社株は割安”であることを匂わすシグナリング効果も無視できない。 自社株買いの規模が発行済み株式総数に対して大規模であるにもかかわらず、株価に割安感の残る銘柄に注目してみたい。

ワコールホールディングス(3591)

婦人下着で国内首位。国内の百貨店や量販店で強固な販売ネットワークを持つほか、海外事業も米国・中国・欧州などへ積極展開している。 前22.3期の決算(米国会計基準)は営業利益が50億円となり、21.3期の11億円の赤字から黒字に転換した。牽引役は、新型コロナウイルス感染症に伴う経済活動制限の緩和が進んだ海外部門(米国や欧州など)だ。 今23.3期も海外事業の成長が期待できるほか、国内事業も百貨店や大型商業施設で営業再開による売上回復が期待できそうだ。収益改善に加えて構造改革の進展も効果を発揮しよう。 国際財務報告基準(IFRS)を適用するため前期比較はできないが、会社側は売上高2050億円(単純な前期比較では18.6%増)、営業利益65億円(同29.7%増)を見込んでいる。 また、発行済株式数の8.95%、100億円を上限とする自社株取得も発表した。業績回復シナリオと自社株買いの期待は、年初来安値圏にある株価の下支え要因となりそうだ。

山口フィナンシャルグループ(8418)

中国地方を地盤とする同社は、発行済株式数の8.42%、100億円を上限とする自社株取得を発表している。前22.3期は76.3億円の赤字(前々期は369億円の黒字)に転落したものの、2月末に公表済みの下方修正に沿った内容であり、当面の悪材料は出尽くした格好だ。 今23.3期の経常損益は250億円の黒字へ回復する見通しだ。同時に、今期の年間配当は前期比3円増の31円に増配する方針も試している。還元方針を「配当性向40%+機動的な自社株取得」と示したことも注目できる。 株価は650円から750円を中心とする往来相場が続いている。株主還元の期待が高まったことで、下値圏ではさらなる底堅さが期待できそうだ。 日本銀行の金融政策が引き締めスタンスへ向かう思惑が強まる局面があれば、地方銀行株には強い追い風となるだろう。

日本株、「太っ腹な自社株買い」なのに「割安感のある」プロ厳選6銘柄を公開!

4月から5月にかけては、年間でもっとも自社株買いの発表が増加しやすい時期だ。3月期本決算企業の決算発表が集中するほか、直後に株主総会を控えていることなどが影響しているのだろう。今年もご多分に漏れず、多くの企業が自社株買いを発表している。 【実名公開】プロ厳選の「自社株買い」なのに「割安な」銘柄6選 自社株買いを発表した銘柄群は、相対的に発表後の株価パフォーマンスが堅調となるケースが多い。株式需給や投資指標に対して直接的な好影響があるほか、”自社株は割安”自社株買いとは であることを匂わすシグナリング効果も無視できない。 自社株買いの規模が発行済み株式総数に対して大規模であるにもかかわらず、株価に割安感の残る銘柄に注目してみたい。

ワコールホールディングス(3591)

婦人下着で国内首位。国内の百貨店や量販店で強固な販売ネットワークを持つほか、海外事業も米国・中国・欧州などへ積極展開している。 前22.3期の決算(米国会計基準)は営業利益が50億円となり、21.3期の11億円の赤字から黒字に転換した。牽引役は、新型コロナウイルス感染症に伴う経済活動制限の緩和が進んだ海外部門(米国や欧州など)だ。 今23.3期も海外事業の成長が期待できるほか、国内事業も百貨店や大型商業施設で営業再開による売上回復が期待できそうだ。収益改善に加えて構造改革の進展も効果を発揮しよう。 国際財務報告基準(IFRS)を適用するため前期比較はできないが、会社側は売上高2050億円(単純な前期比較では18.6%増)、営業利益65億円(同29.7%増)を見込んでいる。 自社株買いとは また、発行済株式数の8.95%、100億円を上限とする自社株取得も発表した。業績回復シナリオと自社株買いの期待は、年初来安値圏にある株価の下支え要因となりそうだ。

山口フィナンシャルグループ(8418)

中国地方を地盤とする同社は、発行済株式数の8.42%、100億円を上限とする自社株取得を発表している。前22.3期は76.3億円の赤字(前々期は369億円の黒字)自社株買いとは に転落したものの、2月末に公表済みの下方修正に沿った内容であり、当面の悪材料は出尽くした格好だ。 今23.3期の経常損益は250億円の黒字へ回復する見通しだ。同時に、今期の年間配当は前期比3円増の31円に増配する方針も試している。還元方針を「配当性向40%+機動的な自社株取得」と示したことも注目できる。 株価は650円から750円を中心とする往来相場が続いている。株主還元の期待が高まったことで、下値圏ではさらなる底堅さが期待できそうだ。 日本銀行の金融政策が引き締めスタンスへ向かう思惑が強まる局面があれば、地方銀行株には強い追い風となるだろう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる