FXのチャートの見方

FX取引のロスカットとは

FX取引のロスカットとは
FXにおいてもっとも大切なのは、 資金管理 です。

FXの証拠金とは?メリット・デメリットや計算方法について解説

FXの証拠金とは?メリット・デメリットや計算方法について解説

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXの証拠金維持率とは。ロスカットやレバレッジ、必要証拠金との関係や計算方法も解説

黒川ヤスヒト

・ロスカットに関係のある証拠金維持率
「証拠金維持率」は、FX取引を行うなかで出てくる言葉です。数式による定義では 「証拠金維持率=純資産÷必要証拠金×100(%)」 のように表すことができます。FXでは、損失が広がると自動的にポジションを清算する「ロスカット」という仕組みがあります。証拠金維持率は、このロスカットの仕組みに関係のある数字です。この仕組みを知らなければ、いつのまにか損失が広がってポジションが無くなってしまった、というようなことになりかねません。

・レバレッジと必要証拠金
証拠金維持率の中身について、もう少し詳しくみていきましょう。 FX(外国為替証拠金取引)は、顧客が証拠金として資金を預け、その何倍もの金額で外国通貨を売買する取引 です。取引の対象となる外国通貨としては、ドルやユーロなどがよく知られています。

現在、個人の場合では預けた証拠金の25倍となる金額までの取引が可能となっています。25倍というような倍率は「レバレッジ」と呼ばれる数字です。レバレッジが25倍ということは言い換えると、 証拠金は取引する外国通貨の金額に対して、4%以上が必要 ということになります。

レバレッジはFX業者によって、1倍から25倍まで様々に選択することが可能です。「必要証拠金」とは、あるレバレッジのもとで、一定額の取引をするのに最低限必要な証拠金の額を指します。また「純資産」は数式で表すと「預託証拠金残高+約定評価損益-出金予約額」。預けた証拠金に、現在保有しているポジションの利益を加えたり、証拠金から損失の額を差し引いたりしたものです。つまり 損失が出ている場合には、預けた証拠金から損失分が差し引かれてしまう のです。

・損失が広がると証拠金維持率が100%を下回ることも
もう一度数式を確認してみましょう。「証拠金維持率=純資産÷必要証拠金×100(%)」という関係のなかでは、損失が広がると純資産の額は減っていきます。預けた証拠金から損失を差し引いた額が、必要証拠金を上回っていれば、証拠金維持率は100%を超えることになります。 損失が広がっていくと、純資産が必要証拠金を下回り、100%より小さくなること もある のです。

【FXのロスカットとは?】その目的と大損や借金の可能性、3つの回避方法

FXのロスカットの仕組み

FXの 「ロスカット」 とは、システムがポジションを自動的に 強制決済 させる仕組みです。

ロスカットされる水準は証拠金維持率によって決められ、これを 「ロスカットライン」 や 「ロスカット率」 と呼びます。

【漫画で見るFX】ロスカットとは?トレーダーを守る最後の砦

証拠金維持率とは?

証拠金維持率 とは、 時価評価額(現在の含み損益を入れた資金全体)に対する必要証拠金(取引に必要な資金)の割合 です。

つまり、証拠金維持率は 保有ポジションに対して口座資金にどれくらいの余裕があるのか を表す数値なんです。

証拠金維持率の計算方法

【時価評価額÷必要証拠金×100】

となるので、このときの証拠金維持率は 200% となります。

ロスカットの目的

FXのロスカットの目的

ロスカットは、 証拠金(口座資金)以上の損失をさせない ことが目的です。

ロスカットと損切りの違い

ロスカットと損切りの大きな違いは、 自動か手動か ということです。

しかしFXでロスカットという場合、 FX取引のロスカットとは FX会社で強制決済されること を指すのが一般的。

損切りは トレーダー自身で決めたルールに沿って手動で決済させる ため、両者の意味は同じではありません。

【FX】ストップ注文とは?使うべき3大場面と許容損失の計算方法を解説

FXのロスカット 計算方法

①【必要証拠金×FX会社が定めたロスカットライン】

また、 ロスカットされるまでの値幅 を算出する計算式は次の通り。

②【(時価評価額-ロスカット基準額)÷取引数量】

この場合、 FX取引のロスカットとは 2万円 の損失に達するとロスカットされ、それまでに耐えられる値幅は 8円 となります。(為替レートが92円になるとロスカット)

ロスカットシミュレーションで安全にFX!計算機の使い方と3つの注意点

ロスカットの自動計算機

FXのロスカット計算機

予めロスカットされる値を把握しておくことは大切ですが、わざわざ計算するのは面倒だと思います。

そんなときは、この 自動計算機 を使ってシミュレーションしてみてください。

ロスカットレート
FXのロスカット計算機が便利!使うべきタイミングと3つの注意点

【各FX会社を比較】ロスカット率一覧

FX取引のロスカットとはFX取引のロスカットとは
ロスカット一覧 ロスカット
(証拠金維持率)
公式ホームページ
40% 詳しくはコチラ
50% 詳しくはコチラ
50% 詳しくはコチラ
50% 詳しくはコチラ
50%~ 詳しくはコチラ
FX取引のロスカットとは 50% 詳しくはコチラ
80% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
100% 詳しくはコチラ
FXのロスカット率は100%がGood!ロスカット回避方法も伝授

【大損する】FXのロスカット 2つの注意点

FXのロスカットは資産を守るための仕組みですが、次の 注意点 があります。

  • 間に合わないことがある
  • 借金になる可能性がある

ロスカットが間に合わないことがある

FXのロスカットが間に合わないと大損する

FXのロスカットが 間に合わずに大損する ケースがあります。

    FX取引のロスカットとは
  • 相場の急変時
  • 為替相場の休日
  • FX会社のシステムトラブル
FXに潜む7つのリスクとその対策!初心者でもできるコントロール法

ロスカットで借金になる可能性がある

ロスカットが間に合わないと、 借金 になる可能性があります。

実際に多くのトレーダーが多額の損失を被った例があります。それは 「スイスフランショック」 です。

FXのスイスフランショックでロスカットによる大損の例

FXのロスカットを回避する3つの方法

  1. 証拠金維持率を上げる
  2. 追加入金する
  3. 損切りをする

証拠金維持率を上げる!その目安

証拠金維持率を FX取引のロスカットとは 高い水準 に保てば、ロスカットを回避しやすくなります。

なぜなら、 口座資金に余裕ができる ためです。

  1. レバレッジを高くしない(できれば1~3倍、高くても5倍)
  2. 必要証拠金の3倍以上を口座資金とする
  3. 取引量を小さくする
FX取引のロスカットとは FX取引のロスカットとは FX取引のロスカットとは
レバレッジ
(ドル/円のレートが100円と仮定)
ロスカットになるレート 必要証拠金 証拠金維持率
1倍 0円 1,000,000円2,500%
2倍 52.083円 500,000円 1,250%
5倍 83.333円 200,000円 500%
10倍93.750円 100,000円 250%
25倍 100.000円 40,000円 100%

マージンコール・ロスカットアラートで追加入金する

FXのロスカットをマージンコールで回避する

すべてのFX会社ではありませんが、 ロスカットはいきなり作動するわけではありません。

なぜなら、事前に口座に追加入金させることで、 証拠金維持率を回復させる仕組みがある からです。

これは 「マージンコール」 や 「ロスカットアラート」 、 「追証(おいしょう)」(追加証拠金の略称) と呼ばれています。

FXでマージンコールがきたら要注意!【簡単】3つの対策と通知設定方法

損切りをする

損切りの徹底でFXのロスカットを回避する

損切りの徹底 FX取引のロスカットとは もロスカットを回避する方法の一つです。

なぜなら、自ら決済することで 損失額を確定させてしまう からです。

最大損失額を証拠金の 2%以内 に収めるのが目安です。

海外のFX業者はロスカット率が低い

海外のFX業者は、ほとんどの場合ロスカットの基準が証拠金維持率 20%以下 となっています。

これは国内よりもはるかに高いレバレッジをかけられ、短期間で大きな含み損を抱える可能性があることから、 安易にロスカットされないよう配慮されている ためです。

また海外FXには、ロスカットが間に合わず発生した損失分をFX会社が負担してくれる 「ゼロカット」 と呼ばれるシステムがあります。

レバレッジ888倍が人気の海外FX!8つのデメリットにも注意が必要

初心者が海外FXを使うのはおすすめしない

海外FXはロスカット率が低いが初心者にはおすすめしない

  1. 金融庁に登録されていない(トラブルがあっても国が介入できない)
  2. 出金拒否されることがある(言語が通じにくく裁判も起こしにくい)
  3. 信託保全がないことがある(FX会社が倒産した場合に資金の保証がない)
  4. 詐欺の危険性がある(お金が返って来ない)
  5. 税金が高い(稼ぐほど税率が上がる累進課税)

資金管理の徹底で安全にFXを行おう

資金管理の徹底でFXのロスカットを回避しつつ安全に取引しよう

FXにおいてもっとも大切なのは、 資金管理 です。

なぜならFXはギャンブルではないため、これが出来なければ 投資家とは呼べない からです。

FXで成功する近道は4stepの資金管理!勝ち組は知っている【2%ルール】

初心者でも管理がしやすいFX会社3選

コストの安さと高機能な取引ツールが魅力!「DMM FX」

スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
銭原則固定 銭原則固定 銭原則固定
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • スプレッドは米ドル円の 0.2銭 を始め、 各通貨ペア業界最狭水準!
  • 29種類のテクニカルツールを搭載した プレミアチャート はデイトレードに最適
  • 取引をビジュアル化してくれる 取引通信簿 で問題点を改善できる!

スプレッドが 全通貨ペア業界最狭水準 となっているので、コストを抑えたいデイトレードに最適です。

低コスト・使いやすさ抜群!デイトレに最適「GMOクリック証券」

FX取引のロスカットとは
スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • 米ドル円0.2銭! 全通貨ペア業界最小水準 のスプレッド
  • スマホ・PCのどちらも 使いやすさ抜群の高性能な取引ツール
  • 1クリックで即時注文できる スピード注文 があるからチャンスを逃さない!

システムとパフォーマンスの安定性を追求するならMATSUI FX!

スプレッド
(米ドル/円)
ユーロ/円 豪ドル/円
銭原則固定 銭原則固定 銭原則固定
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
  • スマホアプリでもスグに売買できる スピード注文機能 を実装
  • 安定したシステムと利便性の高い取引環境 を提供
  • もちろん スプレッドは業界最挟水準 で提供中!

なんと、 日本で初めて本格的なインターネット取引を始めた のは松井証券なんです。

実績からも裏付けされる パフォーマンスの安定性 や、長い年月の ノウハウを生かした高機能ツール はプロアマ問わず使いやすい!

FXのロスカット まとめ

今回はFXの ロスカット FX取引のロスカットとは について紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事で紹介した 「ロスカットを回避する方法」 を実践すれば、証拠金に余裕を持たせて取引できるようになりますよ。

  • ロスカットはFX会社がポジションを強制決済させる仕組み
  • ロスカット率はFX会社によって異なるが、50%や100%が多い
  • 完ぺきなシステムではないため、大損する可能性もある
  • ロスカットをされないレベルで取引しよう
  • 資金管理を徹底しよう

そんなときは、 「なぜロスカットされたのか」「回避する方法はなかったか」 を考え、次の取引に活かしてみてください。

FXのロスカット Q&A

Q&A

ロスカットは、FX会社がポジションを 強制決済 させることです。

FXのロスカットは資産を守るための仕組みですが、次の 注意点 があります。

  • 間に合わないことがある
  • 借金になる可能性がある

ロスカットを回避する方法は、 次の3つ です。

  • 証拠金維持率を上げる
  • 追加入金する
  • 損切りをする

  • この記事を書いた人

ライター兼デイトレーダー。 昭和63年6月30日生まれ。33歳。千葉県出身。 脱貧乏、時間的自由と金銭的自由を手に入れるため、勉強と実践を繰り返し中。 誰でも読みやすい記事を意識して、価値あるコンテンツを提供します!

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。 FX取引のロスカットとは
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

レバレッジとは?

レバレッジとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる